« 「ルーズヴェルト・ゲーム」池井戸潤 | トップページ | まさにルーズヴェルトゲーム?? »

2014年8月 2日 (土)

村尾隆介氏のブランディングセミナー

知人から「村尾隆介氏のブランディングセミナー」を勧められ参加してきました。金沢では初めての開催だそうです。村尾氏は14歳で渡米しアメリカの大学を卒業、ホンダ入社後は海外事業のマーケティングを担当、その後食品の輸入販売ビジネスで起業、その会社を売却後スターブランド社を立ち上げ、現在全国の「小さな会社のブランディング」を手掛けておられます。

セミナーは講演ではなく、7~8人グループでディスカッションしながら進められました。質問は全部で7つ・・・「あなたが大切にしている言葉は?」「ブランドと聞いてイメージするものは?」「現在の自分となりたい自分を漢字一文字で表すと?」「あなたの身の回りの装飾は?」「あなたの会社やお店は何点?」「(写真の)山梨さくらんぼを高く売るには?」「アイスコーヒーの相場が400円の地域で、アイスコーヒー500円のお店をするには、どんな方法をとるか?」・・・というものでした。

氏は言われます。「小さな会社が生き残る方法は“今より高く売る”ことしかない。そのために地域や業界で圧倒的な差異化をする。つまり会社をブランドにすること。競争の状態から、人やものが勝手に集まるように変えよう。そのためにはまず高く売る気持ちになる。高く売るための『考え方』『社風』『文化』をつくっていく。全国民が知っているブランドになる必要はない。一部の人の困りごとを解消するブランドになればいい。お客さまがファンに変わってくれる。口コミで応援してくれる。最終的に会社に見学者が絶えない状況になる。ブランドづくりは地道なことの積み上げ。細かな点をおろそかにしてはいけない。そしていつの日か、それまでの歩みをドキュメンタリーにする」と。

「ブランディング」については多少なりとも勉強していました。しかしながら、ここまで論理的に具体的に計画的に勉強したのは初めてのことです。幸い来年の「創業70周年」に向けて、会社のロゴとマーク、キャッチコピーを準備していました。このことに合わせ、まず当社が扱っている商品のさらなるブランド化、そしてクロダハウスという会社のブランド化、自分自身のブランド化、社員さん一人ひとりのブランド化・・・などを真剣に進めていきます。

|

« 「ルーズヴェルト・ゲーム」池井戸潤 | トップページ | まさにルーズヴェルトゲーム?? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。