« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月29日 (水)

2014新春経営者セミナー

今年も日本創造教育研究所主催の「新春経営者セミナー」に参加しました。今年のテーマは「道をひらく」・・・大手企業が次々と史上最高益を出す中で、昨年の「原点回帰」に比べ大きく前進したテーマだと感じました。6名の講師の中で特に印象的だったのは、参議院議員の渡邉美樹氏とクロネコヤマト会長の瀬戸薫氏でした。

渡邉美樹氏は私より二つ年下の54歳・・・スマートな長身でさっそうと現れる姿には、男性ながら魅了されました。講演を聴くのは5回目でしたが、今回が最も私の心に響きました。まず参議院議員になられての日本の将来に向けた話、続けてワタミグループの事業について、最後はご自身がカンボジアで造られた孤児院の現況・・・それらの志(こころざし)高いお話が、私たち経営者の心を打ちました。

クロネコヤマトさんに関しては、これまで勉強会などで何度も学んできています。「ヤマトは我なり」、「サービスが先、利益は後」など、素晴らしい経営理念と社風をお持ちです。東日本大震災での活躍も目を見張りました。会長の瀬戸薫氏は、運送業から宅急便に切り替えた当時、小倉社長の愛弟子でした。

宅急便への取り組みは、業務形態だけでなくお客様も一変するものでした。つまり「企業から企業へ」の配送が、「個人から個人へ」と変わった訳です。固定客から不特定多数・・・ですからいち配達員から「ヤマトは我なり」の精神が必要だったんですね。そしてそのときのミッションは二つだけ・・・「サービス第一」と「全員経営」だったそうです。

当社の「言葉の定義集」の中に「健全な価値観」という言葉があります。その説明には、「良心から生まれるもの。広く社会に受け入れられるもの。バランスがとれていること」と書いています。お二人の話はすべてこの考え方に沿っていました。ご自身や会社がどれだけ大きくなろうと、健全な価値観を持ち続けている方は本当に素敵です。私も見習っていきます。

| | コメント (0)

2014年1月28日 (火)

2014スウェーデン協力会新年会

先週末、恒例になりました「スウェーデン協力会」の新年会を開催しました。まず1部として各県ごとに分かれて総会が開かれ、続いて2部の式典が始まりました。

まず私が45分いただいて、「スウェーデン事業部の年度方針」をお話しました。1年~半年ぶりにお会いする方もおられたので、ダイエットをして変身したお話から始めました。そして今年の方針とテーマを発表し、最後に「これからもっと輝きます。当社の社員だけでなく、職人さんも一緒に輝いていきましょう!」と締めくくりました。

続いて当社の部長から、「今年の具体的施策」について発表がありました。当社スタッフと業者さんの代表の方々で、寸劇を交えた工事現場が再現されました。面白おかしい演技によって、笑いと共に今後のあり方がよく理解できました。

そして3部の懇親会です。参加されているみなさんの表情が、とても良かったことが印象的でした。また当社の若手女性社員によるAKBをはじめ、協力会役員さんの熱唱も見事で、大いに盛り上がりました。回数を重ねるごとに式典も懇親会も素晴らしいものになってきています。全員のチームワーク力をより高め、お客様満足のさらなる向上を目指します。

| | コメント (0)

2014年1月21日 (火)

1年ぶりの健康診断

先週健康診断に行ってきました。「ダイエットと筋力トレーニングの効果がどれほど出ているか?」がとても楽しみでした。結果は・・・血糖値、尿酸値、血圧、中性脂肪、コレストロールなどの数値が改善され、すべて正常値になっていました。また昨年耳鼻科で言われた「無呼吸症候群の可能性」も、あごの脂肪が取れて「まったく問題なし」ということでした。

ただ、肝機能のγGDPの数値が期待したほど下がっていませんでした。去年「脂肪肝の疑いがある」と言われ、内臓脂肪を減らすことも意識してきたのに残念です。やはり運動が必要なのでしょうか?・・・スポーツクラブの入会を検討したいと思います。

| | コメント (0)

2014年1月20日 (月)

経営研究会・会員さん面談

今年から石川経営研究会の会長になりましたが、これまであまり話せてない方が20名あまりおられます。そこでその人たちにアポイントを取って会社を訪問しました。この10日間で約8割の方とお話することができました。

経営研究会に対して感じていること、会に期待していること、現在取り組んでいる事業、経営理念と将来ビジョン、人生に対する使命感など、じっくり語り合うことができました。

比較的若い経営者が多かったのですが、しっかりとした使命感を持って事業に取り組んでおられることが印象的でした。(はてさて・・・当時の私は彼らのような大志を持っていただろうか??)とある意味反省させられ、若い情熱に触れることで、強い刺激と多くの学びをいただきました。

また会に対する期待の大きさも知りました。社長が社員さんのために存在するように、会長は会員さんのために存在します。ひとえに会員さんの満足のために努力することが会長の使命です。

会員さんから、「経営研究会に入っていてよかった!」、「会のおかげで成長することができた!」、「会で学んでビジョンが達成できた!」などの言葉が、ひとりでも多く聞けますように・・・これから1年しっかり頑張ります。

| | コメント (0)

2014年1月14日 (火)

創業70周年記念誌

当社が創業して69年になります。いよいよ来年は「創業70周年!」 当社が始まって以来初めての記念式典を盛大に行う予定です。残念ながら過去に一度も周年事業が行われませんでした。50周年、60周年、いずれもお祝いできるような状況ではなかったからです。

初めて開催する70周年・・・半年前から「記念誌(社史)」の制作に取りかかりました。当社の創業は昭和20年・・・終戦の年の12月です。祖父が40歳のとき「黒田製材所」を立ち上げました。私が生まれたのが12年後、物心ついたのは創業から20年経ってからです。ですから創業当時のことはほとんどわからないのです。

当時仕事に携わっていた方々は全員亡くなられました。少し関わりのある方々も、当時の記憶はほとんど残っていませんでした。過去をふり返るには、祖父や父の生前に聞いたわずかな話と当時の写真だけが頼りです。図書館などで事実を収集し、祖父と父の人物像に焦点を当てて、小説を書くように組み立てていきたいと考えています。

昭和40年に会社は「黒田建設」へと変わりました。それ以後は資料もありますし、当時頑張ってくれていた方々もおられます。いろんな物語を聞いて廻りたいと考えています。そして昭和54年に私が入社し、当時のメンバーが社内に多くいますので、事実と記憶を組み合わせてしっかりとしたものが作れます。

将来訪れる「100周年」・・・そこに向けた記念すべき「記念誌」にしたいと思います。

| | コメント (0)

2014年1月13日 (月)

フェイシャル!?

今年の1月から、いよいよ石川経営研究会の会長としてスタートしました。会員さんの中にアルソア化粧品のメンバーが数人おられます。その中のお一人から「素敵な会長になるために・・・」と、一昨日、顔のお手入れを勧められました。

そこでさっそく石鹸で洗顔、続いて顔のパック、しっかり洗い落して次はローション・・・すべて洗面器に溜めたお湯で洗いました。蛇口やシャワーから出るお湯では、顔の皮膚に塩素が当たるので良くないんだそうです。納得!!

さらに顔の洗い方、タオルの拭き方も注意されました。「そんなにゴシゴシ洗ったり拭いたりしたらすべて皺になるよ!洗うときはやわらかく、タオルで拭くときはポンポンとあてるように・・・」 終わった後はすごくさっぱりしました。なんとなく皮膚がやわらかくなり、艶も出てきたように感じました。

買ってきた黒い石鹸、頭皮に効くシャンプー、細胞を活性化するローション・・・すでに2回試しました。顔パックは週に一度だそうですが、早くしてみたい気持ちです。筋トレと脳細胞が関係しているように、顔の艶と心の輝きもつながっているように思います。これからフェイシャルにも力を入れて、いつも輝く自分になっていきます。

| | コメント (0)

2014年1月11日 (土)

