« 心温を適温に・・・ | トップページ | 少子高齢化 »

2010年1月21日 (木)

雪山登山(富士写ヶ岳)

雪の富士写ヶ岳に挑戦しました。積雪はふもとでも1メートル以上あります。ぶな林は白一色、その中に葉の落ちた幹と枝があるだけ・・・風もなく静かな山・・・誰も歩いていない新雪の上をゆっくりゆっくり登りました。登山道がよくわかりません。わずかな雪のへこみと以前の記憶を頼りに進みました。

適度な登りやゆるい斜面をカンジキで歩くのは、本当に気持ちがいいものです。しかし急斜面となると話は違います。足を雪に突き刺して段をつくり、ずっては上がりずっては上がり・・・雪の斜面を泳ぐように這い上がります。時間もかかりますが、体力が一気に消耗してしまいます。

前回は2時間で頂上に着きましたが、今回は3時間かけてやっと4分の3・・・午後3時を過ぎたので、惜しくも途中で下山となりました。でも下りは案外と楽で、四方に広がる雪山を楽しみながら、余裕をもって歩きました。次回はしっかりと準備を整えて、頂上を目指します。

|

« 心温を適温に・・・ | トップページ | 少子高齢化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心温を適温に・・・ | トップページ | 少子高齢化 »