読書・CD感想文

2016年1月28日 (木)

「蒼穹の昴」浅田次郎

今年のお正月は、浅田次郎著の「蒼穹の昴」を読み始めました。そして先週ようやく、その全4巻を読み終えたところです。

小説は中国・清の時代、日本の明治20年頃から十数年間が舞台となっています。かの有名な西太后が長く政治の実権を握ってきました。そんな中で若き光緒帝(11代皇帝)が新たに即位しましたが、実権は相変わらず西太后にありました。当時の清国は、ヨーロッパやロシア、アメリカ、日本などの海外列強諸国の的になっていました。それに対応できうる強い清国を建設しようと、改革派は新皇帝を打ち立てて動き出します。しかし事は簡単に進まず、改革派は西太后の元に倒れていきます。

物語には二人の主人公がいます。ひとりは科挙試験(古くから中国で続いている役人登用試験)に首席で合格し、その後高級官僚の階級をどんどん上っていきました。もうひとりはその義弟であり、貧しい家庭を救うために自ら浄身して宦官となり、最終的に西太后の下に出仕できるほどに上り詰めました。元々義兄弟の二人でしたが、年月の流れの中で改革派と保守派に分かれていったのです。

架空の人物と実在の人物が入り混じった作風ですが、当時の中国が抱えていた問題は事実そのものです。過去に遡っての6代乾隆皇帝とジュゼッペ・カスティリオーネのやりとり、天津の直隷総督府の外交・軍事の最高実力者であった李鴻章が、列強諸国を相手に繰り広げた様などは、とても読み応えがありました。

この小説を読んで強く感じたのは「天命」です。通常であれば光緒帝が即位し、年齢とともにその実権を握り、時代の要請に応じて改革していくはずでした。しかし、時間の流れにつれて多くの人たちの考えが混乱し、最終的に光緒帝は離島に流され幽閉されました。まさに「天」が下した結論としか思えません。正義がいつも民から支持されるとは限らない・・・そんな思いに至りました。

今は続編にあたる「中原の虹」(浅田次郎著)を読み始めたところです。

| | コメント (0)

2015年9月 9日 (水)

「おいべっさんと不思議な母子」喜多川泰

喜多川泰氏の11番目に読んだ「おいべっさんと不思議な母子」は、表題通りとても不思議な物語でした。洋画でおなじみの「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を連想させるストーリー仕立てになっています。

江戸時代に生きる母子が突如、現代に現われるのです。男の子は転校生として、小学校の6年のクラスに入ります。そこで爽快なドラマが繰り広げられます。その情景が現代の学校教育や、学生のあり方を風刺しているようで、とても面白く読めます。それから最後の「落ち」が、まさに天下一品でした。

例のごとく本の中には、考えさせられる内容や言葉がたくさんあります。おそらく作者が最も言いたかったのは、「このこと」ではないでしょうか?ひとつだけ紹介させていただきます。

「お前が今死んでも、世の中は何も変わらない。でもお前が生きていれば、世の中が大きく変わる可能性がある。お前は、今のお前にできることをするために、この世に生まれてきたのではない。今のお前にはできないもっと大きなことを、将来のお前はできるようになる。そのためにお前は生まれてきたんだ。だから何があっても、命を粗末にしてはいけない。どんなに卑怯者だと笑われても、生き延びなければならない。命を大切にして生きていく方が、実は心が強くなければできないことなのだ」

| | コメント (0)

2015年9月 6日 (日)

「また必ず会おうと誰もが言った」喜多川泰

喜多川泰氏の10作目に選んだのは「また必ず会おうと誰もが言った」です。ある田舎の男子高校生が、友達にたわいもないウソをついてしまったことから、ひとりで東京に出かけます。そこで思わぬトラブルが起こり、そのことがきっかけで、その後の人生を変えるような出会いが始まっていきます。

合計で8人との「出会い」があったと思います。それぞれの人が人生の先輩として、いろんなことを教えてくれます。私にとって特に印象的だったものを、2つ紹介させていただきます。

「誰が何と言おうと、お前の人生はお前のものだ。誰かがやれと言ったからやる、やるなと言ったからやらない、そんな生き方をして、自分の人生に自分で責任をとれるのか?人の言いなりになって、何かを手に入れようと思ったところで、お前は自分らしさを失うだけだ。そして起こることに対して、自分の責任ではなく、人のせいにして生きることになる」

「成功したいと考える若者に、『何が必要か?』と訊くと、たいがい『もっと努力しなければ』と答える。一方、世間から成功者と認められる人に、『何が必要だったか?』と問うと、例外なく『出会いによってもたらされた』と答えるだろう。その人が持つ無限の可能性を開花させてくれるのも、それにふさわしい人との出会いである」

