« 2014年1月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年2月26日 (水)

「第一印象は4分で決まる!」小西敦子さん講演会

昨日、石川経営研究会の2月例会として、小西敦子さんの講演会が開催されました。タイトルは「第一印象は4分で決まる!」です。1時間半の講演だったのですが、始終衝撃を受けっぱなしでした。

これまでの経営研究会では、経営におけるテーマが主流でした。例えば経営理念や経営計画、戦略やマーケティングなど、経営に直結したものがほとんどです。それに対して、今回は「会社の顔である経営者の魅力づくり」、あるいは「素敵なビジネスマンになる」など、これまでになかった切り口の講演内容でした。

1.イメージをつくる3要素(外見・話し方・動作)
2.良いイメージの3条件(自分を知る・基本を知る・相手を理解する)
3.他人が見ている5つのポイント
4.明るく元気な挨拶は究極の営業力
5.初対面の声のトーン、お辞儀のルール
6.名刺のつくり方、渡し方
7.信頼できる人と思われる聴き方、話し方

自分自身が「知らなかった」「できていなかった」ことが、あまりにもたくさんありました。これまで大切なことを見過ごしていました。正直「ショック!」の連続・・・「素敵な紳士」を目指しているのに、気づいてないところをズバッと指摘された感じでした。

小西講師が話された「人とのご縁の入り口を広くする。そしてご縁の出口を広げていく・・・」、この言葉が脳裏に焼き付いて離れません。56年の人生に本当に多くの出会いがありました。その中で、今も生かせているご縁はいったいどれぐらいあるでしょうか?おそらく4分の1程度??・・・そんな気がします。意識してないために損をするってもったいないことです。

貴重な出会いを大事に育てていくために、これからも広く学んで、確実に身に付けていきたいと思います。

| | コメント (0)

2014年2月 5日 (水)

「金沢再発見!」セミナー

先週の月曜日、石川経営研究会の会員であるTさん(市会議員)の紹介で、金沢市役所を訪問してきました。

まず丸口副市長さんから、「金沢市はこれまで『交流都市構想』の元、陸海空のインフラ整備を推進してきた。そして来年春の北陸新幹線開通によってほぼインフラが整う。人と情報の交流をさらに押し進めて、街の活性化を図っていきたい」というお話を伺いました。

続いて、営業戦略部プロモーション推進課の桑原秀忠より、パワーポイントを使って詳しい説明を聴きました。タイトルは「北陸新幹線開業に向けた金沢市の取り組みと市民のおもてなし」です。第1部は「世界から観たKANAZAWA」、第2部は「北陸新幹線開業に向けた取り組み」、そして第3部は「市民によるおもてなし」という流れでした。

とても感動しました。山野金沢市長率いる金沢市役所さんの「熱い想い」が、ひしひしと伝わってきました。と同時に、金沢市の魅力に惹き込まれていきました。金沢市民になってから30年も経つというのに・・・「わが街・金沢」のことをあまり知りませんでした。いつもいる街・・・普通にそこにある・・・だからでしょうか。改めて映像を観てお話を聴いたことで、「KANAZAWA」を客観視できたのかもしれません。

「素敵な街・金沢」をもっと世界と日本に知ってほしいです。

| | コメント (0)

2014年2月 4日 (火)

「湯ノ口弘二氏」講演会

去る1月31日、「石川経営研究会1月例会」が開催されました。私が会長に就任して初めての例会です。講師には、コミュニケーション・エナジーの湯ノ口弘二さんをお迎えしました。氏は全国各地で活躍されていますが、北陸では今回が初めての講演となります。上海とニューヨークにも事務所を置かれ、世界的視野に立ったお話をされました。

「日本は今、1000兆円という借金を抱え大変な状況にある。これが企業だったらとっくに倒産している。残念ながら今の官僚体質では絶対に変わらない。みなさんは“自分たちには自由がある”と思っているかもしれないが、実は法律というシステムでがんじがらめに縛られている。いたるところで税金を取られても、決して暴動に至らない。それだけ日本人はおとなしいのである。しかし日本はこのままでは終わらない。今こそ気概のある人たちが、日本のために、共に立ち上がるときではないだろうか・・・」

さらに次のように続きます。「日本人の職業観は世界一。製造業にしてもサービス業にしても世界の一流・・・日本の中だけで世界の一位を競っているようなもの。みなさんの会社の社員さんも世界に出れば一流ぞろい・・・ぜひ社員さんを信じてあげよう。そしてみんなが助け合い支え合える、そんな最強の組織をつくっていこう」

「意識が変われば、生まれてくる意味や価値が変わる。現実を直面しよう。それは自分としっかり向き合うこと。そして自分を受け入れ、他人も受け入れること。三人寄れば文殊の知恵・・・みんなでよい場をつくっていこう。人間には、価値を生み出し未来を実現する力がある。今から始めよう。その新たな一歩が未来を輝かせるのだ」

講演は「無償の愛」というテーマで終わりました。湯ノ口氏はいつも「答えが大事なのではなく、問いを持つことが大切だ」と言われます。「最強の組織づくり・・・使命感に立つ・・・無償の愛・・・」、また新しい問いが与えられました。真剣に向き合いたいと思います。

| | コメント (0)

2014年2月 2日 (日)

会社のいいとこさがし

2月に入りました。今年の北陸は例年と違って、大寒のさなかですが雪のない日が続いています。今日などは車の外気温が16℃と出ていました。驚きです!・・・これも異常気象なのでしょうか?

去る1月6日の新年朝礼にて、社員さんに「わが社のいいところ」のディスカッションをしてもらいました。これまでに「わが社の問題点」というテーマで行ったことがありますが、「いいとこさがし」は今回初めてのことです。そこで出された項目を集計し、下記にカテゴリー分けをしてみました。

1.社内の雰囲気は?:意見を言える、相談しやすい、暖かい雰囲気、受け入れてもらえる、幹部と近い、社員を大切にする、全員に光が当たる、チームワークがいい、働きやすい職場、助け合う組織、コミュニケーションがいい、のびのびと仕事ができる、笑顔が溢れている、学べる環境

2.どんな人が多い?:真面目な社員、素直な人、一生懸命な人、やさしい人、責任感が強い、感謝力がある、家族への配慮

3.仲間のいいところ:仕事に誇りをもっている、目標をもっている、品がある、自分で考え行動できる、向上心を持っている

4.上司はどんな人?:指導教育が良い、学ぶ姿勢、勉強熱心、現状に満足していない、任せてくれる、変化を受け入れる

5.商品について:誇れる商品がある、売るべきものが明確、情報が多い、幅広い建築、技術力がある

6.その他の特徴は?:老若男女のバランスがいい、経営理念がある、お客様に対する姿勢、若手が元気

以上出されたものを書き並べてみました。あくまで“いいところ”だけを話し合ってもらいましたので・・・それがよかったです。私の理想の90%以上出てきました。とてもハッピーです!\(^o^)/

人は、個人においても組織においても、とかく問題点に目が行きがちです。時には自分や会社の「いいとこさがし」をされてみてはいかがでしょうか?

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年6月 »