人の話をよく聴く風土

1昨年、幹部社員さん全員に「コーチング研修」を受講してもらいました。そして「昨年1年間の効果は?」というと・・・「上司が話をよく聴いてくれる」という声が、聞こえてくるようになったことです。まさに期待を上回る成果です。幹部社員さんたちに心から感謝します。

これまで「いい会社」について様々な勉強をしてきました。「いい会社」と言われる企業をベンチマークしました。本も調べました。講演も聴きました。研修のテーマにしました。最終的に私が重要視してきたことが、「上司が部下の話をよく聴いてくれる。話をしっかり聴いてくれる人が多い」・・・そんな会社だったのです。

「人の話をよく聴く」ことをしっかりできている人はめったにいません。おそらく3%もいないのではないでしょうか?かくいう当社も、私をはじめ幹部さん全員、それができていませんでした。だから私たち全員がそのことに気づき、反省し、学び、一気に部下の話を聴くようにしました。その大きな変化に社員さんも気づかれたことでしょう。

今後もコーチング研修には、多くの社員さんを派遣していきたいと考えています。そして「人の話をよく聴く」ということを当社の企業文化に育てていきたいと思います。お客様や業者さんからも、「よく話を聴いてくれる会社」と言われるように全社員で取り組んでいきます。

| | コメント (0)

2014年1月10日 (金)

「幸福な生活」百田尚樹

「輝く夜」がとてもよかったので、続けて2冊目の短編集「幸福な生活」も読みました。全部で19話、かなり読みごたえがあります。

いわゆる「ブラックユーモア」というジャンルでしょうか?短い推理小説といった感じもします。物語の「落ち」は、すべて最後のページをめくったところに書かれていて、そこで「ドキッ!」とさせられる訳です。読むうちに「きっと答えはこうなんだろう・・・」とつい推理したりします。ところがなぜか裏切られてしまうんですね。そこが百田尚樹氏の一流と言われるところでしょうか。

短編のひとつひとつに心に残るものがあります。「長編小説は時間がかかるから・・・」という方には、ぜひご一読をお勧めします。

| | コメント (0)

2014年1月 9日 (木)

「輝く夜」百田尚樹

そろそろお正月気分も抜けて一般モードになってきました。北陸は今日も冷たい雨の降る寒い日です。それでも「気持ちは晴天!」でいきたいもの・・・そこで今日は百田尚樹氏の「輝く夜」という本をご紹介したいと思います。

百田氏の短編集は2冊あってそのうちの1冊です。たまたまこの本を先に見つけたのですが、「輝く夜」というタイトルにもなぜか惹かれました。「魔法の万年筆」、「猫」、「ケーキ」、「タクシー」、「サンタクロース」、以上の5話です。すべてクリスマスにちなんだ物語です。私が読んだのはちょうど先月の20日過ぎ・・・まさにグッドタイミングでした!

それぞれに出てくる主人公は、すべて普通にいる女性です。彼女たちがクリスマスの夜、それぞれ不思議な体験をされていきます。「ふ~ん」、「へぇ~」、「ほぉ~」、「えっ!」といった感じです。現実によくある話の中に、不思議なことが起こっていきます。ひとつの物語を読み終えるたび自分も不思議な感覚に包まれて、なぜか心が温まりました。

解説に作者の思いが書かれていました。「日頃はつらい思いをしている女の子にも、夢みたいな報われる日があってもええやないか、っていう話なんや。絶対に面白いものになるよ!」と。内容はとてもファンタジックです。それでも「もしかして現実にもあることかも?」と思わせるところが妙に面白いのです。読むほどに心が豊かに優しくなってくる・・・そんな本をご紹介させていただきました。

| | コメント (0)

2014年1月 7日 (火)

オシャレの妙味

昨年ダイエットが進んだ夏ごろ、友人から「オシャレ」を勧められました。それまではまったくオシャレを意識したことがなく、恥ずかしくない程度に服を買っていました。彼が言うには、「50代は大切な年代。年寄り臭くなるか?素敵な紳士になるかの分かれ目。どっちになりたい?」という訳です。もちろん紳士がいいですよね。それでお洒落感覚の服を少し買ってみました。

オシャレを始めてみて、とても大事なことを気づかされました。それはコーチングを始めたときと同じでした。「普段のコミュニケーションを少し意識してみましょう」と言われ、それまでの自分がなんと無意識に話していたのか?・・・オシャレを意識していくと、「これまでなんと無頓着だったのか?単に自分がじゃまくさかっただけではないか?」ということです。

またオシャレは簡単じゃないことも知りました。アンテナを高くしてモノを観る、そして観る目と同時に感性も磨く、そうしてしたいオシャレに自分の身体と人格を合わせていくなど、とうてい一朝一夕にできることではありませんでした。時計を買ったり車を買ったりすることのなんと簡単なことか・・・

オシャレセンスを身に付けるからこそブランド品も輝くんですね。着こなし、乗りこなし、生きこなし・・・それが表情、態度、言動、行動に輝きを増す・・・これから努力を重ねていきたいと思います。

| | コメント (0)

2014年1月 6日 (月)

2014新年朝礼

今日は加賀の「セミナーハウス・あいりす」にて、恒例の新年朝礼を開催しました。3名の欠席がありましたが、みんなが元気に参加してくれてとても楽しかったです!

まず私から「今年の会社方針」を発表しました。昨年までの固いフォームから、わかりやすく楽しめるように作り変えました。現在の財務状態、今年の実践項目、将来に向けての計画など、具体的に伝わったと思います。またこれまでの発表では「何をどのようにするか?」という点が多かったのに対し、今回は「何のためにこれをするのか?」ということに重点を置いてみました。

続いて社員さん全員から、プライベートビジョンを発表していただきました。最も多かったのがなぜかダイエット???、続いて家族旅行、その次がなんとマッチョ!!(これって時代の流行り???)、あとは個人で行ってみたい、やってみたい、車を買いたいなどでした。来年はマッチョ以外で「自分が輝くビジョン」が出てくることを期待します。

その後会場を移り、グループに分かれての勉強会(ディスカッション)が行われました。日常接点が少ないメンバーでグループが組まれ、そのまま昼食会場へと流れていただきました。どのテーブルも笑顔でいっぱい!盛り上がっていました。最後はひとりずつ紅白のお饅頭を渡し、握手して全員をお見送りしました。今年はさらにいい年になる予感がします!

| | コメント (0)

2014年1月 5日 (日)

2014登り初め

今日の北陸は珍しくいい天気になりました。ダイエットと体力づくりを兼ねて「山登り」をしたいと考えていたので、さっそく獅子吼山に向かいました。スタートは朝10時、(そんなに長くはならないだろう・・)と500ccの水2本とチョコレート1箱、そしてカンジキを持ちました。300メートルほど登ったあたりからカンジキを付けて雪道を進みました。

積雪は1メートルぐらいです。年末に積もった雪の上に、新雪が5センチほど乗っています。気温は低いのですが、太陽が当たる面は雪がやわらかくなっています。(行けるところまで行こう!)ということで、重い雪の上をどんどん進みました。800メートルあたりでしょうか?時計は午後2時を回っていました。(4時間登ってここまでか・・)、しかし時間と体力を考えて、その場から引き返すことにしました。

さて、実はそこからが大変でした。カンジキ歩行は2年ぶりです。とにかく足が重く、右足の付け根と左足の膝に弱い痛みが出てきました。さらに空腹も加わりました。朝食にヨーグルトを食べたっきりです。下りとはいえ登山口までかなりの距離があります。止まったら動けなくなりそうだったので、とにかく黙々と歩き続けました。そしてやっとのこと車にたどり着いて、倒れるように座り込み、しばらくは動けませんでした。時計は午後4時を過ぎていました。

ゆっくりとは言え結局6時間歩き通しでした。今回は「雪山を甘くみない、日頃の訓練とスタミナが必要」ということを知りました。次回は半分の時間で終えたいと思います。

| | コメント (0)

2014年1月 4日 (土)

2013冬の個人面談

先月、恒例の「冬の個人面談」を行いました。今回は「人が輝く」ということをテーマにしました。

そこでみなさんに「人はどんなときに輝くかな?どんな人が輝いていると思う?」と質問しました。「誉められたとき、認められたとき、ワクワクしているとき、楽しいとき、達成したとき、新たな発見をしたとき、一生懸命に頑張っている人、目標に向かって邁進している姿、明るく元気な人、自分に自信のある人、さわやかな笑顔、人を誉めているとき・・・」などなど、たくさん出てきました。きっとまだまだあるでしょう。

「できればぼくはいつも輝いていたい。そしてみんなに光を当てたい。またみんなも輝いていれば、ぼくにも光が当たるよね。光を当てたら光が返ってくる・・・つまり光のコミュニケーションだよな。うちのお店や事務所が、いつもみんなの光に包まれていたらどうでしょう?」と話が続いていきました。

ある社員さんと面談していて、「輝いている人が多い職場って本当にいいですよね!」と言われました。それで「じゃあどうしたら、そのような職場になると思いますか?」と質問したところ、「コーチング文化が浸透すると、そのようになると思います」と答えられました。よく理解してくれたことと、目標が明確になったことで、とても嬉しくなりました。

コーチングはまず自分が幸せになれます。そしてまわりを幸せにできます。コーチングを学ぶ人がどんどん増えていけば、先輩たちはさらにコーチング力を磨くでしょう。その繰り返しが、「夢の実現」への最短距離であることを確信しました。私もさらにコーチングを深めたいと思います。

| | コメント (0)

2014年1月 3日 (金)

「ボックス」百田尚樹

百田氏の長編小説「ボックス」を読みました。高校のボクシング部を舞台にした物語です。どちらかというとマイナースポーツで、しかも「今さら高校生?」という印象で、あまり乗り気ではなかったんですが・・・とんでもないです!すごく面白く内容のある作品でした。

「高校教師の高津耀子(たかつようこ)はある日、電車の中でたちの悪い連中にからまれた。そのとき知らない学生がふたり現れ、ひとりの子があっという間にチンピラを倒した。後でその子たちが自分の勤める高校の1年生だとわかる。ひとりは自分が教える特進クラスの木樽優紀(きたるゆうき)、自分を救ってくれた子は親友の鏑矢義平(かぶらやよしへい)だった。鏑矢はボクシング部に入部していたが、その後耀子は運命的にボクシング部の顧問に選ばれる。耀子に憧れる木樽は勉強はできたが気が弱い子だった。その彼がある日ボクシングを始める。そうしてボクシングでは3流だった学校がついに名門校になっていく・・・」

「あらすじ」だけを読むとよくある青春ドラマのように思われますが、そこは百田小説!(スズメバチをもドラマにするぐらいですから・・・)、すさまじい感情が行き交う人間ドラマに仕上がっています。読むほどに流れの渦に惹き込まれていきました。百田氏自身も過去にボクシングをされていて、拳闘シーンなどはテレビを観るよりリアルな感覚が伝わってきます。専門用語も詳しく説明され、おかげでボクシングの知識も増えたぐらいです。

物語は主人公が3人いて、うち二人が心模様を語っているという、面白い構成になっています。木樽は高校1年生ながら高津先生を好きになります。けれども耀子は鏑矢のことが気になります。それが恋かどうかわからない耀子、それがもどかしい優紀・・・そしてついに彼はボクシングを始めます。私が一番惹かれたのはこのあとです。「人間が本気になると奇跡が起こる!」・・・期待を上回る展開にワクワクし通しでした。

ややもすると人生に流されている・・・気づかないうちに自分であきらめている・・・そんな心の部分にグサッとメスを入れてくる小説です。決して高校生の物語ではなく、どんな世代にも響いてきます。それにしてもかなり年上の女性を好きになる男性と、かなり年下の男の子を好きになる女性???・・・これも今の流行を反映しているのでしょうか?(笑)

| | コメント (0)

2014年1月 2日 (木)

FM石川に出演!

