« ツアーバスの事故について | トップページ | 社員に光が当たる会社 »

2012年5月 2日 (水)

空気を読む

いっとき「KY」という言葉を多く聞きましたが、「空気を読む」ことって本当に大事ですね。現在コーチング研修と並行して、CCL研修を受講しています。そこでは「いい場」をつくる勉強をしています。

朝礼や会議に参加してその場の空気を意識してみると、いろんな変化があることに気づきます。空気を良くする人や盛り上げる人もいれば、反対に空気を悪くしてしまう人もいます。そして空気が良くなる場合は意図的に行われていて、悪くなるときは無意識に行われているということもわかりました。

当社は事業所が6拠点あるので、私が朝礼に参加するのはたまにしかありません。過去に朝礼に参加し、無意識だったこともたくさんあります。おそらく朝一番のいい空気を、私自身がこわしていたことも数多くあったことでしょう。

私が参加しただけでも影響力があるのに、そのときの表情や態度、話す言葉の内容には、計り知れない大きな力があります。これまでのことを十分反省し、今後は「空気を良くする人」になれるよう、一回一回を意識して参加したいと思います。

|

« ツアーバスの事故について | トップページ | 社員に光が当たる会社 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。