« わが社のソーラー発電 | トップページ | ヒロシマ6(放射線被害) »

2013年6月 9日 (日)

ヒロシマ7(終わりに)

このように、日本は世界で唯一の原爆被爆国となりました。広島や長崎は被爆都市となりました。原爆投下に際しては、すべてが意図的に計画的に進められました。アメリカは7月16日に原爆実験を行い、その破壊力のすさまじさを知り尽くしていました。

6月1日の暫定委員会で、「原爆の使用について、労働者の住宅に囲まれた軍需工場に、事前警告なしで行うべきだ」と決められました。開発に携わった科学者たちは、無警告の投下に真っ向から反対したそうです。無差別大虐殺と人体実験のなにものでもないと思います。すなわちこれが戦争なのでしょうか?

文章と写真と遺物と漫画だけを観ても、まさしくこの世の地獄のありさまでした。果たして・・・その場におられた方々の苦しみや悲しみは、どれほどのものだったのでしょう?私たちは、後世を生きる日本人として、このことをどのように受け留め、どのように考え、どのように行動していくべきなのか・・・あまりにも難しい質問を、投げかけられているように感じます。

|

« わが社のソーラー発電 | トップページ | ヒロシマ6(放射線被害) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。