« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月22日 (月)

虫の声♪

待ちに待った鈴虫の鳴き声が聞こえてきました。「ようやく大好きな秋が来た!」という感じがして、なんとなく嬉しくなります。涼しくなっても虫の声が聞こえないと、やはりその気になれないものですね。

近頃、会社がどんどん変化していることを肌で感じます。とても喜ばしいことです。さらに中堅層や若手層から、抜きん出てきそうな人も現れてきました。そんな彼らたちを見ていると、「私ももっと成長しよう!」という使命感が湧いてきます。素敵な秋になりそうです。

| | コメント (0)

2011年8月21日 (日)

日曜大工をエンジョイ!

スウェーデンハウスに住まれた方は、皆さん生活をエンジョイされておられます。アウトドア派、インドア派、それぞれいろんな趣味をお持ちです。先日たまたま通りがかっ時に、あるオーナー様が日曜大工をされていました。

ちょうどウッドデッキを組むところで、いろいろと見せてもらいました。ホームセンターで買ったという御影の飛び石を歩くと、そこにはデッキの基礎が完成していました。「すごいですね!」と言うと、なんとその後方には作業小屋と薪小屋が建っていました。道具もしっかり揃えてありました。まさにプロ並みです。

玄関アプローチはレンガを積んで花壇を造り、池まで配置してありました。エアコンの屋外機も造作で囲われていました。子供の頃からお父様の日曜大工を手伝っていたそうですが、ここまでくると趣味の域を超えているのでは???

地鎮祭でお会いしたとき、「趣味を生かすために広い土地が欲しかった」と言われてました。おそらく頭の中にはこの構想が出来上がっていたのでしょう。お住まいされてからまだ半年・・・果たしてこれからどんな家になっていくのか?・・・当社としてもとても楽しみです。

| | コメント (0)

2011年8月20日 (土)

「私に帰る旅」

岡部明美さんの書かれた「私に帰る旅」という本を読みました。ご本人が「死の淵」に出会ってのち、それまでと「人生観」がまったく変わり、今を楽しく生きている様子が書かれています。

岡部明美さんは大学卒業後、OLを経てある調査研究機関に転職。そこで取締役にまで昇りつめ、キャリアウーマンとして大活躍されていました。30代で遅めの結婚をしその後出産・・・その数日後脳腫瘍と水頭症で緊急手術、奇跡的に命を取り止めました。入院中にそれまでの人生に疑問を持ち、退院後は育児と自分のリハビリの中で、次の生き方を模索していました。そしてある研修をきっかけにして、真の「自分の人生」を見つけていかれました。

本の中で特に印象深かったのは、「世の中は常に“陰と陽”の両面がある」というものです。明るい暗い、嬉しい悲しい、自信と悲観、愛と怒り、成功と失敗、健康と病気などなど・・・「人生にはいつも表と裏が同時に存在している」ということです。「その両方を受け入れることが大切で、陰の部分を否定するから人はつらくなる」と書いておられます。

千島喜久男医学博士の「がんは血液の汚れを警告しているものであり、がん細胞は血液の浄化装置だ」という学説が紹介されていました。西洋医学は「がんを敵とし叩く、切り落とす」一辺倒。そうではなく身体を根本から改善し、自然治癒力を増幅することによって健康に帰るというものです。

岡部さんはがむしゃらに働いてきた人生を反省し、食事改善、適度な運動、そして楽しい仕事を見つけていかれました。「心と身体は一心同体、体からの声を聴きながら自分の本心に生きる」・・・ひと言でいえばこんなところでしょうか?手術後再び現れた脳の“影”もすっかり消えて、今も元気に活躍中です。

| | コメント (0)

2011年8月17日 (水)

驚き!光冷暖!

先月「光冷暖システム」についての講演を聞き、そのあと東京のモデルルームで実際に体験してみました。一般的には遠赤外線と呼ばれる方式でしょうか?夏ですから冷房状態でしたが、室温はそれほど低くないのにとても涼しく感じました。

熱の移動は、物体による熱伝導、空気の対流、熱放射の3つしかありません。現在の冷暖房の主流は、熱交換によって冷風や温風をつくり出し、空気の対流によって室内温度を調節するものです。エネルギーコストが最も安いのが特徴ですが、光冷暖ではさらに安くなるということでした。

熱源のラジエターに、冷房の時は冷水、暖房の時は温水を流します。システムの秘密は室内の仕上げ材料、つまり床、壁、天井にある訳です。ラジエターからの熱線が壁や天井と共鳴し、部屋中に冷暖房の光が無数に飛んでいる・・・その光の熱を身体じゅうに浴びる訳です。

遠赤外線を身体の四方八方から受けている・・・まさに健康的冷暖房です。さらにマイナスイオンが多量に出ているとのこと・・・当社の求める「健康の住まいづくり」に最適の設備でした。これから前向きに検討していきたいと思います。

| | コメント (0)

2011年8月13日 (土)

研修報告会を開催

7月より大阪・日創研で管理者(幹部)研修が始まりました。12月までの計6回です。現在その研修に、当社から幹部6名が参加しています。今月上旬に第2講が終了し、昨日の幹部会議に続けて「研修報告会」を行いました。

毎講1泊2日で、管理者としての職務や責任などを広く学びます。その中でメインとなるのは、「PDCAサイクル」を実践で回すことです。それぞれの現実の目標に対し、【プラン→ドゥ→チェック→アクション】を行い、検証しながら改善していくものです。

報告会では、各自の先月の「PDCA」を発表してもらいました。管理者としての智恵や工夫、計画と実際のギャップ、改善案など、どれもが経営に役立つものばかりでした。また全員一緒に報告会をしたことで、お互い同士の学びも多かったことと思います。

毎月行っている幹部会議、その形が変わっていきます。個人の経営スキルに頼っていたものが、統一的なシステムになっていきます。奥に潜んでいた問題や課題もよく見えてきます。経営理念の確立も含め、組織が一気に強くなることでしょう。来年からのダッシュに向けて、確実に進めていきたいと思います。

| | コメント (1)

2011年8月10日 (水)

お墓掃除

今年も「お墓掃除」がやってきました。私が生まれた町は山の中に墓地があります。当家では3ヵ所の掃除することになっています。先祖が入っている「黒田家」の墓、子供の時に亡くなった人の墓、そして祖父の代から面倒をみている他家のお墓です。

今年は例年より丁寧に仕上げたため日曜日だけでは終わらず、今日のお昼に残りを仕上げました。薮蚊を避けるために日中を選ぶのですが、その分暑さもひとしおで大汗をかきます。お盆前の過酷な時にだけするから大変なんですよね。来年からは春の間に一度仕上げて、夏は軽く終わるようにしたいと思います。

| | コメント (0)

2011年8月 9日 (火)

今年の夏は・・・

8月に入り今年も本格的な猛暑がやって来ました。全国的な電力不足の問題が気になるところです。

今年は梅雨明けが10日ほど早く、当初は暑い日が続いていましたが、しばらくして涼しくなりました。その時は「お米は大丈夫だろうか?」と心配もしましたがなんのその・・・今月に入りいつもの猛暑がやってきました。

健康と体力づくりのために、先月から簡単な山登りと自転車を始めました。その甲斐あってか、今年は夏バテの心配はなさそうです。今月も学ぶことを中心に頑張りたいと思います。

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »