« 明日から9月 | トップページ | 建物における価値観の変化 »

2008年9月 6日 (土)

省エネプロジェクト

2ヵ月前、社内に「省エネプロジェクト」を立ち上げました。省エネルギーの技術を、一般建築向けに商品化するプロジェクトです。これまでに5回の会議を重ね、ようやくその骨格が決まってきました。

原油価格の高騰につれて、将来的に電気料金が上がっていきます。電気には、照明や機械などの生産用電力と、環境を整えるための冷暖房用電力があります。つまり1年を通して必要な電気と、主に夏や冬に多く使用する電気があるのです。実はその季節的電気が、かなりのウエートを占めている場合が多いのです。当社の省エネ技術は、その電力量を節約するものです。

以前にも書きましたが、日本の使用電力のピークは「真夏の日中」です。7月と8月の午後2時前後・・・そのために総発電能力が決まっています。時間でいえば「たったの20数時間」のことです。そのときの冷房に使用する電力量を下げるだけで、発電能力量を下げることができるのです。単純なことです。しかしとても意義あることです。

これからもプロジェクト会議を重ね、11月からダイレクトメールやホームページで、広くPRに取りかかる予定です。地球温暖化防止、働く人々の健康環境、クリーンな生産環境、電気料金の削減・・・「みんながよろこぶ提案事業」です。頑張ります。

|

« 明日から9月 | トップページ | 建物における価値観の変化 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。