彼はたくさんの人との出会いによって、数日で別人のようになりました。しかしこれは小説の中だけではないと思います。私も58年の人生の中で、このようなことが何度かありました。人との出会い、本との出会い、映画との出会いによって、心に残り続けるものがありました。その日から意識が変わり行動まで変わっていきます。これからも数多くの「出会い」を重ねていきたいものです。

| | コメント (0)

2015年9月 4日 (金)

「手紙屋~私の受験勉強を変えた十通の手紙」喜多川泰

喜多川氏の「手紙屋」を読み終えて、すぐにもう一つの「手紙屋」を購入しました。「就職編」に続いて「受験編」です。手紙屋シリーズは、ぜひこの順番で読むことをお勧めします。「さてさて~受験編はどんなことが書いてあるのだろう?やっぱり就職編よりは身近じゃないだろうなぁ」と想いながら読んでみました。結果は・・・予想は見事に裏切られました。素晴らしかったです。

ある女子高生が大学受験について悩んでいました。「大学に行ってどれだけ意味があるの?それなら就職しようか?でもまだ働きたくないし、遊びたいし・・・」、そんな訳で受験勉強に力が入らず、かといってなにもしないでいると落ち着かず、そんなときに「手紙屋」と出会ったのでした。

手紙屋は「ひとまず勉強することをやめる」提案から始めました。「いつまで?」「勉強がしたくてしたくてたまらなくなるまで・・・」「えっ?」といった感じです。そうやって彼は、「勉強することの意味や目的」を彼女から引き出すところから始めたのでした。その中で印象的だった部分を紹介します。

「人は“やりたい”ことには『快・楽・喜び』を覚え、“やらなければならない”ことには『不快・苦痛・退屈』を覚える。最初はやりたかったことが、途中でやるべきことになった途端に苦痛に変わる。その“やるべき”ことを“どうしてもやりたい”ことに変える方法がある。それは『想像力』だ。空想してイメージする。想像によって『行動力』を引き出すことができ、行動によって『創造力』に変わるのである」

「小さな子供は誰もが夢を語る。しかし中学生から大学生の多くの人が夢を語らなくなる。ところが不思議なことに、その人たちも仕事を始めると、数年してまた夢を語り始める。子供の頃の夢は、どこまでいっても自分のため、自分が中心である。だから成長する過程のどこかで、夢を捨てる日がやってくるのだ。一方で大人になってから抱く夢は、自分中心ではなく、世のため人のための意識に立っている。これが正しい夢の定義であり、実現する価値のある夢なのである」

「やりたい」と「やらねば」とでは、成果において10~20倍の違いがあると言われます。が、それよりも「幸せ度」の違いはその非ではありません。まさに当社の経営理念・・・「世のための大いなる夢に向かって、やること為すことすべてが面白い。毎日が愉しくてしょうがない!」・・・そんな会社を目指して頑張ります!

| | コメント (0)

2015年9月 3日 (木)

「手紙屋~僕の就職活動を変えた十通の手紙」喜多川泰

喜多川泰氏の8作目は、「手紙屋~僕の就職活動を変えた十通の手紙」という作品を選びました。「手紙屋という仕事ってどんなんだろう?」と思いながら読み始めたのですが、これは小説の中での仕事だとわかりました。だって文通をしてお金をもらうなんて、普通では考えられないことですからね。

正直言ってこれは“すごい作品”です。三分の一ほど読んで鳥肌が立ちました。当然、残りの三分の二には期待が高まります。その高まった期待以上に後半も応えてくれました。小説ですからもちろんフィクションですよね。とすると、「こんなストーリーを考えられる喜多川氏は、やっぱり天才ではないか?」と思わせるほどの内容です。

もし就活生のほとんどの人がこれを読んだら、日本の社会が大きく変わるのではないか?そしてそのことによって、経営者や経営幹部の考え方も大きく変わるのではないか?ひいては、役人さんの思考も変わるのではないか?・・・それぐらい中身の濃い本です。ほんの(本の)一部ですが紹介させていただきます。

「就職はこれから航海をしようとするのと同じだよ。誰の船に乗るか、自分の担当は何か、船は大きいか小さいか、客船か貨物船か、実はどうでもいいこと。それよりも、その船が“何を目的として航海するのか”ということが大事なんだ。それこそが“人生の目的”であり、それが達成されることが“夢の実現”なんだよ」

「誰よりも大きな夢を持つ人は、誰よりも大きな壁を、何度も乗り越えなければならないよね。しかしそこには、あなたの成功を心から応援したいという人がいる。実は壁の向こうにもあなたにエールを送り続ける多くの人がいるんだよ。でも今は壁によって彼らの声は届かない。しかし感じることはできる。あなたの成功は、成功したあとに出会うたくさんの人たちに、心待ちにされているんだよ」

いかがでしょうか?どのように思われましたか?素直に感じることを大切に行動しましょう。

| | コメント (0)

2015年9月 1日 (火)

「スタートライン」喜多川泰

「Be the change you wish to see in other people」
(あなたが見たいと思う変化にあなた自身がなりなさい)

「Live as if you were to die tomorrow」
(明日死んでしまうかのように生きなさい)

「Learn as if you were to live forever」
(永遠に生き続けるかのように学びなさい)

喜多川泰氏の7作目に選んだ作品は「スタートライン」です。本のページをめくると、最初に前記の英文が出てきます。本当に素晴らしい言葉ですね。特に1番目が一番好きです。

「スタートライン」という小説は高校生の恋愛物語です。田舎の高校三年生、そこに都会から転校生がやってきました。ある男子生徒が転校してきた女子生徒を、いつの間にか好きになってしまうのです。まさに神様が彼にプレゼントした「恋心」を絵に描いたようなストーリーです。

彼は元々あまり学校が好きではありませんでした。それは好きな先生もいなく、そのためどの勉強も好きになれなかったようです。ただその中でひとつ、歴史の時間だけ興味を持っていました。担当教師が話す内容に惹かれたからです。今回も小説の流れは書けないので、その先生が言われている言葉を抜粋します。

「大人はいいぞ。自分の好きなことをして生きていける。特にこれからの時代は、今までの常識が通用しない新しい世の中になる。絶対面白いぞ。自分のやりたいことに挑戦する勇気を持った人には、楽しいことで溢れた毎日が待っている。生きるとは、働くとは、自分が生まれてきた役割を果たすことだ。カッコいい大人たちは、自分がやりたいことに対して本気で生きている。自分のやりたいことから逃げていない。“この道”と決めた道を歩む中で起こるすべての困難を、“はい”と笑顔で受け入れている。彼らは“計算”ではなく“情熱”をベースに行動している。情熱を持ってやっていることの先に、彼らの“夢”がしっかりとあるからだ」

「子供の頃毎日が楽しいのは、面白いことをしているからじゃない。いつも本気でやっているからだ。本気でやっていることの中にしか夢は湧いてこない。夢はそこらへんに落ちてはいない。『夢を探す』という言葉を使う人がいるが、探しても見つかりっこない。見つかるのはせいぜい、儲かりそうなことや、これならやってみようかな?と思えることぐらい。夢というのは自分の心の奥底にしかないんだ。ただ、簡単に手に入るものは簡単に役に立たなくなる。一方で手に入れるのが困難なものは、一度それを手に入れてしまえば、たくさんの人がそれを求めて集まってくる。一度きりの人生だ。ひとつぐらいは誰もが無理ってあきらめるような、簡単に手に入らないようなものを、追い求めて生きて行こうではないか」

いかがでしょうか?この他にもたくさん教えられる話が満載です。ぜひ一度読んでみてください。

| | コメント (0)

2015年8月29日 (土)

「心晴日和」喜多川泰

また少し間が空いてしまいました。あと3日で9月です。北陸は日中まだ夏ですが、夜になると多少秋の気配を感じるようになりました。喜多川泰さんを紹介してくれた人が、もう一冊私にプレゼントしてくれました。「心晴日和」という本です。「こはるびより」と読むのですが、普通は「小春日和」と書きますよね。

この本はある女子中学生の物語です。仲の良かった友達から相手にされなくなって、逆にその子が入っているグループから陰湿な仕打ちを受け、だんだん学校に行けなくなりました。「朝になると体調が悪くなる」ということで、病院で検査を受けるところから物語が始まります。そしてその病院でひとりの老人に出会います。

小説の中身はこれ以上書けませんが、「ひとりの女の子の成長していく姿」が、ものの見事に描かれています。この中に書かれていることで、2つだけ紹介させていただきます。

①「人間はひとりでは生きていけない。いろんな人とつながって、助け合わなければ生きていけない。だからといって、誰かに頼るというのは自立じゃない。ひとりでは生きていけないからこそ、誰かにとってなくてはならない存在になること。その覚悟をしたときに、初めて自立したことになる」

②「今の時代、将来に不安をもった人と希望をもった人に分かれる。不安をもった人は安定を求めて行動する。希望をもった人は自分の可能性を信じて挑戦する。安定を求めた人は失敗したときに責任転嫁する。“会社が悪い。上司が悪い。社会が悪い”と。挑戦を選んだ人が失敗したときは、当然自分にしか責任を求められない。“自分のやり方が良ければうまくいったのに”・・・つまりそこに成長のチャンスがあるのだ」

いかがでしょうか?多くの安定志望の人々、数少ない挑戦志望の人たち・・・成功者がほんのひとにぎりの人たちである理由がよくわかります。私は挑戦を選びました!

| | コメント (0)

2015年8月16日 (日)

