« 「雄気堂々」城山三郎 | トップページ | 「風が強く吹いている」三浦しをん »

2015年1月 5日 (月)

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」

いよいよ2015年が始まりました。そして幕末の偉人「吉田松陰」を主人公にした、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」もスタートしました。第一回から松陰が大人で登場したことは意外でしたが、最初から素晴らしい言葉を聞けたことは幸せでした。

舞台は長崎から帰った松陰が長州藩の藩校「明倫館」でみんなに話をするシーンです。「学ぶのは就職するためでも出世するためでもない。学びは人のためではなく己自身のためにある。自分が何のために生きるのか?それを知るために学ぶのである。私はこの長州を守りたい。日本を守りたい・・・」と。

「自分が何のために生まれてきたのか?」「自分のこの命を何に使うのか?」・・・それを見つけた人は幸せです。今年がちょうど当社の創業70周年です。新たなスタートの年に、吉田松陰から素敵なプレゼントをいただきました。これからの10年を何に命を懸けるのか?・・・今年1年しっかり学びたいと思います。

|

« 「雄気堂々」城山三郎 | トップページ | 「風が強く吹いている」三浦しをん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「雄気堂々」城山三郎 | トップページ | 「風が強く吹いている」三浦しをん »