« 百田尚樹氏・講演会 | トップページ | 空腹について »

2013年10月24日 (木)

対談:三浦雄一郎氏

毎月読んでいる月刊誌「理念と経営」・・・今月の巻頭対談は、三浦雄一郎氏(話し手)と百田尚樹氏(聞き手)でした。とてもいい内容だったので紹介したいと思います。

三浦氏は65歳のときエベレスト登頂を決意し、70歳、75歳、80歳と、なんと3回も登頂されました。きっかけは65歳当時、ひどいメダボで狭心症発作を何度も起こされていました。原因は飲み過ぎ、食べ過ぎ、運動不足だったそうです。それでエベレスト登頂という目標を定め、身体を鍛え始めたとのことでした。

一度ならず三度まで・・・それも76歳のとき粉砕骨折をしたのに、厳しい治療と長いリハビリに耐えて、最後の登頂を成功させました。本当に美しい闘志だと思いました。治療も登頂も、まさに自分自身との闘いの連続だったと思います。

現在私は56歳、4ヵ月間で体重を12キロ落としました。これから筋肉を付けて行こうと考えていたところ、この度の対談は大いに勇気を与えてくれました。70歳までまだ14年、80歳まで24年・・・「人生はまだこれから。一日一日目標を持って生きれば、すごいことができるかも知れない・・・」と思いました。

編集後記に素敵な言葉が書いてありました。「大切なのは、無理しない範囲でできることを積み重ねていくこと。そうすればやがて無理がきくようになる。(略)」と。「小さな成功の積み重ねが大きな成功につながる」ということを、改めて実例で教えていただきました。ありがとうございました。

|

« 百田尚樹氏・講演会 | トップページ | 空腹について »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。