« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月28日 (日)

立山黒部アルペンルート

今月の中旬、生まれて初めて「立山黒部アルペンルート」に行きました。小学校のとき映画「黒部の太陽」を観て、20代で宇奈月のトロッコ電車に乗り、30代になって立山登山をしました。途中の一ノ越から眼下に「黒部ダム」を見下ろしました。そして50歳になった今、初めて関電トンネルを抜けて、黒部ダムの上を歩きました。なんともいえない感動を覚えました。

長野県大町の扇沢(標高1433m)からトロリーバスが関電トンネル(6.1km)を走ります。難関を極めた「大破砕帯」(80メートル)の部分は照明の色を変えてありました。私が生まれる前年(昭和31年)に着工し、1年10ヶ月をかけてようやく完成した偉大なトンネル・・・バスはたったの16分で走りぬけました。バスを降りたところの売店で、小説「黒部の太陽」(木本正次著)、工事記録の付いたアルペンルート・パンフレット、そしてNHKプロジェクトXの番組DVD「シリーズ黒四ダム」を買い求めました。

売店を抜けると目の前に「黒部ダム」(標高1470m)が現れました。「でかい!」、そして「こんな険しいところに・・・」というのが第一印象でした。高さ186メートル(50階建てビルよりも高い)、長さ492メートル、立山連峰と後立山連峰に挟まれた大渓谷・・・自分が保育園に通っている頃に、よくこんなにばかでかいダムを創ったものだ・・・と感心させられました。

黒部ダムからケーブルカーに乗り換え「黒部平」(標高1828m)に着きました。紅葉真っ盛りです。あいにく霧のため、壮大な北アルプスの絶景は見れませんでした。そこから立山ロープウェイに乗り換え次の大観峰へ。1.7kmもの距離を、支柱を使わずワイヤーだけで吊った、珍しいワンスパンロープウェイです。「大観峰」(標高2316m)に到着すると、そこは雨が降っていました。視界がきわめて悪くとても残念な想いでした。

そこから立山トンネル(3.6km)をトロリーバスで抜けると立山の室堂です。立山連峰・雄山(3003m)の真下を貫くトンネル、厳しい気象条件と数ヶ所に及ぶ断層破砕帯、その難関を3年半の歳月をかけて、昭和44年に完成したそうです。標高2450mの室堂に着くとそこは一面の雪景色・・・こんなに早い初雪も生まれて初めての経験でした。

買ってきた小説は読み終わりました。DVDも観ました。資料にもすべて目を通しました。「たくさんの男たちが命を賭けて挑んだ壮絶な大事業!」・・・次には、そのことを書きたいと思います。

| | コメント (0)

2007年10月24日 (水)

愛用品その3:手帳

システム手帳を使い出してから約20年経ちます。世間で最も多く使われているサイズです。スケジュール管理、カレンダー、記録、メモ書き、その他様々に・・・システム手帳って本当に便利ですよね。

最初のうちは手で抱える分厚いものを持ち歩いていました。それがどうも不都合なので、約10年前からスーツのポケットに入る薄型に変えました。薄型と言っても、ポケットにやっと入る大きさと結構重いことが難点でした。スーツの形がくずれるとも言われました。でも便利さには変えられないのでずっと使ってきました。

昨日大阪の東急ハンズに立ち寄ったところ、今のものよりひと回り小さく薄くなった手帳を見つけました。重さも半分近く軽いのです。手触りもすこぶる良いです。もちろんさっそく買いました。ダヴィンチ製です。スーツのポケットにすんなり入り、重さを感じさせないところがとても嬉しいですね。

中身の使い方は、15年くらい試して現在の形になりました。見開きの1年カレンダー、見開き1週間スケジュールは4ヶ月分(過去は1ヶ月、予定は3ヶ月)、横掛ノート数枚、自己流テキスト数枚です。スケジュールとノートは週に一度取り替えます。週間スケジュールは、横に1週間(月~日)が並び、縦は1日が30分刻みになっています。今の形は結構気に入ってます。とても重宝しています。

IT時代の現代、携帯にもパソコンにも同じ機能があります。それでもやはり手帳が便利です。なんといっても「すぐに見れる。すぐに書ける」からです。スケジュールを聞かれたときは、すぐに答えることができます。なにか思いついたり、いい話を聞いたときのメモは10秒かかりません。書き込みも4色なので探すのも早いです。

考えてみると、手帳は1日に数十回手に取っています。なるほど財布や名刺ケースよりも愛着があります。人生を管理してくれるパートナーとして、これからもしっかり愛用していきます。

| | コメント (0)

2007年10月23日 (火)

当社製エコバッグ

エコプロジェクトチームが環境への取り組みとして「エコバッグ」を考案しました。3ヶ月間かけて検討・制作して参りました。そしていよいよ今月1日にそれが完成しました。

四角い財布の形をしています。当社のエコマークも印刷されています。そのファスナーを開くと、中から布地が出てきて、買い物バッグに変身します。カバーの部分はちょうどバッグの底板になります。そして布地の中央にもエコマークが印刷されています。「なかなかいいものになった」・・・我ながら感心しております。

今回はまず1000個作りました。社員は全員がひとつづつ受け取りました。これからの買い物はエコバッグで・・・となってほしいと思います。また各部署ではイベントなどのプレゼントに使っているようです。お客様の感想はどんなものでしょうか?

今後、このバッグに対して思わぬ反響が出て、追加注文の要望が出てくれれば本望ですが・・・さて、いかがなものでしょうか?もし関心がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

| | コメント (0)

2007年10月22日 (月)

ユーミーオーナー会旅行

土曜日・日曜日と「ユーミーオーナー会」の旅行に行ってきました。ユーミーマンションのオーナー様でつくる会、毎年恒例のバス旅行です。今回の開催で通算8度目になります。私は2年ぶり6回目の参加でした。

今年のコースは、久能山東照宮(静岡)~富士国際花園~鐘山温泉(泊)~河口湖~武田神社~風林火山博(甲府)・・・です。私にはすべての場所が初めてで、武田信玄を訪ねる旅とあって大きな期待のうちに福井を出発しました。

現地は2日間ともよく晴れ渡り、静岡から河口湖までの間、富士山が姿を変えながら、ずっとその雄大さを私たちに魅せてくれました。途中に話題の樹海も通り、その神秘さが印象的でした。そしてなんといっても圧巻は、露天風呂から眺める夕暮れの富士山でした。日本の象徴「富士山」・・・ここに住んで毎日見ても飽きないだろう・・・そんな想いがしました。

オーナー様はみんないい方でとても仲良しです。バスの中も観光地も宴会も、いつもとても賑やかです。お客様との旅行ですが、今回も皆さん以上に楽しませていただきました。さて来年はどこに行けるでしょうか?・・・もう今から楽しみであります。

| | コメント (0)

2007年10月17日 (水)

省エネビル(クリーンルーム)が完成

6月から取り掛かっていた「省エネビル・クリーンルーム」(精密機械生産工場)がこの度完成しました。そして本日、当社事業部のスタッフ全員と「建築の最終検査」を行いました。建物に入った瞬間から、高性能建築特有のやわらかい空気に包まれました。

検査では、通常行なう構造面と機能面に加え、「省エネ建築」の命である「気密性・断熱性」について、特に念入りに点検しました。窓、ドア、壁、天井、配線ボックス、照明器具、配管まわりの隙間をくまなくチェック・・・そして壁や天井の断熱材の状況もすべて確認していきました。一部手直しはありましたが、まずまずの出来栄えでした。性能面においても計算値の数字は十分期待できるはずです。

建物のお引渡しは今週末です。来週から機械の配置に取り掛かり、その翌週からいよいよ稼動されるそうです。当社としても毎月、温度と湿度を計測し、データーをチェックしていきます。真冬に入って出てくる数値と、そこで働く社員さんの感想が、今からとても楽しみです。

| | コメント (0)

2007年10月15日 (月)

私の愛用品(その2)

8月に「携帯用マグカップ」の記事を書きましたが、もうひとつの「愛用品」を紹介させていただきます。ゼブラ・シャープペン付4色ボールペン「Clip-on multi」・・・定価500円と1000円があります。

4色ボールペンは20年前から使っています。黒・赤・青・緑・・・レポートや手帳をそれぞれの色で書き分けています。ある人が「カラフルなペンを使うと想像力がつく」と言ってましたが・・・(^^ゞ ただ昔は、緑のインクの伸びが悪い、ペン先口のプラスチックが割れやすい、引っ掛け部分が折れやすい・・・といったことがありました。その都度、ゼブラ、三菱、ペンテルなどを買い替えてきました。今回のものまでは三菱製が気に入って、かなり長く使っていました。

シャープペンは別に持っていましたが、いつも身体に・・・とはいかず、必要になるとよく人に借りていました。そしておととしでしたか?・・・ついにゼブラが「シャープペン付4色ボールペン」(500円)を出してくれました!\(^o^)/ 本当に感謝・感激でした!使っていて嬉しくなります。シャープペンは「あればよく使う」ものですね。またどの色もインクの伸びが抜群です。

そして先週、少し高級感のある1000円ペンを見つけました。本体色がブルーメタリックを買いました。ちょっと重めで書きやすそうです。「お客のニーズに応える商品」・・・ゼブラさんは素晴らしい会社です。

| | コメント (2)

2007年10月13日 (土)

ホームページ・プロジェクト

昨日「第1回ホームページプロジェクト」を開催しました。コンサルタント会社から2名おいでいただき、当社からは総勢15名の参加となりました。4時間のプロジェクト会議です。メンバーは事前に「最近のWEBについて」の説明を受けたので、最初から具体的な内容でスタートしました。

前半は、今のホームページの問題点と新しい方向性について討議しました。後半は、各事業部の商品別に「お客様のニーズや期待」について話し合いました。後半については早く完成する事業部と、時間のかかる事業部に分かれました。そこで新しいページは段階を踏んでいき、商品ごとにアップしていくことになりました。

新しいホームページの特徴は「WEB2.0」に即したもの、そして時代に対応できるような自在型になることです。世の中の皆様に、「当社」と「商品」をよりわかりやすく、より正確にお伝えできますよう努力してまいります。

| | コメント (0)

クロダ文庫開設

20代の頃から読んできた本が相当溜まり、自宅や会社に仕舞ってありました。この度、本社に本棚を設置してもらい、すべてをその中に整理しました。素晴らしい本もたくさんあります。それらが眠ることなく、少しでも社員さんに触れていただければ幸いです。

以前に、かの有名な松下電器産業の3代目社長「山下俊彦氏」の記事を読んだことがあります。山下氏の若い頃は、給料の半分を飲み代に使い、残りの半分を本代にあてていたそうです(・・・ということはすべて使ってしまってたのでしょうか?)。それだけ本を読んだ・・・ということなんでしょうね。

あくまでも私の考えですが、本によって「知性」が高まると思います。またお酒の場は人間社会そのもの・・・そこでは「感性」が十分に磨かれたことでしょう。経営者にとって「知性」と「感性」はどちらも重要だと言われます。山下氏は若いうちから両方とも磨いていた・・・やはり並の人間ではないですね。

私は通常月に4~5冊ペースです。歴史小説、ドキュメント、ビジネス書が多いです。本はベッドの横にあって、寝る前に必ず目を通します。たいていが入浴後です。日常を離れて・・・ひとときの旅行??・・・そんな感じがします。読んでいるうちに眠くなりそのまま寝ます。私の「幸せな時間」です。

| | コメント (0)

2007年10月12日 (金)

小さな会社

最近、ある中小企業コンサルタントが書かれた「小さな会社の○○ルール」という本を、シリーズで読みました。私は経営に専念して10年以上経ってますが、「目からウロコ」の部分が多く、大いに反省させられました。

その1例です。『地域・業種・商品・用途・価格帯・・・などを絞って絞って、そして「小さなナンバーワンをつくれ!」・・・その理由は「日本で1番高い山は?」と聞かれて誰もが「富士山」と答える。しかし「2番目に高い山は?」と聞かれると答えれる人はほとんどいない(事実私も知りませんでした)。世の中はそのようなものだ』と書いてありました。

もうひとつの例です。『商売をやるなら人口の多いところがいい、営業範囲は広くした方がいい・・・というのは間違っている。大企業が狙わない田舎が絶対にいい。エリアはできるだけ狭くしてサービスを最大限に高める・・・』ということです。その点で考えると北陸の地域は理想かもしれません。

当社の現在の規模は社員数100名、売上高約40億円です。事業部制をしいていますので、各部署はまさに「小さな会社」です。今後幹部を中心に勉強を重ね、ぜひ「小さな理想の会社」を創り上げ、それから大きく育てていきたいと思います。

| | コメント (0)

2007年10月11日 (木)

社員さんの特技

秋の個人面談を通して、ある社員さんに素晴らしい特技があることを初めて知りました。そのとき「特技が個人にとどまることなく会社全体に貢献できれば・・・」と考えました。さっそく幹部会議に提案したところ、全員の賛同を得ることができました。そしてこのたび全員対象に「特技調査」に入ることになりました。

人には意外な特技があるものですね。また知らないだけで、それぞれいろんな経験をされてるはずです。大変な苦労をされた人もいるかもしれません。100人の社員がいる・・・と考えると、当社の「潜在能力」はとてつもなく大きい・・・そのように感じます。

個々人の能力を広く発揮していただく・・・決して本人の負担になってはいけませんが、「やりがい」や「生きがい」になるとすれば、まさに経営の理想です。実戦だけにとどまらず、「プロジェクトチーム」や「社内塾」という形もいいかと考えています。これから益々楽しみです。

| | コメント (2)

2007年10月10日 (水)

きれいな組織

私の組織に対する理想は「きれいな組織」です。できるだけ単純・明快がいいと思います。当社の組織は事業別に6つに分かれていて、それぞれに5人の担当役員がいる形になっています。それで役員ひとりひとりの役割は明確であり、全員がそれぞれ重責を担っております。

そして役員のチームワークの良さが当社の誇りのひとつです。役員会の開催は月に1回~2回ですが、緊急の用件は即時に情報交換され、素早く決定が下されます。全員が高い理想を目指し、それぞれの持ち味をフルに発揮し、一致協力の精神で会社が動いています。

当社も部長や課長を含めた、いわゆる管理職組織が明確でない時期が過去にありました。現場の社員からみても「起きた問題を誰に相談したら良いか?・・・それがわからない!?」といった格好でした。人数が増えるとそのようなことが起こりがちですが、やはり組織は単純であるべきだと思います。

今後どれだけ社員数が増えていっても、「きれいな組織」であり続けたいと思います。管理職全員のベクトルが合い、常にコンセンサスをとり、より強固な組織にしていきます。そして企業の理想である「永続的発展」を目指します。

| | コメント (0)

2007年10月 6日 (土)

秋の個人面談:2007

今週は火曜日から今日まで、5日間かけて「秋の個人面談」を行いました。今回はこれまでよりも多少余裕を持ってできました。またそれぞれ現場の意見も聞けて大変有意義でした。

私の方からは「中小企業の環境は益々厳しくなってくる。どうか危機感をもって仕事に当たるように・・・」と話させていただきました。そして「部下や同僚とはより深く真剣にかかわっていって欲しい・・・」というお願いをしました。

先月ある「人事セミナー」を受講しました。講師の先生は授業の最後に作文を読まれました。ある小学校の女性教師の話でした。
~『5年生の担任をしたときに、どうしようもなく手に負えない男子生徒がいた。それで1年生からの記録を調べてみた。「1年生:明るく素直で勉強がよくでき将来が楽しみ・・・2年生:途中に母親が死にどんどん元気がなくなっていく・・・3年生:荒っぽい行動が目立ってくる」・・・次の日、先生はその生徒にやさしく語りかけた。「先生は放課後も学校で仕事をしているから、そばで一緒に勉強をしようか?」・・・少年は黙っていたがそれからは毎日先生のそばで勉強した。卒業式には元気な笑顔で卒業証書を見せに来た。・・・何年か経ったある日、その生徒から手紙が届いた。「○○高校に入学した」という内容であった。名門高校である。何年かして次の手紙が届いた。「大学の医学部に合格した」という。また何年かして「□□病院に就職。先生のような痛みのわかる医者になりたい」という。そして数年後に届いた手紙は「結婚式の招待状」であった。そこには「先生にはぜひ母の席に座ってほしい」と書かれてあった・・・』~
講師の先生は「これが最高の人事」・・・だと言いたかったはずです。

私の一生において果たして何人の人と出会えるでしょうか。まして共に苦労と喜びを分かち合える人は??・・・縁あってせっかく出会えた社員さんたちです。厳しい対応もよくありますが、できる限り「貴重な出会い」を大切にしていきたいと思います。

| | コメント (2)

2007年10月 2日 (火)

創立記念日:2007

昨日山代温泉において当社の「創立記念式典」を開催しました。社内イベントとしては最大のものです。今年の参加者数は95名とこれまでで最高になりました。

内容については例年と同じく、第1部は前期の事業報告と決算報告、第2部が今期の事業計画発表会、そして第3部は優良社員の表彰式へと続きました。毎年みんなのレベルが上がっています。驚きと感激をいただきました。

入浴タイムをはさんで・・・エコプロジェクトで決めた「マイ箸」を全員持参しての大宴会・・・そのことが話題になって、さっそく「ゆのくに旅館さん」のホームページに掲載されました。ちょっとしたことですがとても嬉しい気持ちです。宴会の司会進行は今年の新入社員が頑張ってくれました。例年以上の盛り上がりに大満足です。

いつものことですが昨夜もずいぶん飲み、思いっきり楽しまさせていただきました。宴会~2次会~3次会・・・とどまることを知りません。若いメンバーは本当に元気ですね。最後にお風呂に行った時間は12時を回っていました。どうもお疲れ様でした・・・(^_^)/~

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »