« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月26日 (金)

鈴木修氏(1)カリスマ社長登場

昨年末、ある機械業界の方から、「スズキの会長がもう一度社長に戻って陣頭指揮を執っている。あのトヨタに『スズキを見習え』と言わせるほどの凄い人だ」と聞いたことがありました。スズキと言えば、軽自動車のトップメーカー、「小さなクルマ~大きな未来」という素敵なキャッチ、インドでは一番の日本ブランド・・・というイメージです。そんな凄い経営者がいたことを初めて知りました。

2週間前に、鈴木修氏ご本人が本を書かれたことを知り、すぐに買い求めました。タイトルは『俺は、中小企業のおやじ』(日本経済新聞出版社)です。やはり最初で最後の一作だそうです。

修氏はスズキ(自動車)の4代目社長です。1958年に婿養子としてスズキに入社、その後部長、常務、専務を経て、1978年に社長に就任されました。当時3232億円だった売上が、現在ではなんと10倍の3兆円に成長しました。しかし今もなお「スズキは中小企業」と言うところがまさに凄いです。

「大企業という物差しが昔と今では違う。昔は歴史や資本金、売上や社員数で大小を計ったが、現在は業界シェアがナンバー1かどうか、つまり自社がプライスリーダーであるかどうかだ」と鈴木氏は書いておられます。だから「どんな小さな市場でもいいからナンバー1になって、社員に誇りを持たせたい」という強い思いがいつもありました。

まさにランチェスター・弱者の発想ですね。軽自動車の業界では名実ともにナンバー1だと思いますが、それでも中小企業と言っておられる・・・おそらく1975年、排ガス規制の「新型エンジンの開発失敗」の教訓からきているのだろうと思います。

本の最後に次のように書かれていました。「100年に一度といわれる急激な経営環境の変化に直面している今、私が先頭に立ってやるしかない。この30年右肩上がりで伸びてきたため、社内は安泰ムードが染みわたっている。こういう事態を招いた自分自身が立て直していくしかない」と。

「原因は我にあり」・・・なんともカッコイイですね。それでは鈴木氏の生きざまに迫ってみることにします。

| | コメント (0)

鈴木修氏(2)コストダウン

現在では、人気ナンバー1の『ワゴンR』というクルマが有名ですが、実は30年前にススキの歴史を塗り替えたクルマがありました。1979年発売の『アルト』です。この30年に5回のフルモデルチェンジを経て、販売累計台数が477万台余り・・・とのことです。当時、軽自動車が60万円以上で売られている中、「全国統一47万円」で登場したのです。

鈴木社長はスズキの社運を賭けてこの開発に取り組みました。コスト削減では、否応なしにエンジニアたちとぶつかりました。「灰皿を取れ、スペアタイヤを取れ」と言っても「そんなことをしたぐらいではなりません」と。「それならエンジンも取ったらどうだ」と言ったら「なんとかやってみます」と、初めて鈴木社長の熱意が通じたそうです。

スズキには1999年から「小少軽短美」というスローガンがあります。「小さく」「少なく」「軽く」「短く」「美しく」・・・これはコストダウンの要諦を表したものだそうです。クルマは1台あたり2~3万点の部品からできています。それで1グラムや1円にこだわり、少しでも小さく、少しでも軽く・・・なのです。さらに軽量化は燃費向上にもつながっています。

また「死に金は1銭たりとも使わない」というのが鈴木氏のポリシーです。「例えば、工場をなんでもかんでもコンベヤー化、あるいは自動化しようとする傾向がある。しかしその多くは大いなるムダである。重力はタダなので、わざわざコンベヤーを設置しなくても、ちょっとラインを傾けて、自然と重力で動くようにすればいい。そうすれば電気代もかからない」と。このような形で「工場の監査」を20年間、毎年続けているそうです。

1981年、スズキはアメリカのゼネラルモーターズ(GM)と提携しました。あるプロジェクト会議において、意見や質問ばかりで、なかなか合意に至りません。業を煮やした鈴木氏は、会議の席上「ミーティングやリサーチばかりでは困る。スズキならファイブミニッツで決まる。ボトムアップ・イズ・コストアップ、トップダウン・イズ・コストダウン」・・・英語と日本語の混じった発言で大爆笑となったそうです。ここにもコストに賭ける情熱がうかがえます。

| | コメント (0)

鈴木修氏(3)カリスマ社長再び

インドで圧倒的なシェアをもつスズキですが、次のようないきさつがありました。1982年のある日、パキスタン出張中の社員から「インド政府が国民車構想のパートナーを募集」という報告を受けました。しかしすでに締め切りは過ぎていました。それを社長命令で、「セールスは断られたときからが勝負」とインド政府と掛け合い、ついに3回目にして補欠で認められたのです。

そののち、インド政府が日本へ調査団を送りました。鈴木社長は自ら宿泊先に出向いて、3時間以上話しこみました。そしてついにスズキが調印へとこぎつけました。インド政府の面々が「われわれと直接向かい合って、真剣に話を聞いてくれた社長は、ミスター・スズキだけでした。だから私たちは、もう一度浜松まで来ました」と言ってくれたのです。

