« 家族バス旅行:2007 | トップページ | 誕生日プレゼント »

2007年8月 5日 (日)

参院選から1週間

参議院選挙において、自民党の歴史的な惨敗から1週間が経ちました。敗因についてどこの機関も、年金記録不備問題、相次ぐ閣僚の失言やカネ問題、そしてこれらに対する首相の対応が政権不信を招いたと報道していました。安倍首相は選挙戦を通じて、それらの状況を十分認識したはずですが、この1週間がどうもふっつり来ないのは私だけでしょうか?

あくまでも私の所見ですが、小泉政権下でずっと勝ち進んできた自民党、そこに油断と慢心があったのではないかと感じます。選挙では敗北しましたが、安倍首相が続投することはいいと思います(誰かさんもおっしゃっていましたが、安倍さん自身が悪いことをした訳ではないのですから・・・)。ただ、民主党の行動の早さが目立つ中で、自民党の対応スピードと明確さに不信を抱くのです。

私たちの仕事においても「クレーム」はあります。大方の場合、クレームが起こった事実よりも、対応が遅かったり適切でなかったときに、どんどん状況が悪くなって大きな問題へと発展していくものです。そのような印象を感じている人も多いのではないでしょうか?

安倍さんには、間違いは間違いとして、これから正しいことを貫いていってほしいと思います。新内閣も今月下旬にはスタートするようですが、ぜひ「風林火山」を思わせるような「強くて安心できる組織」を運営されることに期待いたします。

|

« 家族バス旅行:2007 | トップページ | 誕生日プレゼント »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。