「君と会えたから」喜多川泰

5冊目に選んだのは「君に会えたから」です。前回読んだ「上京物語」の推薦図書に入っていたので選びました。タイトルからも連想されるように、青春のラブストーリーです。感動的な小説の中に多くの「教え」が入っています。いつもながらその上手さに感心させられます。

この本は内容的にも素晴らしいです。また人間愛に満ち溢れた作品でもあります。そして講義が次の6つに流れていきます。①自分の欲しいものを知る。②夢を実現させる方法を知る。③経済的成功の真実を知る。④魅力あふれる人間になる。⑤手段を目的にするな。⑥できないという先入観を捨てる。

この中で特に印象に残ったのは、「コンプレックスを魅力に変える方法」です。例えば模型を作ったとする(絵でもいい)。それがいい仕上がりにならなかったとする。しかしここであきらめてはいけない。模型の中に明かりを入れてみる(絵ならば裏から照らす)。するとなんと魅力的な模型に変わる。人間も同じ。心の中に光輝く太陽をイメージすることで、魅力の多い人になる・・・というものです。確かにその通りです。

そしてもうひとつあります。例えば北海道に行くために飛行機を予約した。ところが何らかの理由で、当日その飛行機に乗れなかった。さて、あなたならどうしますか?・・・さすがに旅行のすべてをあきらめるという人は少ないでしょう。しかしながら人生においては、これと似た「あきらめ」が非常に多く起こっているというものです。なるほど、納得させられます。

前に書いた「挑戦し続ける!」と今回の「あきらめない!」の2つセットで、人生は大きく開けることでしょう。心に太陽を持つことも忘れずに・・・

| | コメント (0)

2015年8月15日 (土)

「上京物語」喜多川泰

喜多川シリーズの4冊目は「上京物語」にしました。これから読む人のために詳しくは書けませんが、とても面白い構成になっています。それで本の中で作者が言いたいことを、私なりにかいつまんで書くことにします。

世の中で一般的に「常識」とされている、でも実は「大きな間違いである」ことが5つ書かれています。それは、「幸せは人との比較?」「安定が将来まで続く?」「成功とはお金持ちになること?」「仕事は収入で選ぶ?」「失敗しないように生きる?」、以上の5つです。賢い方々はこの間違った常識にすでに気づかれたと思います。

その中ですごく共感したことを2つだけ紹介します。①安定:「本当の安定は、自分の力で変えられることを、変えようと努力しているときに得られる」・・・つまり、「変化し進化し続けている状態が真の安定である」ということですね。②成功者:「成功した人がカッコいいのではなく、挑戦し続ける生き方をするのがカッコいいんだ」と。最近の私は「生きる」=「挑戦する」と考えています。挑戦をやめたときに命の炎も消えるのでしょう。ぜひカッコいいオジサンを目指したいものです。

そしてこの本にはラッキーなことがありました。それは素晴らしい本がいくつも紹介されていたことです。私がすでに読んだ本もいくつか入っていて嬉しくなりました。すべて読んでみようと思います。

| | コメント (0)

2015年8月14日 (金)

「賢者の書」喜多川泰

喜多川泰氏の3冊目は「賢者の書」を選びました。理由は素敵なタイトルに惹かれたからです。「賢者」・・・ネット辞典を引くと「道理に通じたかしこい人」とあります。反対語は「愚者」。「道理に通じた・・・」、恥ずかしい話ですが、私自身ようやくそのことを自覚できるようになった気がします。

さて、本の内容は「ひとりの少年が賢者になるために、世界中を廻り、9人の賢者に会っていく」というものです。

まず第一の「賢者の教え」として、「人生とは大きなジグソーパズルを完成させるようなもの。行動の結果として手に入るものは、成功でも失敗でもない。理想の「絵」を完成させる必要不可欠なピースに過ぎない。大切なことは、必要なピースを集めるために、できるだけ多くの行動を起こすこと。そして行動の結果返って来たものを、どうやって組み合わせるかを考えることだ」と書いてあります。

こうやって9人の賢者に次々と会っていきます。すべて素晴らしい「教え」ばかりです。その中で最も印象に残った「教え」を、ひとつ紹介させていただきます。

「世の中には、何かいいことがないか?楽しいことがないか?幸せになれることはないか?と、自分にとっていいものを探している多くの人たちがいる。一方で、人を幸せにしてあげることを探している少数の人たちもいる。何かいいことをしてあげられないか?楽しませてあげられないか?助けてあげられないか?と。どっちを選択するかによって、人生は大きく変わるのだ」

いかがでしょうか?もしまわりの人たちに、「どっちの人になりたいか?」と質問したとしたら、きっと多くの人が後者を選ぶでしょう。なのになぜ世の中には前者の人が多いのでしょうか?・・・不思議な疑問が残りました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