鈴木社長は厳しいけれど、ユーモア感覚にも富んでいます。ひとつは『アルト』のネーミングです。もともとはイタリア語の「秀でた」という意味から取っていました。鈴木氏はどうもしっくりきていませんでした。そしてあるときパッとひらめいたのです。「あるときはレジャーに、あるときは通勤に、またあるときは買い物に使える、あると便利なクルマ。それがアルトです」と。さらに『ワゴンR』のときも「スズキにもセダンがある。セダンもあるけどワゴンもある。だからワゴンあーる(R)でいい」と。

鈴木氏はこの30年、がむしゃらに前だけを見て頑張ってこられました。成功は「ツキと出会いと運」だと謙虚に受け留めておられます。この本を読んで、私が受けた鈴木修社長の印象です。しっかりとした戦略の基で経営をされている、財務と計数にめっぽう強い、行動力と決断力とユーモアに富む、そしてなによりも情熱的である、信念を貫く強さがある・・・こんなところでしょうか。

世界不況に陥った昨年、さまざまな事情によって再び社長に就任されました。そのときの決意を最後に書いて、終わりにしたいと思います。

~「危機は常に社内にあり。このようなときこそ、おのれを見つめ直すチャンスです。苦境に立たされれば立たされるほど、ファイトがわいてくる。悔いや失敗の連続だったこれまでの私の経験と、そのときどきに抱いてきた素直な思いをつづることで、この最大の危機を乗り越える力としたい」~

またおひとり素晴らしい指導者を知ることができました。

| | コメント (0)

2009年6月25日 (木)

斎藤一人さんのお話

ある方から、たまたま『斎藤一人さん』の講演CDをお借りしました。斎藤さんがどんな人かも知らず「とりあえず・・・」聴いてみました。すると10分も経たないうちに、すでに惹き込まれていました。ここ2週間ほとんど毎日聴いています。

斎藤さんを少し紹介させていただきます。~1948年生まれ。「スリムドカン」などのヒット商品でおなじみ「銀座まるかん」の創設者。1993年から全国高額納税者番付(総合)の10位内にただひとりだけ10年連続で入っている。また1997年と2003年は堂々1位となる~ 以上です。

講演では、ついてる話、正しいことより楽しいこと、その道のプロとは、笑顔について、そうだよね~わかるよ、お金の話、観光について、イライラ現象、渡り鳥経営について・・・などなど話されてます。

普段気づかない当たり前のことを、無理をせず普通に話す・・・それが妙に納得させられるのです。だからすごく共感できて、嬉しくなってきて・・・とても前向きになれるんですね。研修でよくある「~しなければ、~であらなければ」ではないんです。

講演の1節です。「商人は社会の心臓である。心臓が元気でないと血液が十分に流れない。日本がなぜ不景気かというと、商人がしっかりとお金儲けをしないからである。お金を儲けて社員に給料を払う、国に税金を払う、それが社会をしっかりと支える。戦争が始まればどうしたら儲かるか?今の不景気はどうしたら儲かるのか?・・・プロはず~っと考えていなければならないんですよ!」と。

プロとしての自分を再認識し、世の中の本質を見極めて、大きく前進していきたいと思います。

| | コメント (0)

2009年6月24日 (水)

社員像の変化

2ヶ月あまりのご無沙汰をお許しください。先日来、数人の方々から更新がないことに注意を受けました。大いなる反省をもって再度頑張ります。どうかよろしくお願いいたします。

今年に入ってから、特に時代が変化しているように感じます。文明の発達や思想の変化に、金融危機が追い打ちをかけているのでしょうか?家電製品は大手量販店で買うことが常識だったのが、今やネットショップの方が安いと・・・本当に目まぐるしい世の中です。

今月の中旬、関西のあるネットショップに企業訪問をして参りました。ブランドウォッチのネット販売日本一の会社です。正社員6名、アルバイト12名、売上20億円・・・「なんと!」驚きです。社長さんの考え方が「正社員は仕組みを創り部下を教育する人。仕組みを使って業務をするのは全員アルバイトです」ということでした。

職場を拝見してみますと、社員さんは当社でいうところの幹部社員、アルバイトさんが当社では正社員です。ただし、業務全体がしっかりと「標準化・効率化・数値化・見える化」されています。社員さんは業務と会議に追われていますが、「自分が何を求められているか?」を明確に理解されています。アルバイトさんには、ホームページ制作、販売、仕入れ、クレーム対応、総務経理まで幅広い業務がありますが、「今何をしなければならないか?」、全員がちゃんと理解されていました。

2008年5月23日掲載の「インディな女性」にも、企業が求める社員像の変化について書きました。しかし今回ほど大きなギャップを感じたことはありません。この会社が早いのか?~当社が遅いのか?~それは別としても、「時代はその方向へ動いている。社会はクリエイティブ性とリーダシップ性を求めている」・・・これは間違いないことでしょう。

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »