« 当社のPDCA管理 | トップページ | プロの定義 »

2013年5月14日 (火)

読書会

今日FM福井さんで、「女子会」ならぬ「読書会」という言葉を耳にしました。「ある1冊の本を読書会までに読み終えて、お茶を飲みながら語り合う」というものでした。読書はそもそもインプット・オンリーです。読書会の場で、お互いがアウトプットすることで、「さらに内容が深まる。他の人の意見を聴いて学びが増える」など、とてもいい企画だと感心しました。

そこでインターネットで「読書会」について調べてみました。いろんな読書会があるんですね。例えば「東京Cafe読書会」には、実に興味あることが書かれていました。

~読書会は、現在私たちが仕事で直面しているスキルアップ上の課題を、解決する理想的な教育になる。その鍵となる言葉が“エクス・フォメーション”である。イン・フォメーションが“世の中から求められている自分を創る”ことに対して、エクス・フォメーションは“自分が求めている世の中を創っていく”ことである。「情報化社会」から「知識創造社会」に移りゆく今、エクス・フォメーションの習得が必須になってくる。しかし会社ではなかなか習得できない。この問題を解決するための場が「読書会」である~

自分たちの読書会をこのように位置付けられています。世の中に自分を合わせるのではなく、自分自身の世界を創る・・・つまり一般的な成功術ではなく、個性的な成功法を極めていくということでしょうか?21世紀とはそのような時代かもしれませんね。

|

« 当社のPDCA管理 | トップページ | プロの定義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 当社のPDCA管理 | トップページ | プロの定義 »