« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月31日 (日)

「BT’63」池井戸潤

書店に入って「池井戸作品」を探す日々が続いています。今年のお盆休みに氏の作品を3冊読みました。「果つる底なき」と「BT’63」の上・下巻です。「果つる底なき」は江戸川乱歩賞を受賞しているだけあって、銀行という難しい世界に、本格的なミステリーを加えた小説となっています。推理小説ファンには相当受けると思います。

私の場合は「BT’63」の方により惹かれました。経済小説にSF感覚とミステリーがほどよくミックスされ、読みながら何度もドキドキ・ワクワクさせられました。

ひとりの青年が脳の病気に侵され、2年間の入院を余儀なくされます。それが元で奥さんと離婚になってしまいます。彼は久しぶりに母が住む実家に戻り、家の片付けを始めます。そこである不思議なものを見つけます。それが亡くなった父親の遠い過去を教えてくれました。彼が生まれるずっと以前のことです。そのとき浮上した疑問を解き明かすために、現代の世界で様々な人に真相を聞いて回ります。

物語は過去と現代を行ったり来たりします。初めはややこしい感じがしますが、なれてくるとその絶妙さが面白みを増してくれます。そうして最後には、彼の現在が大きく変わり始めるのです。そこが作者のつくり上げたかった「落ち」なんでしょう。すっきりした気持ちにさせてくれるのですが、「何か」が私の心から離れませんでした。

「’63」は1963年のことです。1957年生まれの私にとっては、物語の情景がときに幼い頃の記憶と重なりました。ある意味懐かしさも覚える小説でした。

| | コメント (0)

2014年8月30日 (土)

必要な仕事・必要でない仕事

今週は愛媛県から真鍋明氏をお招きして、石川経営研究会の8月例会を開催しました。講演は「与える教育から引き出す教育へ」というテーマで、これからの人財育成についてお話をいただきました。その中で最も印象に残ったことを、ひとつ紹介させていただきます。

氏は大学で学生さんを教えることがあるそうです。そこで「将来どんな仕事に就きたいですか?」と質問すると、「公務員」と答える学生が多いということです。続けて「その理由は?」と尋ねると、「公務員はいい仕事だから・・・」と。そこで氏は次のように説明するんだそうです。「世の中には“いい仕事”とか“悪い仕事”とかはないんだよ。あるのは“必要な仕事”と“必要でない仕事”だけなんだよ」と。

瞬間、この話が私の胸に突き刺さりました。私は「すべての仕事は尊いもの」と思っていましたから、「あれ?必要でない仕事とは何なのか?」と考えてしまった訳です。そして「答え」はすぐに出ました。必要でない仕事とは、将来世の中から消えてなくなる仕事のことなのです。

これは仕事だけにとどまりません。必要な会社と必要でない会社、必要な人と必要でない人・・・などです。真鍋さんの会社の理念もはっきりしています。「全社員の幸せの実現のために、社会から必要とされる人財に育てること」です。ものごとは「いい、悪い」で考えるよりも、「必要かどうか」で判断する方が、答えがはっきり出そうですね。とても勉強になりました。

| | コメント (0)

2014年8月27日 (水)

オフィシャルサイトをリニューアル

8月も終わりに近づき、虫の声も聞かれるようになりました。同時に夜も過ごしやすくなってきた今日この頃です。

さて、この度当社のオフィシャルサイトが新しく生まれ変わりました。8年ぶりの刷新です。5年前に新しい経営理念が誕生しました。その後理念の意味や考え方において、徐々に深みが増してきました。今回はそれらの思いが伝わるようなホームページにしてみましたが・・・さて、いかがでしょうか?

当社は現在、スウェーデンハウスを中心に、不動産事業、断熱リフォーム、シンプルモダンハウス、一般建築と、幅広い事業を手掛けています。商品についてのホームページは、それぞれ専用サイトを設けています。それでオフィシャルサイトとしては、商品よりも社員さんをクローズアップし、「私たちの・・・」いろんなことについて詳しく表現しました。

商品のブランディングはそれぞれ個別に行っていきます。そこでクロダハウスのブランディングについては、このオフィシャルサイトとFMラジオ(10月スタート)を通して、行っていきたいと考えています。これからも少しずつ内容を濃くしつつ、かつわかりやすいホームページを目指していきます。どうぞお楽しみに~(^_^)/

| | コメント (0)

2014年8月 6日 (水)

「空飛ぶタイヤ」池井戸潤

「空飛ぶタイヤ」・・・なんか童話のようなイメージを連想させるタイトルですが、いやいや~まったくそんなことはなく、手に汗絞るドラマの連続・・・といった小説でした。

主人公は、従業員30人ほどの運送会社の2代目社長です。彼の会社の大型トラックが走行中にタイヤがはずれ、それが転がって若い主婦が死亡するという事故が起こりました。そのことにより警察が入り「業務上過失致死罪」に問われていきます。社会的な悪評判も立ち、取引先の減少、経営の悪化、銀行の貸しはがし、大切な社員の退職など、主人公はギリギリのところまで追い詰めらます。さらにその事故で彼の家族まで問題に巻き込まれていきます。

彼は、トラックメーカーの出した「整備不良」という結果に、どうしても納得がいきません。自社の整備に絶対の自信を持っているからです。超大手のメーカーに接触を図っていきますが、なかなか取り合ってくれず、事態はどんどん悪くなっていくばかりです。しかしどれだけ苦境に立たされようが、社員を信じ、家族を信じ、自分を信じて、闘い続けました。その後姿に大きな共感を覚えました。

