« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月28日 (木)

「風の中のマリア」百田尚樹

続いて「風の中のマリア」も大変面白かったです。「昆虫のハチが主人公ってどうなのかな?」という気持ちで読み始めましたが、そこはさすが百田先生・・・絵本のような幼稚さはなくれっきとした小説で、読者を十分満足させてくれました。

昆虫の中で最も凶暴なスズメバチ、その中でも強豪のオオスズメバチの物語です。主人公のマリアは女王蜂に仕えるワーカーで、餌を捕ることを担当する戦士(ハンター)です。オオスズメバチの幼虫は肉食で、他のいろんな昆虫を食べて成長します。むろんハチも食べます。本の中では大きな蜂の巣を「帝国」と表現しています。マリアは帝国の中で最も強い戦士でした。成虫にかえってからの30日の生涯を、帝国存続のために立派に生きたのでした。

マリアは狩りをしていく中で、いろんなことを教えられ体験していきます。恋もします。しかし彼女はワーカーなので、交尾もせず産卵もしません。それでは何のために生まれてきたのか?・・・選ばれた強い女王蜂とオスバチだけに“種の保存”の権利が与えられています。そのことをしっかりと支援することが、彼女たちの使命なのです。

これらの複雑なシステムは、物語を読むことで理解できます。人間や哺乳動物とは異なるので最初は戸惑いましたが、そんな環境の元でマリアは力いっぱいに生き抜きました。まさに「天命を全うした!」と言えるでしょう。「はたしてハチに感情があるのか?」ということは別として、「ある偉大な生涯」として読むことで、とても満足できる作品でした。

| | コメント (0)

2013年11月19日 (火)

「プリズム」百田尚樹

「影法師」に続いて「プリズム」を読みました。もうかなり「百田中毒」にかかっています!^^;

時代小説から一変し、今度は現代版のミステリー小説でした。主人公の聡子は家庭教師として、東京の成城の、ある大邸宅に派遣されます。そこで小学5年生の子供を教えますが、その立派な屋敷でひとりの青年に出会います。青年の名前は広志、その家の主(あるじ)の弟で、精神病のため無職でひとり「離れ」に住んでいました。

その家の人たちは彼のことに触れなかったのですが、広志の方から何度も聡子に近づきます。そして彼が「解離性同一性障害者」だということを知ります。解離性同一性障害というのは多重人格のことで、ひとりの人間に複数の人格が存在し、情況に応じて別個の人格が現れるという「心の病気」です。広志に出会い、その後、純也、卓也、タケシ、他2名とそれぞれ出会っていきます。

最初は好奇心で彼の誘いに乗っていましたが、少しずつその中のひとりである卓也に「恋心」を抱いていきます。あくまで同じ人間の一部の人格ですが、ひとりの男性として真剣な恋に落ちていきます。解離性同一性障害の原因は、幼少期における過度の虐待とされています。広志の過去に同情し、病気の治癒に協力するものの、卓也との別れは拒みたい・・・そんな純真で複雑な感情が、見事に人間らしく描かれています。

最初は「プリズム」というタイトルだけで読み始めましたが、今回も内容の厚さに驚かされました。参考文献の数を観ただけでもすごいです。また氏の作品はいつも感性に訴えてきます。まるで映画を観るように、ワクワク・ドキドキさせてくれます。そこが読者を惹きつける魅力なのでしょう。

さっそく次は「風の中のマリア」を読んでいます。

| | コメント (0)

2013年11月17日 (日)

「影法師」百田尚樹

百田尚樹氏に再度はまりまして・・・今度は「影法師」を読みました。あまり期待せずに読み始めたのですが、それに反しとても大きな感動に包まれ、改めて人生を深く考えさせられました。フィクションとはいえ、これほど人の心を動かすのは素晴らしいことですね。

ときは江戸時代・・・大きな戦いはなくなったにせよ、「士農工商」など身分制度のある厳しい時代でした。同じ「士」の中にも階級がありました。主人公が7歳のとき、下士だった父親がある上士の感情だけで、彼の目の前で切り殺されました。その後家督を継いで成長していく中で、「身分における違い」、「百姓一揆」、「身売り」、「嫡男でない者の惨めさ」、「上士の賄賂」などを目にしていきます。そうして彼の中にある大きな「使命感」が生まれていきました。

人一倍武道や勉学に励んだ彼は、当時の藩主の目にとまり、どんどん出世していきます。そして借財が多かった藩に新田開発を進め、同時に新たな産業も起こしていきました。最終的に彼は筆頭国家老にまで登りつめますが、その頃には経済的にも豊かになり、賄賂もなく、民衆が幸せに暮らせる藩に生まれ変わっていました。

筆頭国家老になった主人公が、過去に想いをはせながら物語が進んでいきます。いくつかのシーンで涙しましたが、特に最後のシーンは圧巻でした。百田氏の小説は、どの本も文章が読みやすく、結末をワクワクしながら読んでいけます。また内容が人間臭く心に染み入るので、読み終えたあと深く考えさせらます。今回つくづく「すごい小説家!」であることを知りました。

果たして・・・人は何のために生まれてきたのか?・・・何をするために生きているのか?・・・

| | コメント (0)

2013年11月 6日 (水)

「100%好かれる1%の習慣」松澤萬紀

先日本屋さんに立ち寄ったところ、「今月のベストセラー」の中にこの本を見つけました。松澤萬紀著「100%好かれる1%の習慣」です。40歳を過ぎてから「ハウツーもの」はめったに読まなくなりましたが、このタイトルは私を惹き込みました。

まず本の「はじめに」に次のように書いてありました。「また会いたいと思われた数だけ、人生が豊かになる」・・・この言葉にはとても共感しました。まさにその通りだと思います。私の持論も「自分のファンの多さと幸せの大きさは比例する」ですから・・・

本の中で特に印象に残った3つを紹介します。「①孫子の兵法にある『拙速は巧遅に勝る』・・・完璧を求めて遅くなるより、完璧でなくても早くできる方がいい。②自分と同じ経験を積んでいる人はいないので、100%理解し合えることは不可能である。『理解は偶然に起こり、誤解は必然に起こる』ことを前提とし、丁寧に丁寧に言葉を積み重ねて100%伝わる努力をする。③お礼も謝罪も伝わらなければしなかったのと同じこと。『謝罪は2回、お礼は4回』で確実に相手の印象に残る」・・・以上です。

最後に最も強烈に残った言葉を紹介します。「本物とニセモノを見分ける訓練方法は、本物を見続けることしかない。本物のやさしさや気づかいを知らない人が、どうして本当にやさしくなれるのか。また本当の気づかいができるのか」・・・これには正直参りました。新しい宿題が増えました。

| | コメント (0)

2013年11月 5日 (火)

ダイエット効果

ダイエットをして一番良かったことは、身体が軽くなったこと、それからいろんな服が着られるようになったことです。ただ持っているスーツが全部ダブついてきました。「これからはお洒落なスーツを着よう」ということで、「ザラ」と「コムサ・メン」に行きました。

デザインスーツは少しきつめでしたが思いきって決めました。これで「あと5キロ痩せて、カッコいいスーツを素敵に着こなす」という新しい目標もできました。これから減量に加えて、腕立てや腹筋などの筋トレを併行し、身体を引き締めていきます。

スポーツクラブで働いている人から、「軽いボケには筋トレが効果的」ということを聞きました。トレーニングによって細胞が活性化するからだそうです。「脳が若返る」ことって素晴らしいですよね。

体調がよくなり頭が聡明になると、きっと心もおだやかになるでしょう。まさにダイエット効果は「一鳥三石」です。将来の素敵な自分にワクワクしながら、引き続き頑張りたいと思います。

| | コメント (0)

2013年11月 4日 (月)

素直な心

松下幸之助氏は「素直と聞くと一見従順なように感ずるが、実はとても力強いことなんだよ」と“素直な心”を説いておられます。今回「言葉の定義」の中に載せるために、いろいろと調べ整理してみました。紹介させていただきます。

『素直な心とは』
1.物事をありのままに観る心
2.私利私欲にとらわれない心
3.何事にも謙虚に耳を傾ける心
4.何事も許し入れる寛容の心
5.広く物事を観て道理を知る心
6.自由自在に考えを変える心
7.冷静に客観的に対処する心
8.物事の善悪を正しく判断できる心
9.物事の価値を正確に判断できる心
10.大きな愛を十二分に発揮できる心

いかがでしょうか?これほど力強く崇高な人格は、他にないのではないでしょうか?幸之助氏は「“素直な心になろう”と1日1回行動し、3年で1000日になる。そこでようやく神様から“素直の初段”がいただける」と話しておられました。それだけ難しく偉大なことなんですね。

さらに幸之助氏は次のように語られています。「世の中には“宇宙根源の法則”というものがある。人間が本当に素直な心になったとき、宇宙の力がその人を応援してくれる。そのときその人に異質化が起こる」と。

私にも経験があります。ここ数年、何度か悩みにぶつかりました。悩んでも考えても、なかなか「答え」が出てきません。そして悩んで悩んで悩み抜いた末、ふと「新しい考え」が生まれてきました。おそらくその瞬間、「素直な心」になったのだと思います。これからも大いに悩んでいきます。

| | コメント (0)

2013年11月 3日 (日)

軽く山登り!

昨日は秋らしいいい天気に恵まれました。午後からの予定が空いたので、久しぶりに「山登り」に行きました。暗くなるまでに2時間しかなかったので、獅子吼の林道を車で上がり、途中から奥獅子吼山頂を目指しました。山登りは6カ月半ぶりです。

6月からダイエットを始めたとき、友人から「今はカロリーを減らすだけで運動はやめた方がいい。身体を痛めてしまうから。体重が10キロダウンしてから運動を併用するといい」というアドバイスを受けました。事実、当時は4月の2回の山登りで膝を痛めていました。

山登りをすると平地の運動にくらべ、「ナチュラルキラー細胞が多く増える」というデータがあるそうです。空気が澄みきっている中で、自然のエネルギーをたくさん浴びるからでしょうか?涼しくて紅葉も綺麗で、とても気持ち良かったです。そして一番嬉しかったことは、身体がとても軽かったことです(半年前から13キロ減)。

林道から上はなだらかな道が続きます。昨日は時間がなかったので、早歩きで一気に頂上を目指しました。これまで1時間あまりかかっていたところが、なんと40分で到着しました。また帰りは30分、出発してから戻るまで90分以内・・・ちょうどいいコースです。

獅子吼山は白山比咩神社の真上に位置します。だから勝手に「パワースポットの山」にしています。雪が降るまでにあと何度か登りたいと思います。

| | コメント (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »