« 世界を変える「SHIEN学」 | トップページ | 今年を振り返って »

2015年12月 3日 (木)

アメリカ住宅不動産ツアー

先月の中旬から下旬にかけて、「アメリカ住宅不動産ツアー」に参加しました。全行程4日間のうち、前半の2日間はメキシコ国境近くのサンディエゴ、後半の2日間はカナダ国境近くのシアトル、つまりアメリカ西海岸の南端と北端を回った訳です。

サンディエゴでは全米不動産大会が行われていました。大会ブース、式典、パーティーと長時間にわたりました。アメリカ全土から、そして海外からも不動産関係者が集まっていました。アメリカでは不動産の最前線で働いている人の85%が女性なんだそうです。高齢の方もたくさんおられましたが、みなさんが元気でパワフルでした。

3日目は一路シアトルへ・・・南国の空から北陸の空を思わせる天候に一転しました。シアトルの街はとても綺麗です。人口や経済など、全米で成長率NO1の都市だそうです。世界的な大企業が集まってきています。そして子供を教育したい一番の都市なんだそうです。不動産業界では、中古住宅がどんどん値上がりしているという話でした。

アメリカの不動産業界は、情報公開が世界一進んでいます。会社組織もありますが、一人ひとり独立している人も多いのです。彼らはひとつのビルに入り、部屋やワークスペースを借りています。会議室や食堂、秘書業務などは共有です。そして時には単独で、時にはチームで仕事をしています。情報がオープンな中で、彼らは明るくエネルギッシュに仕事をしていました。

現在のアメリカの人口は3億4000万人です。30年前は、日本の人口が1億2000万人で、アメリカの人口は2億4000万人、ちょうど日本の倍でした。その後日本はほとんど増えていませんが、アメリカは1億人増加しています。海外からの移民を受け入れているからです。そのための問題も少なくないですが、文明の発達や経済の成長には目を見張るものがあります。

昨年はアトランタとニューヨークの東海岸を回り、今年は西海岸を巡りました。来年からも毎年、アメリカを観たいものです。

|

« 世界を変える「SHIEN学」 | トップページ | 今年を振り返って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界を変える「SHIEN学」 | トップページ | 今年を振り返って »