« お盆明け~秋の気配 | トップページ | 明日から9月 »

2008年8月25日 (月)

北京オリンピック・閉会式

開会式から数えて17日間、長かった「北京オリンピック」も昨夜の閉会式をもって幕を下ろしました。1日に1回以上はテレビを点けて、新聞に目を通す毎日でした。一夜が明けてしまうと「少し寂しい~」ような心もちです。

閉会式は夜の9時から始まりました。開会式は最後まで見れなかったのですが、今度は11時の終了までしっかり拝見しました。総監督のチャン・イーモウ氏・・・やはり凄いですね!~開会式以上の感動を覚えました。まるで2時間の映画を観ているような気分でした。オリンピックはドラマの連続・・・競技を終えた選手たちの顔、顔、顔・・・閉会式は数々のドラマの終焉を飾るもの・・・だからでしょうか?

中国の歴史や紹介が入った開会式とは違い、「想い出の17日間」をテーマに、素晴らしい演出が続きました。すべての人間がもっている情熱、感動、涙、そして愛・・・国や人種が違っても、また何千年という時間(とき)を経ても・・・人が感動する美しさは、みんなに等しく、また変わらないもの・・・人、光、色、音を使って、壮大に創り上げられていました。

NHKのナレーションの中で、心に残った一節がありました。「オリンピック選手の本質は『自分に勝つ』ことにある。順位やメダルは結果であって最終目標ではない。競技を通して自分に打ち勝つことができたか?・・・それが大事なのである」と。近代オリンピック創始者の言葉だそうです。

閉会式の場では珍しく、ボランティアの代表の方々も登場されました。今回の大成功は競技の中だけではありませんでした。30万人を超えるといわれるボランティア~その方々の対応の素晴らしさを、何度か目や耳にしました。さすが中国!・・・オリンピックの成功に向けて、国民が一丸となって頑張ってこられた姿にも、少なからぬ感動を覚えました。

同じアジアの仲間として、これからの中国に大いに期待いたします。それから最後に・・・「オリンピックの大成功~おめでとうございます!」・・・心から大きな拍手を贈ります!

PS.いつも不思議に思うのですが、どうして閉会式の前に帰ってしまう選手が多いのでしょうか?それぞれに最後の瞬間を感慨深く味わうのも、いいことだと思うのですが・・・

|

« お盆明け~秋の気配 | トップページ | 明日から9月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お盆明け~秋の気配 | トップページ | 明日から9月 »