« そうだったのか!現代史(2) | トップページ | 汚染米の問題について »

2008年9月12日 (金)

優良企業の視察研修

今週の火曜・水曜と、2日間かけて滋賀県と愛知県の優良企業4社の視察研修に参加してきました。以前から加盟している「建設業支援ネットワーククラブ」の主催です。4社とも同じ会の会員企業さんです。

滋賀県の1社は西和不動産販売㈱さん・・・大津市のベッドタウン地域を中心に、大規模なコンセプトタウンを宅地分譲し、同時に建築も請け負う方式をとっておられます。もう1社はびわこホーム㈱さん・・・宅地販売と住宅請負を事業に、甲賀、湖南、蒲生エリアに絞っておられます。ただそのエリアにおいては、住宅着工戸数が5年連続第1位で、名実ともに地域No.1企業です。

愛知県の1社は水谷工業㈱さん・・・あと施工アンカー工事を東海地区を中心にご活躍です。取引の会社はスーパーゼネコンから200社に及びます。現在は耐震補強工事が増えているとのことです。もう1社は㈱安江工務店さん・・・天白区、千種区、中村区、緑区で4店舗を構え、リフォーム工事を中心に事業をされてます。年商2億円だったリフォーム部門を、8年間でなんと18億円に伸ばされました。

4社の方々に共通していることがたくさんありました。「自己資本を着実に伸ばしている。明確な経営理念をもっている。夢のあるビジョンに向かっている。社長が熱く燃えている。社員さんが明るく元気。全社員が勉強している」・・・などです。さらに、自社の強い部分に経営資源を集中し、そこを徹底的に深めて、お客様への限りない満足を追求されてます。そして少しずつ着実に、事業の巾を広げておられます。他社でもできることには手を出さない・・・そんな姿勢が伺えました。

世の中の勝負のほとんどが、戦う前からすでに勝負はついている・・・そんなものだと思います。オリンピックでメダルをねらう勝負などは特別で、高いレベルにある者同士が競うからこそ、ドラマや感動があるんですね。しかしこと経営においては、「勝てる勝負を重ねるところに永続的発展がある」・・・それが本質だと思います。大企業がまさにそれであり、この4社にも共通していることです。

2日間の視察研修では、本当に多くの学びがありました。当社も更なる前進に励んでいきます。まだまだこれからです。

|

« そうだったのか!現代史(2) | トップページ | 汚染米の問題について »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。