« 「芳村思風先生」勉強会 | トップページ | 村尾隆介氏のブランディングセミナー »

2014年7月25日 (金)

「ルーズヴェルト・ゲーム」池井戸潤

池井戸潤シリーズ第2弾・・・「下町ロケット」に続いて「ルーズヴェルト・ゲーム」を読みました。「ルーズヴェルト・ゲーム」というのは、元アメリカ大統領のフランクリン・ルーズヴェルト氏が「最も面白いゲーム」と言ったもので、「8対7で勝利する」試合だそうです。日本のことわざにある“七転び八起き”ともニュアンスが似ていますね。

物語の舞台は中堅電子部品メーカーの青島製作所・・・「下町ロケット」と同じように、大手のライバル企業と銀行に苦しめられていきます。このライバル同士がそれぞれ野球の社会人チームを持っており、野球と仕事の両面で闘いを繰り広げていきます。最初は圧倒的に劣勢だった青島製作所が徐々に力を盛り返し、最後は全社員のチームワークで相手を打ち負かす・・・今回も「フォロワーシップ」の醍醐味を見させていただきました。本当に読み進むほど、ワクワク・ドキドキが高まる小説でした。

本の中で経営者たちが素晴らしい言葉を述べています。いくつか紹介したいと思います。

青島会長:「この工場が作っているのは、カネ儲けのための製品だけじゃない。働く者たちの人生であり夢だ。今この会社の社員として、働くことに夢があるだろうか。彼らに夢や幸せを与えてやるのも、また経営者の仕事だと思うんだが・・・」

細川社長:「青島製作所の経営が7対0の劣勢なら、8点取ればいいじゃないか。自分を信じて、社員を信じて、その先にある勝利の歓喜を信じて・・・」

笹井専務:「青島製作所は楽しく愉快な会社です。ノルマでがんじがらめにしてミツワ電器のようになるのは簡単だ。しかし自由気ままでいながら、技術の冴え渡る青島製作所になるのは難しい。私はこの会社の社員であることを誇りに思う・・・」

経営者たちはいつもギリギリのところで生きています。どんどん追い詰められて、崖っぷちのところで出る健全な言葉はまさに感動ものです。当社もこんな会社を目指したいと思いました。

|

« 「芳村思風先生」勉強会 | トップページ | 村尾隆介氏のブランディングセミナー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。