« 意見を言える社風に! | トップページ | 社員像の変化 »

2009年4月14日 (火)

究極の企画書づくり

昨日、所属している会で「A4・1枚!~究極の企画書づくり!」という勉強会が開催されました。タイトルに惹かれて、当社社員17名も一緒に参加しました。

講師は富田眞司氏です。名古屋大学ご卒業後、8つの会社を遍歴され、広告・販促・企画をひと筋に、40年間実戦で活躍されました。そして61歳でCSN企画を設立され、豊富な経験を生かし、講演、執筆、コンサル活動などを行っておられます。

今回は「企画書には基本ルールが存在する」ということを初めて知りました。これまでに数多くの企画書と出会っていますが、まさに「目からウロコ」でした。それは企画書の3要素と、作成における7つのステップです。

3要素は、①課題発見→②基本戦略→③解決策展開、この流れのことです。7つのステップは、①現状分析→②問題点と課題→③目的の明確化→④対象を設定→⑤解決手段→⑥実施方法→⑦コストと効果、以上の順番です。

また企画書は次のようなことが求められます。シンプル、美しさ、起承転結、明確性、一貫性、論理性、ドラマチック、説得力、などなど・・・それらのことをA4・1枚で表現する訳ですから、そこに描かれたものは相当深く練り上げられています。

富田講師は最後に、「大事なことは常に問題意識を持つこと。好奇心が旺盛であること」と言われました。現在68歳、自らも実戦で企画書を作成し、若い人たちを養成し、講演で全国を回り、多くの指導書の発刊を続けておられる・・・企画書についての勉強に加え、「経営者の生き方」も同時に学ばさせていただきました。

|

« 意見を言える社風に! | トップページ | 社員像の変化 »

コメント

まさか講師さんからコメントが届くとは・・・驚きました!どうもありがとうございます。

先日の勉強会は本当に良かったです。当社の参加者の日報には、全員が「いい勉強会だった」という感想が載っていました。

今後、社内の企画書のルール化から始め、次にお客様への提案書のレベルアップに取り組む予定です。

これからもどうかよろしくお願いいたします。富田先生の更なるご活躍をご祈念申し上げます。

投稿: 黒田です | 2009年4月20日 (月) 09時10分

「究極の企画書づくり」講師の富田眞司です。17名様も参加賜り、ありがとうございます。

70名予定だったものが、150名になり、沢山の受講生が参加されたこと、企画書づくりの重要性を痛感しました。

講演の内容もお役に立てそうで嬉しく存じます。

御社のますますのご繁栄を願っています。

投稿: 富田眞司 | 2009年4月19日 (日) 19時10分

この記事へのコメントは終了しました。

« 意見を言える社風に! | トップページ | 社員像の変化 »