« ブランドについて | トップページ | 栗林忠道大将に学ぶ »

2007年4月23日 (月)

省エネビルのPR

スウェーデンハウス事業部の金沢オフィスは、いよいよ骨組みが建ち上がりました。国道8号線と北陸自動車道に面して、地上10メートルの高さに看板シートを張り出しました。シートには「省エネビル」を建設中ということと、当社も「チームマイナス6%」を支援していることを明示しています。

世の中の方々に「環境貢献」を披露した以上は、会社の行動すべてがしっかりしていかなければなりません。当社のエコプロジェクトも本日の会議は、省エネルギーに向けて、行動計画の段階に入ります。目標は「人」の意識と「建物」の性能、それらを限りなく向上させることです。「着眼大局・着手小局」・・・これから小局をどんどん広げていきたいと思います。

|

« ブランドについて | トップページ | 栗林忠道大将に学ぶ »

コメント

扱っている商品が「省エネ」であれば、販売も設計も工事もメンテナンスも、すべて関連してきます。そして本人の行動も環境を考えていれば、すべての活動自体が「チームマイナス6%」への参画だと考えます。どんどん広げていきたいと思います。

投稿: 石田さんへ | 2007年4月30日 (月) 14時43分

社会的コマーシャルを目指して、「チームマイナス6パーセント」に参画している企業はたくさんありますよね。
正直「うんざり」ですよね。
ただ、そんな会社でも企業規模が大きかったりすると、それも肯定されています。
大変なジレンマを感じてしまいます。
御社は、中身で勝負できるので、本物ですよね。
社長の思いが、各営業マンにも浸透すると、「国士無双」ですね(笑)。ともすると、社長の熱さだけが先行して、真髄が伝わっていないケースもありますからね。
えらそうなことを書きまして、大変申しわけありません。
しかしながら、御社の商品力には毎日舌を巻いています。
できる限りの協力ができれば・・・と、未熟ながらに感じてしまいます。
これからもよろしくお願いします。

投稿: 石田 | 2007年4月23日 (月) 22時56分

この記事へのコメントは終了しました。

« ブランドについて | トップページ | 栗林忠道大将に学ぶ »