« 食品工場の改造 | トップページ | サザンの活動中止 »

2008年5月18日 (日)

そ・わ・か

とてもおもしろい本があります。著者は小林正観氏、タイトルは「そ・わ・かの法則」です。「そ」とは「掃除」、「わ」は「笑い」、「か」は「感謝」という意味です。著者は「大宇宙の神はこの3つを続ける人間を応援する」と書いておられます。

「掃除」をすることで「身のまわり」だけでなく、「見た目」や「心」も美しくなる・・・「笑い」は「受け入れる」ということで、笑顔や笑い声は「肯定的で明るい人」・・・「感謝」は「ありがとう」の言葉、その語源は「有り難し」、あり得ないことが起きた・・・それが「神への感謝」に通ずるそうです。

挨拶や礼儀は「形から入って心に至る」と言われます。著者は「そわか」の3つを、形から入るように勧めています。掃除の実践について「トイレを使った後は必ず綺麗にする」。笑いにおいては「おかしくて笑う」のは初級者、「おかしくなくても周りが笑うから笑う」のは中級者、究極は「とりあえず笑う」・・・おかしいでしょう?そして最後は「ありがとう」を2万5千回、声に出して言います。すると、とめどなく大量の涙があふれてくる・・・「優しい心」の現れなんだそうです。

本のくだりです。~ある末期ガンの女性がおられました。彼女は1日千回、100日で10万回の「ありがとう」を言う決意をしました。30日ほどして(3万回)、つかまり立ちだったのがちゃんと歩けるようになりました。2ヵ月後(6万回)には近所の方から「元気そう、顔色がいい」と言われました。3ヶ月経った頃(9万回)には体重が増え顔もふっくらとしてきました。そして10万回を超えて病院に行ったところ、ガン細胞が全身から消えていました~

世の中には不思議な事が起こるんですね。人間ゆえ弱気にもなりますが、心のもち方ひとつで大きく変わるものです。まして企業のトップである私は、常に誰よりも元気でありたいものです。今、「そ・わ・かの法則」をひそかに実践しております。

|

« 食品工場の改造 | トップページ | サザンの活動中止 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。