« 2014年9月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年10月29日 (水)

「雄気堂々」城山三郎

城山三郎氏の著書は6年前に「男子の本懐」を読みました。氏は7年前に亡くなられましたが、明治~大正~昭和の史実に基づいた作品を多く書かかれています。分野も政治、経済、戦争と幅広く、その時々に登場する人々の「人生の生き方」を、ダイナミックに描いておられます。今回は、かの有名な「渋沢栄一氏」のことをさらに知りたくなり、この本を選んだ次第です。

「渋沢栄一」・・・幕末に尊皇攘夷派の志士として奮起したが、ある出会いにより徳川慶喜に仕えることになった。そこで彼の才能が大きく開花され数多くの成果を上げていく。その後慶喜は不幸の将軍となるが、たまたま栄一は徳川昭武(慶喜の弟)についてフランス万博やヨーロッパ歴訪の旅に出ていた。栄一はヨーロッパ各地で先進的な産業・軍備を実見し、政治・経済・文化と幅広く知識を積んでいった。帰国後は、静岡で謹慎中だった慶喜に仕えるが、参議の大隈重信に説得されて大蔵省に入る。そこでは度量や予算の制定、国立銀行条例制定に携わった。しかし予算編成をめぐって大久保利通と対立し退官。民間に下り、第一国立銀行を設立して頭取に就任。その後、多くの地方銀行設立指導に加え、東京証券取引所、東京ガス、東京海上火災、帝国ホテル、東洋紡績、キリンビールなど、500以上の企業設立を指導した。さらに一橋大学や東京経済大学をはじめ数多くの大学の設立など、600以上の社会事業にも関わった。

この本を一読し、「人間の一生・・・その限られた時間、それも交通や通信が整っていない時代に、よくこれだけのことができたもんだ」というのが、私の率直な感想です。それから渋沢栄一は財閥をつくりませんでした。三井、三菱、安田、住友、古河、大倉を築いた人たちとも深く交流していました。その気になれば彼ら以上の大きな会社をつくれたはずでした。渋沢栄一氏は「すべて国家・国民のため」、「私利を追わず公益を図る」という信念を持っていたのです。

すごく感動しました!「これぞ男の中の男!」って感じです!本から伝わる彼の人間性は、正義、好奇心、誠実、ユーモア、論理明快、清濁合わせ飲む大きさ~です。見定めた目標に向かってドンと構える、焦らず急がず振り回されず、弱者にやさしく強者にひるまず、事実若い人にも気さくで、誰からも人気があったようです。渋沢氏の死は経済界だけでなく、広く市民にも惜しまれました。青山斎場にはなんと4万人もの会葬者がつめかけたそうです。これから人生の仕上げに取りかかる私にとって、「男の生き方」、「人間としての生き方」をこの本は教えてくれました。

| | コメント (0)

2014年10月26日 (日)

「架空通貨」池井戸潤

池井戸潤シリーズ・・・今度は「架空通貨」を読みました。表題だけみるとどんな物語かと思われますが、特定の地域だけに使用できる通貨(過去には、藩札、西郷札、軍票などがある)を題材にしたミステリーです。

主人公は高校の教師です。担任クラスの中で将来期待の女生徒がいました。ある日の夜遅く、突然彼女が先生を訪ねてきました。その子の父親が経営する会社が倒産するという。そうなれば彼女の進学の夢も断たれます。元大手商社マンだった彼は、彼女のために力になろうとします。事態の背景には大きな策略が隠れており、主人公はどんどん深みにハマっていきます。そしてその後の彼の活躍は・・・

池井戸氏の小説は、どちらかというと知的闘争の場面が多いのですが、これは映画にしてもいいぐらいのアクションシーンも盛りだくさんです。江戸川乱歩賞の「果つる底なき」に続く作品ですが、私としては数段レベルが上がったように思います。

ある山間地方の鉱山会社は異様な景色を形作っていて、まわりには企業城下町ができています。そこに鉱山会社が勝手に発行した民間通貨が流通していきます。統制の効かない通貨は、どんどんその街をむしばんでいきます。そこで生活している人々の人間模様が、生々しく描かれています。フィナーレのクライマックスはまさに圧巻!・・・一風違った作品として大満足でした。

| | コメント (0)

2014年10月21日 (火)

2014全国経営発表大会

日創研経営研究会では毎年9月に「全国経営発表大会」が開催されています。私は2009年から連続で参加しており、今回で6回目の発表でした。そして今年は初めて経営審査も受けたので、私にとって特別な発表会となりました。

今年の計画書は例年以上に中身を吟味しました。また話す内容にも念いを込めました。本番は力(ちから)が入り過ぎたせいか、発表は「もうひとつ」でしたが、幸運にも優秀賞に選ばれました。選考会では「15年間の奮闘経営」が評価されたそうです。

経営は決して自慢できるものではありません。ふり返ると、「こうすればよかった」、また「こうしなければよかった」ということばかりです。しかしながら今回の受賞は、自分にとって大きなケジメとなった気がします。

これまでお世話になった方々と、一緒に頑張ってきてくれた社員さんに、改めて感謝したいと思います。本当にありがとうございました。

| | コメント (0)

2014年10月20日 (月)

FM石川「クロダハウス“しあわせ物語”」がスタート

今月からFM石川で、当社の提供番組がスタートしました。その名は「クロダハウス“しあわせ物語”」です。当社では、お客さまの「家づくり」において、たくさんの物語が生まれています。それだけその方にとって家づくりは、人生の大きな1ページなのです。

「100人いれば100の物語がある」・・・ご両親から子供さんに至るまで、お一人お一人に物語があります。そして私たちや職人さんも、その物語に参加できるのです。そんな仕事に携わっている私たちって、本当に幸せだと思います。

仕事や技術に慣れることは大切なことだと思います。しかし、気持ちやサービスに「慣れ」は禁物です。「いつも新鮮な気持ちで、お客さまの人生に関わっていく」・・・この番組はそんな想いを込めてつくりました。

放送は毎週金曜日、朝8時30分からの20分間です。石川県以外の方は、恐れ入りますがスマートフォンに「どこでもラジオ」のアプリをダウンロードしてみてください。なお、番組の中の「しあわせストーリー」は、当社オフィシャルサイトの「アーカイブ」に掲載しています。どうぞお聴きください。

「クロダハウス“しあわせ物語”」・・・これからもずっと続きます。末永くよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2014年10月19日 (日)

2014創立記念式典を開催

今回もひと月以上ブログが空いてしまったことをお詫びいたします。

9月30日、今年も恒例の「創立記念式典」を開催しました。実は今回は創業69年目の創立記念日で、70周年を間近に迎え中身の濃い式典になりました。

まずは恒例の部署責任者による決算報告、引き続いて今期の事業計画を発表してもらいました。今年もまずまずの決算で終えられたこと、そして来年はさらにレベルアップを目指すという内容でした。社員さんの一段と成長した姿がとても印象的でした。

続いて常務による「中期計画」の発表です。実は1年前に発表した計画の通りに、現在新規事業が動いています。今回はより具体的な説明が加わり、若い社員さんにもわかりやすい内容だったと思います。

そして最後が私の時間でした。「創業70周年」を迎えて、新しい「会社ロゴ」、当社が目指す「未来ビジョン」の二つを発表しました。これまでにもいろんな変化はありましたが、来年は本当に大きな「節目」になると実感しました。

これからも多くの方々の期待に応えられるよう、より自分自身を高めていきたいと思います。

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2015年1月 »