« お菓子の「たこ満」・平松社長の講演会 | トップページ | サイクルベースあさひ・下田社長の講演会 »

2009年8月31日 (月)

盲目のバイオリニスト・穴澤雄介氏の演奏と講話

倫理法人会のモーニングセミナーにて、盲目のバイオリニスト・穴澤雄介氏のミニ演奏と講話が開催されました。国際ピアノ・コンクールで優勝された辻井伸行さんの話題が記憶に新しい中、大きな関心をもって参加してきました。

壇上に立った穴澤氏はとても明るい雰囲気でした。軽快に話される言葉に前向きさも感じました。ミニ演奏では、語りかけてくるようなバイオリンの音色に感動しました。ご本人作曲の3作品、とても美しい曲ばかり、さっそくCDも買いました。

穴澤氏は生まれつき心臓病の持ち主で、大手術を3回も受けてきました。小学校時代の手術の後遺症から、その後視力がどんどん落ちていきました。中学・高校はろう学校に進みましたが、上の専門課程に進学した頃には、全盲になっていたとのことです。

楽譜はすべて点字・・・それを見ながら弾くことができないので、曲は覚えて演奏する・・・そうやって腕を磨いていったそうです。その間、ご両親の離婚、お父さんの事業の失敗などがあり、4畳半のアパート生活の中で「なんとかお金を稼がなければ・・・」と、バンドスタッフ募集を求めて歩きました。しかし目が見えないというハンディのため、仕事はなかなか見つからなかったそうです。やむをえず病院や老人ホームで頑張ったそうです。

「通常の楽譜は読めない。ならば自分で曲を作れば、わざわざ楽譜を点字につくり変える必要がない」と考え、それからは作曲活動に力を入れていきました。穴澤氏の言葉です。「恵まれない状況はチャンス。自分を強くしてくれる。人間は『これ以上落ちることができない』というくらい、どん底まで落ちると、必ず新しいアイデアが生まれてくる。それがないのはまだ落ち切っていないということ。己のマイナス面やこれまでの災いが、すべて今の自分をつくってくれた」と。

現在34歳、演奏と講演、どちらも素晴らしい方・・・今後の更なるご活躍を楽しみにしています。

|

« お菓子の「たこ満」・平松社長の講演会 | トップページ | サイクルベースあさひ・下田社長の講演会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。