« ランチェスター講演会 | トップページ | てっぺん講演会(その2) »

2008年4月18日 (金)

てっぺん講演会(その1)

居酒屋「てっぺん」、創業社長の大嶋啓介氏の講演会に行ってきました。「どうすれば人は輝くのか!~人が輝けば、店が輝く、輝いている店には人が集まる~」というテーマでした。感動的なオープニング映像から元気な講演へと~「熱い2時間」が始まりました。

映像では、まず「居酒屋てっぺん」の朝礼風景が映し出されました。スタッフ全員が若いです。声が半端でなく大きくて、みんな元気です。彼らの笑顔と目の輝きに圧倒されました。その後、お店で問題が起きる場面、ハワイの研修旅行で夢を語る場面、店長を決定する立候補のプレゼンテーション・・・などなど、本気、チームワーク、涙、感動が伝わってきました。

大嶋啓介氏は三重県生まれの34歳です。若い頃から名古屋で、ある居酒屋の店長をしていました。24歳のときに、食べたものはいつも吐いてしまい、39度の熱が3週間続き、ついでにイボ痔まで・・・それからの半年間は「ひきこもり」になっていったそうです。うつ病でした。店舗をまとめられず、スタッフから裏切られ、自信喪失・・・生まれて初めて孤独を感じ「生きていたくない」という状態でした。

あるきっかけで可能思考研修に参加されました。そこから彼の人生が一変しました。「それまでは、自分が欲しいものは自信や勇気だと思っていた。でも本当に欲しいものは仲間だった。熱く燃える仲間・・・それまで大人社会には熱いチームはできないと思っていた。熱い仲間が集まる『日本一のチーム』をつくりたい!よし、オレはつくる!その時決心した!」~とのことです。それからいよいよ「日本一元気な居酒屋・てっぺん」がスタートしていきました。

私があることで悩んでいたとき、「ものすごく素晴らしい講演会がある!」と友人が今回の情報をくれました。待ち望んでいた大嶋啓介氏との出会い・・・2時間がずっと笑顔で、ずっと元気に輝いている・・・じっくりと観察させていただきました。そして私自身に大きな感動と強いエネルギーを与えてくれました。「クロダハウスを熱いチームに!」・・・新しいテーマができました。

|

« ランチェスター講演会 | トップページ | てっぺん講演会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ランチェスター講演会 | トップページ | てっぺん講演会(その2) »