去年の年末、FM石川で収録を終えました。「ドリーム・クライマー」(毎週土曜日9:00~9:15放送)という番組で、内容は地元経営者が夢を語るものです。多少準備はしていきましたが、いささか不安な気持ちでスタジオを訪れました。

さっそくディレクターさんとパーソナリティさんと3人で打ち合わせに入りました。さすが熟練のディレクターさん!私の話を聴いて素早く構成を組み立てられました。パーソナリティさんも忙しい方で、初めての内容にもかかわらず、すぐに理解されていました。さすがです!

さて、いよいよ本番です。パーソナリティさんの質問に答えていきます。15分番組で正味9分間のトーク、2ヵ所ほど気になるところがありましたが、ディレクターさんから「編集にはまったく問題ないですよ」とひと言。コンピューターの編集技術ってすごいですね!(*^_^*)

私が話したことは、まず「人生のターニングポイント」についてです。いくつかあるポイントの中で、ふたつに絞っていただきました。解決できない問題が自分の前に立ちはだかった頃、「何年かかるかわからないが、この解決こそが自分に与えられた天命なのでは??」と悟ったとき、自分の腹が決まったという内容です。そしてもう一つは、いくつかの試練を乗り越えてきて・・・今の私の「経営観」についてです。「世の中の原理原則」、「仕事や経営の本質」についてお話しました。

続いて「会社の夢」と「自分の夢」です。「例えば“会社を大きくして行こう!”というのは、単なる経営者のエゴではないか?社員さんみんながワクワクしてこそ、会社の夢と言えるのでは?この春、みんなで会社の夢づくりをします!」ということをお話しました。自分の夢については、「とても難しいことなんですが・・・社員さん全員が私のファンになり、いつもファンに囲まれていること・・・きっと幸せですよね!」

書いていて恥ずかしくなってきました!^^; 放送は11日の土曜日9時からと、12日の日曜日24時からの2回です。よろしくお願いします。

| | コメント (0)

2014年1月 1日 (水)

2014年に向けて~

明けましておめでとうございます。いよいよ2014年が始まりました。今年はひとつ「押し出しの年」にしたいと考えています。

私は5年間ずっと斎藤一人さんを慕ってきました。ただご本人さんと話したこともなく、講演を聴いたこともありません。ひたすらCDを聴くのみです。去年の秋、氏の「押し出しの講演CD」と出会いました。深く感銘したので紹介させていただきます。

「人には笑顔が大事、つまり内面から出るプラスのエネルギーが大切なんだよ。しかし持っているものもすごく大事なんだよね。身に付ける服や靴、持っている時計やカバン、乗っている車、住んでいる家、働いている建物・・・それらが群を抜いていることを『押し出す』と言うんだよ。逆に『押し出される』と人は幸せじゃないんだよな。人に勝つことが目的ではないけれど、押し出していることでいつも幸せでいられるんだよ」

まさに私の「理念の境地」です。やっぱり「ボロは着てても心は錦」というのは無理がありますよね。それからもうひとついいお話をされました。

「芸能人で“野心家”のアンケートを取ったら、松田聖子が1番だったらしい。スターは美しくいることが当たり前!だから彼女はそれでいいの。実は野心というのはとても大事なんだよ。野心を持つとね、そこに向かっただけで楽しくて仕方がない。野心とは“野”の“心”と書くよね。つまり道がないんだよ。自分が歩いた跡に道ができる、それが“幸せの道”なの。わかるかな?」

56年生きてきて今思うこと・・・成功の秘訣はやっぱり楽しいこと。オリンピック選手しかり、世界の大スターしかり、偉大な経営者や指導者しかり。楽しく頑張っている人が、大成功の人生で終わる・・・とつくづく思います。ハングリー精神や反骨心では大成功まで行かないか、あるいは最後は悲運に終わるか・・・そんな感じがするのですが、みなさんはいかがでしょうか?

今年も楽しく元気に頑張ります!

| | コメント (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »