« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

古い家屋の省エネ

ある知り合いの家のリフォームを頼まれました。その家は100坪近くある家です。家族は年配のご夫婦二人だけです。「生活に必要な部分だけを暖かくして欲しい」とのことでした。多角的に考えて、いくつかの方法を提案する予定です。

気密性と断熱性を高めて暖かい家にすると、当たり前ですが身体が冷えなくなります。冷えをなくすことが健康に最もいいことです。また身体が冷えないとストレスも減り、すべての面でどんどん健康に繋がって行きます。それから省エネです。現在使っている灯油を電気に変えても、エネルギーコストは小さくなるでしょう。

考えてみると昔の日本は家族が多かったものです。私が幼少の頃、一時、家には13人も住んでいました。100坪以上ある伝統工法の家です。木と土と紙で造った純日本家屋です。それでも人数が多いので、冬でも寒く感じなかった・・・夏は戸や窓をすべて開けっぱなして・・・夜は蚊帳の中に寝て・・・今では懐かしい思い出です。

世の中が少子化で人口は増えませんが、唯一「世帯数」は大幅に伸びています。これからも更に増える傾向にあります。当社の新築住宅の平均床面積は40坪以下です。2人、3人、4人家族がほとんどで、ご主人のご両親同居は珍しいです。完全2世帯住宅は今後増えてくると思われますが。

古くなった大きな家、壊すばかりが能でありません。どのように再生してうまく利用していくか?とても大きなニーズであり、大切な事業であると考えます。プロとして一流を目指します。

| | コメント (2)

2007年4月29日 (日)

社員さんの家

当社スウェーデンハウス事業部の社員さんの自宅が完成し、昨日その「引渡式」に参加させていただきました。もちろんスウェーデンハウスです。ご本人が考えに考え抜いたのでしょう・・・ものすごく素敵な「家」でした。隅々まで妥協せずに設計し、屋外までしっかりと凝ってありました。「さすがだ!」と思わず賞賛しました。

当社の社員が家を建てる場合、他の会社に依頼する人はまずいないでしょう。リフォームや修繕も同じだと思います。大変ありがたいことです。ただここで大事なことがあります。それは「建物と組織関係は別の次元で考えなければならない」ということです。一般のお客様とまったく同等の「満足」を提供できなければなりません。これから始まるアフターケアについても同じです。決して会社の「甘え」は許されません。

社員さんのご家族が、当社の商品と社員の対応に、しっかり「満足」していただけたなら・・・仕事への理解がご家族の「誇り」へと変わっていくはずです。そしてより熱烈なファンになっていただけることでしょう。今後も社員さんの関係から「クロダハウスの一流建築」がどんどん広がっていく・・・私のなによりの大きな喜びです。

| | コメント (2)

ユーミーマンション10周年まで、あと20日です。

来たる5月18日、福井で開催する「ユーミーマンション事業10周年」、昨年の秋から打ち合わせを開始し、それから準備を重ねてきて、あっという間に7ヶ月が過ぎました。本番まであと20日です。

これまでの10年間、お世話になった方々へ「感謝」をさせていただく、この節目に今一度「初志」に立ち返る、そして未来の10年に向けて地域の方々に更に「貢献」する、この3つをテーマに準備をしてきました。計画的に進めてきましたが、やはり想像以上に多くの仕事がありました。

準備をしていくと懐かしい思い出がよみがえってきます。事業を始めた頃はひたすら無我夢中でやってきて・・・マンションを1棟づつ大事に完成させてきて・・・入居者の管理も始めて・・・そうこうして福井県で100棟近くを数えるようになりました。まさに責任重大です。

おかげさまでこの10年、マンションオーナー様や入居者様から、たくさんの声を聞いてきました。未来に向けて、皆様方の期待に応える企業になれるよう、全社員が真摯に「10周年」を開催いたします。関係者の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2007年4月24日 (火)

栗林忠道大将に学ぶ

昨年末に当時話題になっていた「硫黄島からの手紙(クリント・イーストウッド監督、渡辺謙主演)」を観ました。15年前に山岡荘八氏の「小説・太平洋戦争・全9巻」を読んで、硫黄島の凄まじい攻防は知っていました。それで大いに期待していただけに、人間の心情表現が、割合あっさりしていて、多少残念な気持ちでした。アメリカ軍の硫黄島上陸が2月19日、そして終結が3月27日、トータル37日間の攻防です。限られた時間の映画ですべてを表すのは、確かに難しいこともわかります。

先日本屋さんで「硫黄島の死闘を指揮した名将・栗林忠道」を見つけたので、さっそく買って読みました。著者の柘植久慶氏は「まえがき」で、太平洋戦争に4人の名将を挙げておられます。「沖縄戦の牛島満中将と並ぶ名将が、この栗林大将である。二人に次いでシンガポール攻略の山下奉文大将と南京攻略の松井石根大将がいる」と。

栗林大将は陸軍士官学校を経て陸軍に入りました。37歳からの5年間、アメリカ留学~その後日本軍アメリカ在勤を経ました。硫黄島防衛の第109師団長を命じられたのは53歳のときです。彼は戦う前から、アメリカと日本の工業生産力の大きな差を、十分認識していました。武器生産量の圧倒的な格差、武器の性能の違いとその進歩の早さ(戦闘機が対空機銃では燃えない、戦車の鋼鉄の厚さは10倍違う、すべての銃が自動化されている)・・・などです。だから着任当初から「戦争は玉砕あるのみ。ただ日本兵より必ず多くのアメリカ兵を倒す。アメリカからの日本本土の空襲をできるだけ遅らせる」・・・与えられた任務はそれだけでした。異様な味の水、不十分な食料、疲れきった兵隊、兵器のレベル差、限られた量の弾薬・・・それらの資源を最大限に生かすことが最大の命題でした。安全な東京の大本営からは、「最後は大和魂で戦え!」・・・なんとも痛ましい限りです。

小さな硫黄島は400隻の軍艦に囲まれました。日本軍は海も空も敵に支配されています。アメリカの自由自在な攻撃が始まりました。敵将ホーランド・スミスは当初3日間で占領できると踏んでいたほどです。総延長18キロに及ぶ地下要塞でしたが、充分な時間も与えられず、不完全な状態で戦闘が始まりました。結果は日本軍の死傷21,000人に対し、アメリカ軍の死傷は28,000人、37日間の攻防・・・栗林大将の素晴らしい指揮の下、日本兵全員が死力を尽くして戦った「悲しくて偉大な記録」です。

30代のときにリーダーシップについて学びました。「リーダシップとは・・・与えられた環境の中で、集団を良い方向へ導く力である」と。本の中で何度も見受けられたのは、幹部の適切な人選、正確な情報収集、そして栗林大将の「すべての兵を思いやる姿」でした。「万歳突撃はするな。命を無駄にせず最後まで戦おう」という姿勢・・・人間・栗林の下に一致団結したのだと思います。組織が危機的状態に陥ったとき、どのように戦略を組み、いかに指揮をとるか・・・深く教えられた本でした。

| | コメント (2)

2007年4月23日 (月)

省エネビルのPR

スウェーデンハウス事業部の金沢オフィスは、いよいよ骨組みが建ち上がりました。国道8号線と北陸自動車道に面して、地上10メートルの高さに看板シートを張り出しました。シートには「省エネビル」を建設中ということと、当社も「チームマイナス6%」を支援していることを明示しています。

世の中の方々に「環境貢献」を披露した以上は、会社の行動すべてがしっかりしていかなければなりません。当社のエコプロジェクトも本日の会議は、省エネルギーに向けて、行動計画の段階に入ります。目標は「人」の意識と「建物」の性能、それらを限りなく向上させることです。「着眼大局・着手小局」・・・これから小局をどんどん広げていきたいと思います。

| | コメント (2)

2007年4月22日 (日)

ブランドについて

「ブランド」について調べてみました。「ブランド(Brand)」の語源は、「Burued(焼き印を押す)」という言葉から来ているそうです。「名称・サイン・シンボル・デザイン・またはその組み合わせ」を他のものと識別する・・・それが「ブランド」の言葉の定義だそうです。

具体的には、1.消費者が認識できるように明示する、2.他の商品との差異を明示する、3.消費者との約束を明確化する、4.商品・サービスに期待を託される、5.消費者の価値観を表現する、6.企業のアイデンティティを表現する・・・というものです。

結論として次のように書いてありました。「たくさんの顧客がそれぞれにもつ形にならない情緒や感情・・・それに訴えかける『魅力』がないとブランドは成立しない。ビジュアルなどのイメージも大事であるが、それ以上に企業が提供する商品・人・サービスなどに一貫した考え方が必要である。顧客に対して目に見えない『何か(魅力)』を創造することが重要である」と。

ブランディングとは、まず組織を挙げて、英知を結集し、時間とエネルギーをかけて、価値を産み出していくもの・・・お客様の賞賛と満足はあとからついてくる・・・とうことがよく理解できました。挑戦するに値ある、また人生を賭けれる仕事だと思いました。

| | コメント (0)

ブランディングとマーケティング

あるコンサルタントから「ブランディング」と「マーケティング」の違いを聞きました。「『ブランド』というものは、ある種、企業に強いポリシーがあり、ときにお客様と妥協しない信念をもつ。変わって『マーケティング』は、商品が大量に売れるように、顧客のニーズに合わせ、工夫と改善を重ねていく。よってこの二つは『似て非なるもの』である」と説明されました。

そのように考えると、日本のメジャーな商品はどうも「マーケティング」から生まれているものが多いように思われます。ヨーロッパの歴史あるブランドと言われる商品には、確かにそれぞれ独特のポリシーが感じられます。当社の「スウェーデンハウス」もその意味において、「ブランド」に当てはまる要素が十分にあります。

それでは鉄筋コンクリート住宅・RCZの家「VOX」はどうなのか?・・・「本物」だけがもつ美しさ、安心させてくれる包容力、年を経るごとに強くなる・・・そんな特質の家です。ブランドと言われて恥ずかしくない家です。これから「VOX」も同じように、私たちが正しいポリシーをもって「確かなブランド」に育てていこうと思います。

| | コメント (2)

2007年4月20日 (金)

本物の「外断熱の家」が金沢に登場します!

世界で一般的に言われる「外断熱構造」とは、構造体を蓄熱体で造り、外側を断熱材で囲う工法のことを指します。例えば石造やレンガ造、近年では鉄筋コンクリート造に外断熱を施す工法です。木造や鉄骨造メーカーで「外断熱」と謳っているところがありますが、正確には「外側断熱」または「外貼断熱」と言うべきです。ヨーロッパにおいて最先端の無暖房マンションは、すべて鉄筋コンクリート造の外断熱工法です。(ちなみにスウェーデンでの木造の無暖房住宅は内断熱が主流です)

当社の高性能鉄筋コンクリート住宅・RCZの家「VOX」は、内断熱と外断熱の2種類があります。事業を開始して2年、これまでに建築してきた住宅はすべて内断熱でした。そして今月、当社初の「RCZ外断熱の家」がいよいよ着工しました。9月下旬の完成を目指しています。

外断熱工法の長所は一日の温度変化が少なく、とても住み心地が良いことです。夏や冬のエネルギーコストも安くつきます。短所は内断熱に比べてコストが割高になる、外観のコンクリートの表情が隠れてしまう・・・などです。全国のRCZの家も内断熱が圧倒的に多いです。コンクリートの外観デザインの人気が高いからです。

しかし世界的視野で見ると、鉄筋コンクリート外断熱工法が、今最も注目されています。ヨーロッパのみならず、アメリカ・カナダ・中国においてです。地球環境への貢献を目指す当社としても、今後は「鉄筋コンクリート外断熱工法」の普及に大いに頑張りたいと思います。

| | コメント (1)

2007年4月17日 (火)

林 文子 氏

先月の日記に「営業教室」のことを書きました。ある日会社で「営業教室で使えるいい本がないかなぁ?」と相談すると、ある社員さんから林文子さんの本を紹介されました。タイトルは「一生懸命って素敵なこと」です。確かに営業マンにとてもいい本です。それよりも管理職者にはもっといいです。そして社長職に最もいいのでは?・・・書物では久々の大感動でした。それで続けて彼女の前作も読んでみました。タイトルは「失礼ながら、その売り方ではモノは売れません」・・・とても面白そうでしょう?

林文子さんの略歴は次の通りです。高校を卒業後大手企業数社でOLをしたが、望んでいた仕事に巡り合わず、31歳でホンダの営業の世界に入る。そしてすぐにトップセールスになる。41歳でBMW東京に転職、47歳で新宿支店長、52歳で中央支店長に就任。いずれも最優秀支店に育てる。53歳のときフォルクスワーゲン東京の社長にスカウトされ、4年で売り上げを倍増させる。57歳になってBMW東京に社長で呼ばれる。そして59歳でダイエーCEO(最高経営責任者)として誘われ、ダイエー再生に向けて現在奮闘中・・・以上です。ご主人や子供さんがいらっしゃる普通の女性なのに、凄いと思われませんか?

営業マンを16年、管理職を6年、社長職を7年・・・そう考えれば、広い立場の方々に影響力があるのは当然かもしれません。本で彼女は次のように書いておられます。まず営業マンとして、「おもてなし」の精神がトップセールスの原点、お客様を好きになること、最高の商談の演出、説明でなく「感動」を伝えること・・・などです。次に管理職として、営業は時間ではない、人を育てることの喜び、「報・連・相」は上司から・・・などです。最後に社長として、お客様と現場主義、部下に気持ちよく仕事をしてもらう、これからは女性が日本企業を元気にする・・・などです。他にも素晴らしいことばかりですが、まとめさせていただきました。

林さんは、営業に向いてる人「4つのポイント」を挙げておられます。①人にも物事にも好奇心旺盛、②目標数字をプレッシャーと感じず自分をレベルアップし喜びと感じれる、③チャレンジ精神、④明るくポジティブな性格、以上です。そして「営業は本当に素晴らしい仕事、若い人にもどんどん頑張ってほしい。若いときに厳しい山を登ってきた人は、より厳しい山に立ち向かうことができる」とこれからの人へのメッセージを書いておられました。

| | コメント (2)

2007年4月16日 (月)

加賀藩・前田家のご恩

先週金沢で開催された「北陸銀行創業130周年」に参加してきました。高木頭取の最初の挨拶で「北陸銀行が明治10年、金沢第十二国立銀行としてスタートし、その折に加賀藩前田家が資本金の70%を出資された」とのことでした。現在のお金で100億円相当の金額になるようです。当時の前田家当主が「旧加賀藩の家臣を含めた民たちを応援してほしい・・・」との願いを込めて出資されたそうです。加賀100万石地域の現在の成長・発展に「前田様のご恩」を欠かせないことを初めて知りました。

式典のお土産に、3月11日付けの北國新聞の切り抜きをいただきました。全紙面見開きで対談と北陸銀行の宣伝が載っています。対談は山出金沢市長・橘高岡市長・高木頭取・飛田北國新聞社長の4人です。「金沢と高岡に残る加賀藩の遺産を共に生かして、世界遺産登録を目指す」・・・また「北陸新幹線と東海北陸自動車道の開通、これからは県境を超えて、長野県・新潟県・岐阜県の一部を含め、500万人経済圏で地域の活性化を考える」という内容が書かれてあります。

以前から全国的な会合に参加すると「黒田さんは金沢ですか?金沢という名前は京都・横浜・神戸に並ぶブランド力を持っていますね」と言われます。金沢・高岡を中心とした加賀藩の歴史から、広域の500万人経済圏へと発展していく・・・当社がその中でいかに貢献できるか?新しい課題がまたひとつ生まれました。

| | コメント (0)

2007年4月15日 (日)

2008年卒業・学生面接

2008年春に卒業される学生さんの面接を先月から行ってきました。その中で私は2次面接担当です。先週までに24名の学生さんにお会いしました。インターネットや就職関係会社の普及でしょうか、学生さんが広い見識を持って就職を考えているという印象を受けました。また、技術系の学部であっても「営業職」を希望される方が増えているように感じました。その方々には、営業がもっている「創造性」や「クリエイティブな素晴らしさ」を強調して伝えました。

すべての方々に当社の印象をお聞きしました。ホームページ、会社説明会、1次面接・・・etc、それらを通じて、どのような印象をもたれましたか?・・・と。最も多かったのが「社長さんが会社説明会や面接に登場することに驚いた」ということでした。私はみなさんに次のように答えました。「みなさんは近い将来、会社を担っていきます。その方々にしっかりと会社と私を理解していただく、そして私と同じ志をもって頑張っていけるかどうか、十分に確認します。それ以上に社長として大事な仕事が他にあるでしょうか?・・・私はトップとして当たり前のことだと思います」と。

今月の下旬には内定者を決定します。学生さんからの意思決定は5月中にはいただけるでしょう。会社の姿勢、求人にかかわったメンバーの真剣さ、私の熱意・・・果たしてどれだけの「人生の共感」を得られるでしょうか???

| | コメント (0)

2007年4月11日 (水)

2007全社員集会を開催

一昨日、恒例の「全社員集会」を開催しました。今年は14名の新入社員が加わり、総勢88名の集会となりました。会場は去年に引き続き、山中温泉の「河鹿ロイヤル」です。支配人から「150名まで対応できますよ」と言われ、「ではあと4年はここでできますね」と答えたら、とても喜んでくれました。

87名を前にして演台に立つと、正装した男女、全員の視線を一斉に浴びます。「凛」とした緊張感が身体全体を走ります。みんなのパワーに負けないよう、より力を込めて挨拶をさせていただきました。

式典はまず、各事業部の中間報告、就業規則の改定部分の説明を終えて、次に進みます。中堅社員研修卒業表彰、新入社員自己紹介、昇格者発表、資格取得者発表、情報貢献発表、そして最後は式典のクライマックス、優秀営業社員表彰で幕を閉じました。厳粛な中にもエネルギーあふれる3時間でした。

14名の新入社員がステージに並んだ光景は見事なものです。彼らの2分間スピーチも迫力十分でした。昇格者のみなさんはその責任を重く受け留めてくれました。最後の優秀営業社員表彰は、今年は残念ながら3名と少なかったのです。しかし各々のレベルが高く、ステージでとても輝いて見えました。心から「おめでとうございます」の言葉を贈りました。

式典の後は第2部懇親会です。畳の大広間での宴会、式典以上に人数が多く感じました。「今夜は全員に注いで回れるかな??」・・・乾杯が終わって15分もすると、新入社員が一斉に動き出しました。それに負けじと先輩社員も・・・そして頃を見計らって私も・・・ひと通り回り終えたのと、「中閉めの挨拶」が同時でした。

第3部はカラオケタイムです。予想通り、若いメンバーのオンパレード・・・私も負けじと・・・朝になって騒ぎ過ぎたことを少し反省・・・十分楽しまさせていただきました。24時過ぎにお風呂に行くとひとりの新入社員に会いました。「これから部屋でみんなが集まります」と聞いて「エッ!」・・・凄まじいパワーを嬉しく想いつつ・・・私は眠りに入りました。

| | コメント (0)

2007年4月10日 (火)

第一回エコプロジェクト

昨日「第一回エコプロジェクト」が開催されました。参加メンバーは10名です。1回目なので、まずプロジェクトについての説明、その後各自から「エコ」に対する考え方を聞きました。そして最後にプロジェクトのシンボル「エコマーク」を披露しました。

2週間後に2回目のプロジェクトを開催することが決まりました。それまでに「全社員アンケート」をとることになりました。次回プロジェクトは勉強会と意見交換です。それらを続けることで具体的な行動が決まっていくでしょう。どんどん気運が上がっていくプロジェクトにしたいものです。

| | コメント (2)

2007年4月 8日 (日)

当社のエコマーク

当社の「エコマーク」が、ようやく完成に近づきました。加賀本社の6階屋上にそびえる看板塔が、その完成を待っていました。そして現在建設中の金沢ビルの屋上にも、そのマークを取り付ける予定です。

シンボルマークというものは、それ自体が会社の考え方を示すものでなければなりません。今回お願いしたデザイン会社は、見事に私たちのポリシーを理解してくれました。「人」と「環境」がとてもうまく表現されています。

これから当社が進む方向は・・・将来必ず「地球」のためになる・・・全社員が強い「使命感」をもって頑張っていきます。マークの公開は1ヶ月後です。

| | コメント (0)

2007年4月 4日 (水)

エコ・プロジェクトがスタート!

3月12日の記事で「地球温暖化」に対する日本の成果が出ていないことを書きました。当社も「チーム・マイナス6%」のチーム員として、会社を挙げて取り組まなければならないと考えていました。先日の幹部会議で検討した結果、いよいよクロダハウスに「エコ・プロジェクト」がスタートすることになりました。

プロジェクトリーダーには当社の橋本専務を任命しました。プロジェクトには2本の大きな柱があります。ひとつは全社員の意識教育です。社員から世の中へ広がっていくような体制を敷きたいと考えます。そしてもうひとつが、事業を通して温暖化対策に取り組むことです。現在行っている事業に、もう1歩踏み込んで、価値を加える検討を進めて行きます。

まずプロジェクトメンバーの勉強からスタートします。私自身も会議に参加し、一緒に勉強していきます。身近にすぐにできることから、本格的な省エネシステムの開発まで、幅広く取り組む予定です。「着眼大局・着手小局」・・・北陸の小さな一企業ですが、「志」は世界の視点に立っています。目標は2012年です!

| | コメント (0)

2007年4月 2日 (月)

世界特許RCZシステムの家「VOX」

鉄筋コンクリート住宅「VOX」を販売して約1年半経ちました。この家は、世界特許・RCZシステムを採用した「次世代コンクリート住宅」です。モデルハウスに来られる方のほとんどが「オープン当初から通りすがりによく見ていました」と言われます。十分に注目されてることを知り、とてもうれしく思います。その他に「住宅は木で造るものだとばかり思っていました。鉄筋コンクリートだと確かに凄いですね」と言われる方もいらっしゃいます。

私自身は大学で建築を学び、木の他に鉄やコンクリートにも、ずっと携わってきました。それで身近に思っていたのですが、一般消費者の方々には「住宅を鉄筋コンクリートで造る・・・」という発想がとても薄いことを知りました。また地域的に差があることも知りました。まず大都会では一般的です。九州や沖縄は台風の関係でかなり普及しています。北海道も寒さが厳しいためかなり身近です。私たちの住む北陸がもっとも縁遠いことを改めて知りました。「冷たい冬、蒸し暑い夏、日本一降水量が多い・・・などを考えると、北陸は日本で最も気象条件が厳しい」と私は思います。その意味で「北陸こそ鉄筋コンクリート住宅を!」という考えになります。

「鉄筋コンクリート構造」は建築技術の中で、唯一「モノコック構造」です。モノコックとは一体のことで、車のボディやアルミホイールがその構造です。つまり型を造って、その中に溶けた金属を流し込み、硬くなった後で型をはずして出来上がります。そうすることによって強度が格段に上がると同時に、すき間がないものを造れます。

最近、コンクリート板を組み合わせて造る某ハウスメーカーが、あたかも鉄筋コンクリート住宅のような表現をして売っていることがわかりました。工場で加工したコンクリート板を組み立てるのと、型枠と鉄筋を組んでその中にコンクリートを流し込むのとでは、まったく違うものが出来上がります。似て非なるものです。中に組んである鉄筋の太さがまったく違う、コンクリートの厚さも全然違います。ちなみに当社のRCZシステムの家「VOX」は壁がすべて18cm、屋根や床はすべて23cmです。お客様が誤解されてることを知り、最近はその違いをはっきりと説明しています。

先日「能登地震」が起こりました。「とにかく地震に強い家」とおっしゃる方もおいでます。安全性においては「これ以上のものない」鉄筋コンクリートです。地震、台風、洪水、津波、豪雪はよく言われますが、そのほかに火災もあります。すさまじい竜巻があります。北朝鮮からミサイルが飛んで来るかもしれません。原子力発電所の事故が起こるかもしれません。以上の事態が起こっても「絶対に安全な住宅」が鉄筋コンクリート構造です。

鉄筋コンクリート構造には二つの弱点がありました。ひとつはコストが高いこと、そしてもうひとつが結露の問題でした。世界特許・RCZシステムの発明によって、この弱点は見事克服されました。プレハブメーカー並みの価格帯、絶対に結露を起こさない断熱性能、「百聞は一見にしかず・・・」ぜひ当社モデルハウスで実際に体感していただきたいと思います。

| | コメント (2)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »