« 鈴木修氏(1)カリスマ社長登場 | トップページ | 建設業の原理・原則 »

2009年7月 1日 (水)

五日市剛氏・講演会

先日金沢で、五日市(いつかいち)剛(つよし)氏の講演会が開かれました。講演のタイトルが、なんと『ツキを呼ぶ魔法の言葉』です。まさに興味をそそる言葉ですよね、迷わず参加してきました。

五日市氏は大学時代、1ヶ月間イスラエルに一人旅されました。クリスマスの夕方ハイファという港町に着いて、ホテルを探したけれど全部閉まっていました。困り果てていたところへ、ひとりのおばあさんが現われました。「どうしたの?顔色が悪いけど・・・」「日本から来たんですが、泊るところがないんです」「よかったら私の家へどうぞ」・・・そんなこんなで、氏は彼女の家に泊まることになったのです。

夕食の後、おばあさんと二人きりで話をしていたとき、彼女がこんな話をしました。「五日市さん、ツキを呼ぶ魔法の言葉があるのよ」「本当ですか?どんな言葉ですか?」「すご~く簡単な、単純な言葉よ」「何、なに?教えてくださいよ」「いいわよ。誰でもよく使う言葉なんだけど、二つあってね・・・」

その二つというのが「ありがとう」と「感謝します」、確かに月並みな言葉です。でもその使い方が、ちょっと普通と違うのです。

「ありがとう」は何かイヤなことがあったとき・・・例えば朝寝坊をして遅刻しそうになる、そんなとき「寝坊してしまって~ありがとう!」といったようにです。イヤなことが起こるとイヤなことを考える、そうするとまたイヤなことが起こる、そこで「ありがとう」と言うと、不幸の鎖が切れて、逆に良いことが起こる・・・らしいのです。

「感謝します」は何か良いことがあったとき・・・例えばイベントなどで「明日はなんとか晴れてほしい」、そして実際に晴れたら「今日は晴れてくれて~感謝します!」・・・です。さらに、たとえ未来のことであっても、「○○になれて~感謝します!」と言うと、本当にそうなるというのです。これは不思議ですよね。

講演では、五日市さんの教えを守って、現実に運を呼び寄せている実例を、いくつか紹介されました。「まるで奇跡!」というようなお話もありました。講演が終わって買い求めた「小冊子」には、「松下幸之助氏も斎藤一人氏も、同じように通じる内容である」と書かれていました。

プラスの言葉(言霊)はプラスを呼び寄せ、マイナスの言葉(言霊)はマイナスを呼び寄せる・・・これはおそらく宇宙の真理でしょう。世間はまだまだ厳しいですが、社内をプラスの言葉でいっぱいにして、大きな運を呼び寄せたいと思います。

|

« 鈴木修氏(1)カリスマ社長登場 | トップページ | 建設業の原理・原則 »

コメント

コメントありがとうございます。それから、スウェーデンハウスのオーナー様でいらっしゃるんですね。改めて感謝申し上げます。当社のスタッフも喜びます。どうもありがとうございます。

私は五日市剛さんと斎藤一人さんを知って以来、何かある毎に「ついてる」や「ありがとう」を連発してます。腹立たしいときや、悔しいときにそれを使うと、確かに悪い連鎖が起こらないように思います。

斎藤一人さんは、「天国言葉をいつも連発していると、そのうち奇跡を呼び込むんだよ」と言われています。これからもどんどん言い続けて、たくさんの幸せを呼び込みたい・・・とても欲張りな私です~(*^_^*)

投稿: 黒田です | 2009年7月12日 (日) 14時03分

以前、五日市さんの本を読んだことがあります。
読んだときは 
おぉ~~こんなことで幸せがくるなら~
って思うんですが 
日々の雑多な出来事の中で
ついつい忘れてしまいます^^;

でもやはり感謝の心は忘れてはいけないですよね
お家を作る過程で北陸SWHのみなさんには
本当にお世話になっています。
担当Tさんや 設計Mさん 公務のNさん
はもちろん
MHに伺った時 
いつもおいしいお茶を入れてくださるTさん
いつも 感謝してます^^

投稿: jeru | 2009年7月 9日 (木) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鈴木修氏(1)カリスマ社長登場 | トップページ | 建設業の原理・原則 »