« 読書会 | トップページ | 社員さんに光が当たる »

2013年5月15日 (水)

プロの定義

先月末、新入社員さんと話し合っていて、その中で「プロってどんな人だと思う?」という質問をしてみました。すると「専門家」、「世の中に役立つ人」、「その道に精通している人」など、いろんな言葉が出ました。私は「全員正解だと思います」と答え、「では私の思う“プロ”を定義してみましょう」と言って、ホワイトボードに書いていきました。

まず「当社にはお客様がいるので・・・」と話しながら、『プロとは?・・・お客様の期待に100%応えられる人。もしくは応えようと努力する人』と書きました。「いかがでしょうか?みなさんはどのように感じますか?」と質問してみました。ほぼ全員が納得してくれたようでした。

その後、「やはり社内で“プロ”についての共通認識が必要」ということになり、今月の幹部会で検討し、次のように決定しました。「クロダハウス プロの定義」:「プロとは、お客様や仲間の期待に応えられる人」・・・そしてさっそくこの言葉を印刷し、経営理念の小冊子の表紙に貼りました。

|

« 読書会 | トップページ | 社員さんに光が当たる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読書会 | トップページ | 社員さんに光が当たる »