« 「筍」掘り | トップページ | 青春 »

2008年5月16日 (金)

宮崎研修

今月上旬、東国原知事で話題の多い宮崎県へ行ってきました。ユーミーマンション加盟社の中で今最も活躍されている、宮崎県の神崎建設工業さんから指導を受けてきた次第です。神崎社長さんは現在66歳、48歳で会社を興されて18年、まことに素晴らしい経営をされておられます。

松下幸之助氏の経営哲学のふたつをしっかりと実践されてました。ひとつは「中小企業が大企業に勝つ方法はひとつ・・・間口を狭めて奥行きを広げる」、そしてもうひとつが「お客様の要求にしっかり応えれば報酬は必ず付いてくる」というものです。マンション経営の提案事業1本に絞り、徹底して高い入居率を維持されておられます。それでお客様からの信頼はもとより、地域からの人気がとても高い訳です。

当社のユーミーマンションも現在では100棟を超えました。目指すべき答えは「高い入居率」です。ユーミーマンションとアパマンショップのスタッフ全員が目指すものは、ただひとつ・・・「どうしたら入居者様により気に入ってもらえるか?」・・・営業、工事、総務とかの立場は関係ありません。羅針盤が示す方向は同じです。

帰りに立ち寄った宮崎県庁横の物産館は、このゴールデンウィークに過去最高の来場を記録したそうです。東国原知事の大きなパワーもいただいて・・・さぁ~クロダハウス丸~北極星に向かって「全速前進!」

|

« 「筍」掘り | トップページ | 青春 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。