また彼の周辺以外でも、様々な動きが起こっていきます。当事者メーカーの内部、系列の銀行、マスコミなどなど。そうして最後はメーカーに対し警察が動き、内部告発も起こり、事件の真相がようやく明らかになっていきます。「はびこる“悪”に押され、崖っぷちに立たされながらも、最終的には“正義”が勝つ!」という物語です。

4冊の小説を読んでの感想です。「下町ロケット」は100人の中小部品メーカー、「ルーズヴェルト・ゲーム」は500人の中堅部品メーカー、「鉄の骨」も中堅建設会社、そして「空飛ぶタイヤ」は零細運送会社が舞台ですが、その中で共通したものを感じました。それは「コンプライアンス」「正直な仕事」「愛社精神」「任務に対する使命感」といったものです。現在当社が直面していることや目指しているものが、これらの作品とずいぶん重なってみえました。中小企業の経営者にはぜひ読んでほしい本です。

| | コメント (0)

2014年8月 5日 (火)

「鉄の骨」池井戸潤

「下町ロケット」と「ルーズヴェルト・ゲーム」を読んで池井戸潤氏にハマってしまい、続けて「鉄の骨」と「空飛ぶタイヤ」を読みました。どちらもすごく面白く、どっぷり「池井戸ワールド」に包まれてます。

「鉄の骨」は建設会社の談合の世界を描いたものです。その当事者たちが、自分たちで「必要悪」と言っていたり、「脱談合宣言」と言ってみたり、なんとも矛盾だらけの世界を見事に書いています。主人公は中堅建設会社の若手社員、その彼が慣れない談合の世界で必死で頑張るという内容です。

大物政治家、官庁の役人、銀行、談合の黒幕、大手や中堅の建設会社の役員、検察庁、社内の同僚、そして彼の家族など、たくさんの人物が登場し、物語がどんどん進んでいきます。読んでいく途中ではなんとももどかしく複雑な心境になりますが、最後にはちゃんと感動を与えてくれる・・・池井戸氏のたくみなステージづくりには、本当に感心させられます。

それからこの小説では珍しく、他の3冊にはない「恋のロマンス」が組み込まれていました。ビジネス社会で働く20代の男女が、それぞれの立場でものごとを考えお互いに意見し合う、その中で関係にヒビが入り別の感情が育っていく・・・そんな感情などが絶妙なタッチで描かれています。ある意味、幅をもった読み方ができるのかもしれませんね。

| | コメント (0)

2014年8月 4日 (月)

まさにルーズヴェルトゲーム??

先日の夏の全国高校野球・石川大会の決勝戦は、まさに「ルーズヴェルト・ゲーム」のようでした。星稜高校が「9対8の逆転サヨナラゲーム」で、小松大谷高校に勝利したものです。

日中たまたまテレビを目にしたとき、「0対7」で星稜が負けていました。(もし逆転すればルーズヴェルトゲームだなぁ・・・)なんて考えていましたが、夜のドキュメントを観たとき、「えっ!なんと~!」・・・「8対0」で迎えた9回裏に一気9点を取り逆転!試合を決めたのでした。

このニュースは、全国ネットで放映されただけでなくアメリカでも報道されたそうです。勝った星稜高校はいいですが、負けた小松大谷高校のことを思うとなんとも可哀想な気がします。高校生球児たちの頑張る姿は美しいけれど、逆に残酷な一面もあるんですね。

あとでわかったのですが、最後の決勝点を入れた打者が当社スウェーデンハウスのお客さまだったのです。このことは私にとっても素直な喜びとなりました。おめでとうございます!\(^o^)/

| | コメント (0)

2014年8月 2日 (土)

村尾隆介氏のブランディングセミナー

知人から「村尾隆介氏のブランディングセミナー」を勧められ参加してきました。金沢では初めての開催だそうです。村尾氏は14歳で渡米しアメリカの大学を卒業、ホンダ入社後は海外事業のマーケティングを担当、その後食品の輸入販売ビジネスで起業、その会社を売却後スターブランド社を立ち上げ、現在全国の「小さな会社のブランディング」を手掛けておられます。

セミナーは講演ではなく、7~8人グループでディスカッションしながら進められました。質問は全部で7つ・・・「あなたが大切にしている言葉は?」「ブランドと聞いてイメージするものは?」「現在の自分となりたい自分を漢字一文字で表すと?」「あなたの身の回りの装飾は?」「あなたの会社やお店は何点?」「(写真の)山梨さくらんぼを高く売るには?」「アイスコーヒーの相場が400円の地域で、アイスコーヒー500円のお店をするには、どんな方法をとるか?」・・・というものでした。

氏は言われます。「小さな会社が生き残る方法は“今より高く売る”ことしかない。そのために地域や業界で圧倒的な差異化をする。つまり会社をブランドにすること。競争の状態から、人やものが勝手に集まるように変えよう。そのためにはまず高く売る気持ちになる。高く売るための『考え方』『社風』『文化』をつくっていく。全国民が知っているブランドになる必要はない。一部の人の困りごとを解消するブランドになればいい。お客さまがファンに変わってくれる。口コミで応援してくれる。最終的に会社に見学者が絶えない状況になる。ブランドづくりは地道なことの積み上げ。細かな点をおろそかにしてはいけない。そしていつの日か、それまでの歩みをドキュメンタリーにする」と。

「ブランディング」については多少なりとも勉強していました。しかしながら、ここまで論理的に具体的に計画的に勉強したのは初めてのことです。幸い来年の「創業70周年」に向けて、会社のロゴとマーク、キャッチコピーを準備していました。このことに合わせ、まず当社が扱っている商品のさらなるブランド化、そしてクロダハウスという会社のブランド化、自分自身のブランド化、社員さん一人ひとりのブランド化・・・などを真剣に進めていきます。

| | コメント (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »