« プロの定義 | トップページ | 桑田真澄氏・講演会 »

2013年5月16日 (木)

社員さんに光が当たる

私が初めて社長に就任した頃、「第一線で活躍する社員さんが、ステージの主役になる」・・・そのような会社を理想としていました。だから「社長や幹部は目立たなくていい。裏方でいい」と考えてきました。

先日の北海道ツアーでは、お客様たちから当社の担当社員の自慢話に花が咲きました。「私の家の営業の○○さんは・・・」とか「設計の□□さん、工事の△△さん」といったふうに、お客様が本当に頼りにしてくれています。これは社員さんい光が当たっている一例です。また私や上司が「部下の話をしっかり傾聴し承認する」、そのこともひとつと言えるでしょう。これからもこの部分を、さらに増やしていきたいと考えています。

ただ今年に入って、少し考え方が変わりました。斎藤一人氏は「“観光”とは光を観ると書く。つまり人は光を観に来るんだよ。だから“あなた”が光らなければならないんだ」と話しておられます。本当にその通りだと思います。みんなが光ることが大事なのです。そのためにトップの私が一番光らなければならないし、幹部もしっかりと光らなければならないのです。それらの光が社員さんを照らし、お客様を照らすことになるからです。

私を含め社員さん全員が光り輝くように・・・学びと精進を積み重ねていきたいと思います。

|

« プロの定義 | トップページ | 桑田真澄氏・講演会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロの定義 | トップページ | 桑田真澄氏・講演会 »