« 梅雨明け~海の日 | トップページ | ふたつの試み »

2008年7月26日 (土)

ロードサインのリニューアル

金沢市にある「鉄筋コンクリート住宅・VOX」のモデルハウス、そこのロードサインをこの度リニューアルしました。これまでは「RC-Zの家」と書いてありました。「RC」とはReinforced Concrete(補強されたコンクリート)の略で、業界では鉄筋コンクリート構造のことRC造と呼んでいます。しかし一般的にわかりにくいということで、今回は素直に「鉄筋コンクリート」と書くことにしました。

次に悩んだのが、家の特徴を表わすキャッチコピーでした。「屋上のある家」、「静かな家」、「夏涼しく冬暖かい」など、たくさんの意見が出ました。「とにかく一目瞭然に・・・」ということで今回選んだのは、「最強の家」という言葉でした。地震、台風、水害、竜巻などの自然災害から、火事、車の衝突、放射能汚染・・・それらを考えて、最も強いことを表現しました。

新しいロードサインは、「鉄筋コンクリート・最強の家」という文字が目立っています。他にも長所はたくさんありますが、一番得意とするところだけを訴えました。先日この看板を見て訪れたお客様がおられました。「最も強い家という言葉に惹かれました」ということでした。「よかった!」・・・素直に嬉しかったです。

昔読んだ本に次のことが書いてありました。「一流を目指すには、『あれもできる。これもできる。何でもできる』というのはいけない。ただの器用貧乏になるだけだから。それよりも『自分はこれしかできない。しかしオレの真似は誰もできない』・・・それぐらい『道』を極めた人が、一流になれる・・・」と。人と家は違うかもしれませんが、その意味では当社の「VOX」も一流です。自信をもって頑張ります。

|

« 梅雨明け~海の日 | トップページ | ふたつの試み »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。