« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月31日 (水)

50歳からの人生の断捨離

引き続き、やましたひでこ氏の「50歳からラクになる人生の断捨離」を読みました。内容を要約してみたいと思います。

~断捨離とは生き方のツール。自分らしく生きるために、要らないモノを暮らしから取り除いていく。「もったいない」は日本人の美徳だが、モノが主役になってしまい、自分をないがしろにしてしまうのは、よほどもったいないこと。モノは商品価値より利用価値でみること。そして時間軸を「今」に合わせ、モノ軸ではなく自分軸で考えること。

断捨離とは、人生の点検、自分の人生の問い直し。モノと向かい合って、自分と向かい合って、新しい自分に出会うための人生の棚卸(たなおろし)。モノに隠れている思考や観念を解き明かし、自分を縛っている諸々を手放していく。モノを取捨選択するというトレーニングを通じて、自分軸を取り戻し、自分らしい生き方ができる自分、自分が望む自分になっていく。

「いい人に思われたい」は他人軸、「いい人でありたい」は自分軸の発想。他人軸で行動すると、「してあげている」という感覚が湧き出てくる。「○○のせい」とか「□□してあげているのに」は、自分軸がないから起こる。他人軸は被害者意識を伴うが、自分軸になれば心に余裕も生まれる。

「できないこと探し」は自分にブレーキをかけてしまう。「できること探し」で未来が開けてくる。未来は誰にもわからない。それゆえに自分が快適と思えるイメージをもって生きたい。生きてる限り断捨離は続く。トライ&エラーの繰り返し、三歩進んで二歩下がる。信じて期待せず、不安を手放して、未来を信じる。すべてをあるがままに受け入れて、何が起きても大丈夫な自分を培っていく。それが断捨離~

56年の人生をふり返り、これまでいろんな整理をしてきました。まだしなければならないこともいくつかあります。自分のために、そして後世のために、これからも整理は続いていきます。この本を読んで確信したことがあります。それは、どこまでも自分を信じ、まわりの人々を信じきること・・・そうすれば「必ず幸せな人生になっていく」ということです。

ここでいう「自分軸」とは、当社で言ってる「自立」と同じです。名実共に「自立した人間」になるためにも、断捨離を行うことは素晴らしい方法だと思いました。

| | コメント (0)

2013年7月27日 (土)

「断捨離」やましたひでこ

やましたひでこさんの「不思議なくらい心がスーッとする断捨離」を読みました。彼女は元々ヨガのインストラクターです。ヨガの中に「断行」「捨行」「離行」という、心の執着を手放す教えがあります。この教えを日常生活に応用したのが「断捨離」なんだそうです。

「断」=いらないモノが入ってくるのを断つ
「捨」=家に溜まったガラクタを捨てる
「離」=モノに対する執着から離れ、ゆとりある“自在”の空間にいる

文字がそれぞれ意味をもっています。まず「捨」からスタートし、「断」を行い、「離」にたどり着く・・・それが「断捨離の目的」ということです。

家に溜まっている「不要・不適・不快」なモノを、「必要・適切・快適」なモノだけに取捨選択する訳です。しかしここで問題になってくるのが、「まだ使えるのにもったいない」、「いただきものなので申し訳ない」、「思い出がつまっているので・・・」という理由などで、なかなか捨てられないことです。

著者は次のように説明されています。「家の中の主役はモノではなく自分である。今の自分にとって本当に必要なモノかどうか・・・それを意識化することが大事。それを続けることで、『気』のセンサーも磨かれていく。そうやって自分の家を“パワースポット”にしていくのが、断捨離の考え方である」と。

本を読んでさっそく社内を断捨離しました。書類やアルバム、その他もろもろ・・・床に置いてあったものが棚に収まり、入りきらなかった書類棚にも十分余裕ができました。著者の言葉では「引き算方式」・・・整理することで「今の自分にとって何が重要か?」ということも見えてきたように感じます。まずは各部屋をパワースポットにしていきます。そして人生をゆっくり「断捨離」していこうと思いました。

| | コメント (0)

2013年7月22日 (月)

「山陽製紙」企業視察

先週初め、大阪府泉南市にある「山陽製紙」さんの企業訪問をしました。この会社は法律的に言えば創業56年ですが、現実には85年の歴史ある会社です。

昭和3年、初代が広島県三次市にて「(株)原田大誠堂」を設立、2年後に社名を「山陽紙業(株)」と変更し、本社を広島市に移転し、本格的に紙の販売を広げていきました。昭和20年8月、原爆投下により本社は一瞬にしてがれきと化しましたが、再度立ち上がり事業を再開しました。昭和26年、現本社のある大阪府泉南市の製紙工場を買い取り、いよいよ紙の製造が始まりました。すべてが軌道に乗った昭和32年、取引先のメーカーが不渡りを出し連鎖倒産、しかし業績が良かったことで銀行が後押しをして即時再発足、社名も「山陽製紙(株)」として新たなスタートを切りました。そこから2代目が会社を発展させ、現在の3代目へと順調に経営が引き継がれています。

創業者は「社の為になくてはならぬ人となれ」という社訓を創られました。その言葉通り、社員さんの愛社精神と使命感で、会社は幾度もの困難を乗り越えてきました。今回私たちは、「全社員朝礼」と「社内勉強会」に参加したのですが、その風土は今の若い社員さんにも、確実に受け継がれていることを実感しました。

山陽製紙さんの商品は、100%「再生紙」です。『環境に配慮した循環型社会に貢献する』という経営理念の元、「お客様よし、会社よし、社会よし」の「三方よし」の経営を実現されておられます。現在は古紙だけでなく、捨てるに困っていた紀州梅の種を炭化した「梅炭クレープ紙」も生産しています。消臭、吸湿、防虫、防カビなどの効果があり、2008年の洞爺湖サミットでは、各国の政府関係者へのお土産の箱にも使われたほどです。その他、いろんなお客様の要望に応え、『創意工夫の精神』の元、様々な再生紙が開発されていました。

今回の企業訪問では、『伝統・経営理念・トップの姿勢』の3つが印象的でした。よき伝統は必ず受け継がれます。経営理念の浸透は、よき製品を世に生みます。トップの未知を切り開く信念は、社員さんの心を鼓舞します。当社はもうすぐ70年・・・学びの多い一日となりました。

| | コメント (0)

2013年7月20日 (土)

「兄弟」なかにし礼

なかにし礼著の小説「兄弟」を読みました。「なかにし礼」といえば有名な作詞家です。「知りたくないの」「今日でお別れ」「北酒場」などの大ヒット曲をたくさん描いておられます。この本はご自身の実話ですが、ストーリーの組み立て方がうまく、文章がとても読みやすく書かれています。

小説は次の文章で始まっています。「兄が死んだ。姉から電話でそのことを知らされた時、私は思わず小さな声で“万歳!”と叫んだ。16年待った。長い16年だった」・・・まさに「兄弟関係」の複雑極まりない歴史を連想させます。

なかにし礼・・・本名中西禮三は昭和13年、満州国の牡丹江で生まれました。かなり裕福な家庭で、7歳上に姉(長女)がいて、14歳上に兄(長男)がいました。兄は学徒出陣として陸軍に入隊、操縦見習士官のまま終戦を迎えました。終戦7日前のソ連侵攻によって父は捕えられ、シベリア強制労働のために命を落としました。8歳の少年は母と姉の3人で、1ヵ月間の命がけの引き揚げの末、両親の故郷「小樽」に戻りました。

その後、兄が女性を連れて小樽にやって来ます。2年ぶりの再会となった訳ですが、まともな仕事をしない兄は鰊相場に手を出し、家族は小樽の家を失ってしまいます。そして5人家族の貧しい東京生活が始まりました。その後青森の親戚を頼って移住、また再び東京での生活、その間も禮三氏は兄に人生を振り回されます。成人した氏はシャンソンの訳詞を手がけ、その後作詞家としてスタートしていきます。

仕事は絶好調!・・・しかし私生活はというと、会社をつくってはつぶす兄の尻拭いの日々でした。あげくの果てには、数億円の借金の肩代わりまでさせられました。それまで兄弟愛を信じていた禮三氏ですが、ついにお兄さんを絶縁するのです。それから16年・・・亡くなった兄には2億円以上の借金が残っていました。

私の20代~30代には、何度もテレビで「華やかななかにし礼」を観ました。まさか彼にそんな事実があるとは、まったく知りませんでした。小説は「兄貴、死んでくれて本当に、本当にありがとう」という言葉で終わっています。この短い言葉の中に、あまりにも複雑で、消化しきれないほどの深い想いが感じられます。「神はその人にふさわしい試練を与える・・・」といわれますが、これも中西禮三氏に与えられた人生の試練なのでしょうか?

| | コメント (0)

2013年7月15日 (月)

学ぶ幸せ

論語の中に「学びて然る後に足らざるを知り、教えて後に究めざるを知る」という1節があります。最近の私自身は、「学びて己の足らざるを知り、行いて己の至らざるを知る」と感じています。

今年に入って本を読む量が増えました。仕事や研修においても新たな学びがたくさんあります。また会社で社長業をしているとき、あるいは勉強会などで教える立場にあるとき、思っていることができなかったりします。そしてその都度、「まだ知らないことばかり・・・」とか「まだまだできていない」ということを思い知らされます。

そんなときは一時的に落ち込んだりしますが、気を取り直して「もう一度頑張ろう!」と自分を奮い立たせます。しかし客観的に考えてみると、「これって素晴らしいことでは??」と思う訳です。新たな学び、新たな体験、新たな出会い、そのおかげで自分の位置がわかり、さらなる成長にもつながるからです。

自分自身の成長の実感は、とても「幸せ」を感じるものです。「学び」→「成長」→「幸せ」・・・ずっと学び続けること自体、実は幸せなことだったんですね。それらの時間をもっと大切にしたいと思います。

| | コメント (0)

2013年7月11日 (木)

「夢を売る男」百田尚樹

百田尚樹著の「夢を売る男」を読みました。本屋さんで中身を眺めると、出版業界を舞台にした小説でした。さすが百田氏ならでは・・・その内容に惹かれてすぐに買い求めました。

本誌に登場する丸栄出版は、印刷会社から出版業界に転身した会社です。その後発会社がここ近年急成長を遂げました。それは、出版社と著者が経費を折半して本を作る「ジョイントプレス」という戦略をとり、どんどん新本を出してきたからです。主人公の牛河原編集部長は、たくみな話術で著者を、「お金を使っても“自分の本”を出したい」という気持ちにさせていきます。

本の製作費を折半するといっても、現実には出版社に持ち出しはなく、そのうえに利益も生み出します。素人作家たちはうまく乗せられてその気になります。一見「だまし」のようにも見えますが、牛河原編集部長にはある信念がありました。それは、「本人は本が出せて幸せ」、「会社はしっかり仕事になる」、「本屋にとってもリスクなし」・・・つまり、ちゃんと『三方よし』の形になっている訳です。

様々な老若男女が登場し、その人たちの心理模様がリアルに描かれています。ある意味、ブラックユーモアあふれる小説です。そしてなんといっても牛河原さんの会話トークは、私たちビジネスマンにとってかなり勉強になります。営業トークからクレーム対応までとても見事な対応です。

物語の中で、作家である自分自身を中傷する文章が出てきます。そこも百田氏らしい作りです。これまでの二作に比べると軽い感じもしますが、出版業界の本音も知ることができて面白かったです。

| | コメント (0)

2013年7月 4日 (木)

「零戦」その誕生と栄光の記録

先週書店を覗いたところ、文庫本コーナーに「零戦」という文字を見つけました。それほど大きな字ではなかったのですが、なぜか吸い寄せられたような感じでした。本を読んでみると、なんと設計者の堀越二郎氏の書かれた本でした。日本が世界に誇る零戦・・・以前からその開発の経緯を知りたかったので、すぐに買い求め、今回は3日間で読み終えました。

堀越氏は飛行機の設計技術者ですが、まるでプロの小説家を思わせる文章タッチです。専門的なことを素人の私にもわかるように書いてあります。またいたるところで興味を惹く「ドキュメンタリー小説」になっています。零戦の開発がどのように始まり、その後開戦へと進み、やがて終戦を迎える・・・その時々の零戦に関わる内容を、詳しく知ることができました。

明治からの富国強兵政策の中、日本の軍備は進んでいきましたが、航空機技術においてはまだまだ遅れをとっていました。資源が乏しい日本にとって、資源を求めて戦地を広げていくことは、やむをえないことでした。さらに島国だったため、中国大陸や太平洋で互角に戦う上で、長い航続距離持つ戦闘機が必要だったのです。そこで当時の海軍は、中島飛行機と三菱重工業に難しい要求書を提出しました。

要求書には速い飛行速度、長い航続距離、小回りの利く空戦性能、上昇力、二十ミリ機銃の装備など、無理難題がいくつも書かれていました。三菱の堀越氏以下30名の設計スタッフたちは、一丸となって不可能への挑戦を続けました。そして2年間の苦闘の末、ついに零式艦上戦闘機「零戦」が誕生しました。開戦当初、零戦はアメリカ軍、イギリス軍、中国軍から恐れられました。それだけ零戦飛行隊が行くところ「敵なし」だったのです。

本の「まえがき」には次のように書いてあります。「世界の技術の潮流に乗ることに終始せず、世界の中の日本の国情をよく考えて、独特の考え方や哲学の元に設計された、日本人の血が通った飛行機・・・それが零戦だった」と。それまでの飛行機技術の常識にとらわれない、例えば柔道の「柔よく剛を制す」などの思想が根底にありました。当時の日本には大馬力のエンジンがなかった、そのため飛行機を軽くしなければならず、主翼の形や幅、胴体の長さなど、絶妙なバランスのとれた飛行機が生まれました。今でも零戦のスタイルの美しさには定評があります。

満たされない条件の中にあっても、組織全体がひとつの使命感に立ったとき、組織はとてつもない力を発揮します。この物語は、日本人の特性と日本的経営の素晴らしさ、そして忍耐強く継続し続けることの大切さを教えてくれました。

| | コメント (0)

2013年7月 3日 (水)

スウェーデンハウス協力会・2013安全大会

先週の金曜日、恒例の「スウェーデンハウス協力会」の安全大会が開催されました。今年は、北陸3県から100名を超える方々が集まってくださいました。また東京本社からは、営業本部長、生産本部長の2名のご参加もいただきました。第1部は通常の安全大会、第2部は両本部長の講演で式典が進みました。

私は1部で挨拶をしました。「この中でスウェーデンハウスの“ファン”の方はどのぐらいおられますか?」と質問し、かなり多くの方が手を挙げてくださいました。そして「まだ手の上がっていない方は、ぜひ上がるように努力してください。その方がさらに仕事が楽しくなりますので・・・」とお話させていただきました。

2部の両本部長さんからの講演では、「30周年の件」、「省エネ法の改正」などのお話を伺いました。

「この30年・・・スウェーデンハウスも3万棟になろうとしています。創業当時からの一番の価値観は、“建てるときより住まわれてからが大事”というものです。『CQ+24』で、引渡時に『全棟性能表示』をしてきましたが、何年経っても数値が変わらないことが理想です。日経ビジネス誌で、2005年と2011年は、顧客満足度・住宅部門で1位を獲得しました。そして2012年には86.7ポイント、ついに全品目の中でトップに輝きました。30年間ずっと同じスペックで建ててきて、今もひとつのシリーズしかありません。1棟目に建てた方が一番尊敬されています。これからもさらに仲間が増えていきますように・・・紹介した人も紹介された人も喜べる、そんなスウェーデンハウスです。みなさんの一層の努力をお願いします」

今日集まったのは、栄誉あるスウェーデンハウスを創る仲間たちです。今も変わらない熱い心で、これからも共に努力していきたい・・・そんな「初心」に立ち帰る一日となりました。

| | コメント (0)

2013年7月 2日 (火)

無意識の恐ろしさ

先日自分のスマートフォンに「カロリー管理」というアプリをダウンロードしました。1年で20キロ以上ダイエットした友人が教えてくれたものです。使ってみて初めて、食品のカロリーと1日の摂取量を意識しました。そこで「半年後の目標を10キロ減」と入力したところ、1日の摂取量が1750キロカロリーと出ました。毎日食べたものを入力することで、日々の加減がわかり、とても便利です。

2年前の「コーチング研修」では、コミュニケーションを意識することを学びました。会社にソーラー発電を設置して、日々の天候を意識するようになりました。当社の経営理念の「今がしあわせ」も、意識し努力することで感じられるものです。このように考えると、「毎日を意識して生きる」ことの大切さを、改めて実感している次第です。

昔の私は、どちらかというと「意識する」ことが嫌いでした。人生が窮屈になるし、人間関係も「自然に~」がいいと思っていました。しかし今は「無意識=放ったらかし」、「無意識→無自覚→無頓着→堕落・・・」のように思います。やっぱり人生は「変化→成長→進化→崇高・・・」でなければならないでしょう。そのためには、「意識してまわりをみる、世の中をみる」、「意識して自分をみる、将来を描く」ことが必要だと考えます。

仕事の時間、社会の中、プライベートのとき、ひとりのとき・・・できるだけ多くの時間を、意識しながら生きたいものです。

| | コメント (0)

2013年7月 1日 (月)

心の声を聞く

先週は、『声を聞く、心を聞く、魂を聞く』というテーマの研修に参加しました。講師は「聞き方の匠」と言われている、やぶちゃんこと薮原秀樹氏です。現在全国各地で講演され、大きな感動を集めておられます。今回私は「究極の傾聴」と聞かされ、好奇心いっぱいで参加しました。

最初の講義では、「話を聞くときには“声”を聞く、“音”を聞く、“息(ブレス)”を聞く」とお話されました。薮原氏はご自分のスタイルを話聞(わもん)と呼んでおられます。「話聞は禅から来ている。心を聞くことは音を合わせること。他己話聞はすなわち自己話聞。そして離我に至る」・・・とても難しいお話でしたが、なんとなく共感できるワクワク感のある内容でした。

引き続いて、参加者が5~6人のグループに分かれ、200字ぐらいの文章の“読み合わせ”をしました。そして各グループが読み合わせを3回競い合いました。講師は「その変化を聞きながら感じてください」と話されました。そこで私は、音楽を聞くように、文章を歌詞と音(メロディ)として聞くように意識しました。最初はバラバラだった読み合わせが、なんと3回目には流れるような“音”になっていました。

会場も不思議な空気に包まれていきました。最後に講師は、「カウンセラーは心で共感して聞きます。しかし私は、相手の心の奥に入って、深いところでつながって聞きます。人はイメージを感情に乗せて話します。私はその人の言葉と音と息までも聞く訳です」とお話されました。「心の声を聞く。魂の叫びを聞く」ということを、多少とも感じられたような気がします。

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »