« 「ありがとう」は魔法の言葉 | トップページ | 登り初め »

2009年12月30日 (水)

登り納め 2009

登り納めとして奥獅子吼山に行きました。登山口からかなり積雪がありましたが、幸い前の人の足跡が締まっていて、そこを歩いてなんとか登れました。それでもときどき雪に足がさらわれ、通常の2倍以上の体力を要しました。

ただ、足跡が中間地点(標高650メートル)で終わってました。それでもなんとか進んでみましたが、1メート以上の積雪に身体が沈んでどうにも動けず・・・仕方なく引き返しました。

奥獅子吼山は杉林の中を登っていきます。その昔、しっかりと植林されたものでしょう。今回の雪で何本もの木が倒れていました。枝が折れたり、幹から裂けたり、つる系の木にからまれて根こそぎ倒れたものもありました。本来なら根を張らなければならないときに、つるに養分が取られてしまって・・・思わず人間社会を想像しました。

街に戻り「カンジキ」を買いました。「これで雪山も大丈夫!」・・・次が待ち遠しいです。来年はしっかり登ります。どうぞみなさんも、よいお年をお迎えください。

|

« 「ありがとう」は魔法の言葉 | トップページ | 登り初め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ありがとう」は魔法の言葉 | トップページ | 登り初め »