« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月21日 (月)

大久保恒夫氏・講演会

「仕事ができる人は難しいことを簡単に考える。仕事ができない人ほど簡単なことを難しく考える」・・・よく言われる話ですが、ここに紹介する大久保氏の考え方も、いたって単純明快でした。

大久保恒夫氏はイトーヨーカ堂で10年間勤務し、その間鈴木氏と共に経営改革を経験されました。その後独立され、ユニクロや無印良品のコンサルティングで、見事経営改革を成功されました。それから後、ドラッグイレブンや成城石井の社長となって、企業再生の成功へと導かれておられます。

企業再生における氏の考え方は一貫していました。①リストラはしない(人は財産)、②ディスカウントはしない(社員が幸せになれない)、③売場が価値を生む(企業価値)、以上の3つです。

売場の価値を高めるために、以下のことを実行されてます。①お客様に満足してもらう売場を創るのは人である。人は教育によって成長する。教育費には十分お金をかける。②会社の方針がどうかではなく、どれだけ売場で方針を実行されているかである。そのためには多くを言わない。③戦略や方針よりも、やってみて結果が出たことを繰り返す。明快ですね。

さらに売場の3要素も述べておられました。①クリンネス(清潔、綺麗)、②品切れをしない、③挨拶(声だけでなく笑顔も大事)の3つです。仕事にやりがいを持ち、上司を信頼し、仲間とのチームワークが良ければ、社員の挨拶は必ず良くなるそうです。

最後に求める人材について次の5つを挙げておられました。①自分で考える、②自分で行動する、③結果を確認して修正できる、④問題を根本的に解決できる、⑤ものごとを長期的視点で観れる、以上です。

お話の中で最も多く出てきたのは、やはり「人」でした。まさに新しい「経営理念」の土台が間違っていないことを実感できた講演会でした。ありがとうございました。

| | コメント (0)

2010年6月18日 (金)

心の経営

TT研修における前半のメインとなる心理学(TA)、その一連のコースが終了しました。今回の勉強を通じて、「新しい経営理念」の土台が固まってきたように思います。

「人は誰もが幸せになりたいと願っている。ところが多くの人は幸せなときもあるけれど、そうでないときが多い」・・・実際私もそうでした。今回の学びの一番は、「幸せの根本は人間関係にある」ということに気づいたことです。

経営者として「どんな会社にしたいのか?」~それが経営理念の基本です。「人間関係が良くなれば幸せになれる」・・・そのことを知って、「社員もお客様も幸せを実感できる~そんな会社にしたい」という思いが沸々と湧いてきました。

社長になって11年・・・ふり返ってみると、これまでの私は「能力や成果」ばかりに目が向いていたように思います。「人は理性と感情で動く。理性を問う前に、感情が大切ではないか」ということに気づかされました。これからの私のテーマは「心の経営」です。

まずは私自身から変わり、社内に少しずつ心理学を広め、会社から「良い人間関係」を築いていこうと考えています。近い将来、まわりの皆さんから「雰囲気のいい会社ですね」といわれる日が来ることが楽しみです。

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »