« スウェーデンハウス・メンテナンス講習会 | トップページ | 大いなる気づき »

2012年4月16日 (月)

ネッツトヨタ南国を視察

昨年11月、高知県にある「ネッツトヨタ南国」の視察研修に参加しました。全国約300社のトヨタ系ディーラの中で、お客様満足度ナンバーワンを、12年連続獲得されておられます。その要因は、ピラミッド型組織で経営されるのではなく、まさに全社員が一丸となって、考えて行動する組織になっているからでした。

研修では、横田英毅氏から「会社設立からの歴史や業績の推移~会社で行われている活動~トップとしての考え方~現在の経営方針」に至るまで、事細かく説明をいただきました。最も印象的だったのが、リーマンショックの翌年(世の中が一番冷えていた年)、逆に業績が伸びていたことでした。横田氏は「多分社員が危機感をもって頑張ってくれからでしょう」とさらりと話されていましたが・・・不思議でした。

その後グループに分かれて、社員さんからお店全体を案内していただきました。会った方々は、皆さん「おもてなし」が素晴らしかったです。それから3人の社員さんとの質疑応答タイム、引き続いて横田氏と6名の社員さんを囲んでの食事会がありました。

どの方のお話もすべて勉強になりました。私は皆さんに同じ質問をさせていただきました。「御社で最も素晴らしいと思うことは何ですか?」と。驚いたのは皆さんが同じ答えだったことです。「素敵な仲間がいることです」・・・本当に感動しました。もうこれだけで十分でした。

帰りの列車の中で、一緒に参加した役員と2日間のふり返りを話し合いました。話が盛り上がる中で、「自分たちもネッツ南国さんのような会社になれるのでは・・・?」という思いになっていきました。そうして我社の10年計画がスタートすることになったのです。

|

« スウェーデンハウス・メンテナンス講習会 | トップページ | 大いなる気づき »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。