« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月25日 (日)

無駄について

世の中にはたくさんの無駄があります。企業は少しでも無駄をなくそうと必死で努力しています。私も会社経営をしながらいつも無駄を省くことを考えています。

無駄の中で最も大きいのは、組織内での「誤解」や「勘違い」だと思います。人間は(他人が自分をどのように思っているか・・)とても気になります。褒め言葉なら問題はないのですが、そうでない場合が多いようです。「誰々さんがあなたのこと、このように思ってるよ」などと聞けば、そのことがずっと気になるものです。更に口から口へ伝わる「うわさ話」などは、主観や尾ひれがついて、まったく違う内容になってたりします。

気迫十分に頑張らなければ勝てないビジネス社会、その中で意欲を削がれる「誤解」のなんと多いことか・・・円滑なコミュニケーションこそが、組織において最も大事なのことではないでしょうか?

近年のIT(情報技術)の発達のおかげで、正確で均質な情報伝達が可能になりました。私はコミュニケーションが多すぎることでのマイナスはないと考えます。だから・・・よくお話する人の方がいい、口下手でも大丈夫、メールもOK・・・100人の情報が正確に蔓延することを願っています。

| | コメント (0)

2:6:2の法則

動物の集団生活において「2:6:2の法則」があるそうです。例えば蟻の群れをよくよく観察すると、一生懸命働いている蟻が2割、その蟻についていっている蟻が6割、作業と反対に動いている蟻が2割・・・と見られるようです。

経営書などでは、会社組織も同じで、建設的に頑張っている人が2割、その人たちに引きづられる人が6割、批判的な人が2割・・・と書かれています。更に興味深いことは、批判的な2割の人だけで組織を編成すると、その中でまた「2:6:2」に分かれるというものです。

私は考えました。(・・批判的な人がゼロになることはない。しかし引きづられる人を減らすことは可能である。また建設的な人を増やすこともできる・・)と。

私の理想形は「5:4:1」です。二人にひとりが建設的人物です。ただし人間のことです。同じ人が時期、部署、役職によって、頭になったり真ん中になったりします。病気とか気分でも変わるものです。あくまで平均的バランスにおいて、この比率を目標にしたいと考えています。

| | コメント (0)

2007会社説明会

先日金沢で、今年2回目の「会社説明会」を開催しました。14名の学生さんが集まってくれました。1回目の反省点を生かして、より充実した内容になりました。進行もスムーズにいきました。私の持ち時間は25分です。

まず、初就職の会社の重要性から始まり、私の経営理念、ものごとの本質を観る考え方、誇りの持てる会社とは?、理想の社員像、コミュニケーションの大切さ、事業の目的と意義、商品に対する考え方・・で終わります。25分間これだけを一気にお話しますので、聞いておられる方はさぞかし大変かと思います。

私たちも真剣ですが、学生さんたちはもっと真剣でした。意欲がボンボン伝わってきました。次回は学生さんに負けないように、更にエネルギーを高めて語るつもりです。

| | コメント (0)

2007年2月21日 (水)

2006同期会

先週末、2006年春入社の新人さんの同期会を、初めて社長主催で行いました。メンバーは4人です。それぞれ富山・金沢・加賀・福井とバラバラなので、今まで4人揃ってゆっくり話したことがなかったそうです。もっと早い時期に段取りしてあげれば良かった・・・と反省しました。

4人は23歳がひとりと21歳が3人です。若い人たちに囲まれて楽しいひとときを過ごさせていただきました。とにかく皆さんよくしゃべりました。それから(とてもしっかりしてるなぁ)と感じました。自分が彼らの年齢のときもっと甘かったのでは??・・・それとも先輩たちの教育がいいのかな??・・・仕事においての不都合も聞くことができて大変よかったです。

今後彼らには、2007年の新人に、先輩として話してもらう機会があります。それぞれの個性と素質が一段と伸びることを期待します。本当にこれからが楽しみです!

| | コメント (2)

2007年2月14日 (水)

省エネ・オフィス

来月から着工する「スウェーデンハウス金沢事業部」の専用オフィスビルの最終設計打ち合わせを終えました。この建物の品質コンセプトは「省エネ・オフィス」です。当社が提案する住宅やマンションはすでに「省エネ」をポリシーにしています。これからそのことをオフィスや店舗へと広げていくために、まず自社ビルにおいて「性能計測」を実施していく予定です。

電力会社の発電容量は「真夏の一番暑い日中時間」の使用量で決められます。工場では機械が動き、事務所や店舗では冷房をどんどんかけています。反対に住宅やマンションはその時間はあまり電気を使いません。リスクの高い原子力発電所・・・二酸化炭素を大量放出する火力発電所・・・それらをこれ以上増やさなくても済むように、オフィスや店舗を「省エネ建築」にすることこそ、私たち建設メーカーの使命だと考えます。

以前にも書きましたが、スウェーデンやドイツでは、国を挙げて建築分野での「省エネ研究」がどんどんなされています。自動車分野では世界的技術を持った日本が、この分野に真剣に取り組んでいる話はあまり聞きません。構造不況や談合問題といった「自分たちが蒔いた種」のニュースばかりです。この業界にいる者として大変残念です。

当社は一地方のまだまだ小さな会社ですが、常に「高い理想」を持ち「大きな目標」に向かって、「地球を良くする企業」として頑張っていきたいと思います。

| | コメント (0)

中堅社員研修1班卒業

先週中堅社員研修1班の12名が無事卒業しました。6月の合宿研修、7月~12月のレポートと論文の提出、そして最後2月の卒業試験で終了しました。卒業式でのみんなのたくましい姿を拝聴し、「よし!いける!」・・・己に自信と勇気が湧いてきた次第です。

1回目からずっとみんなのレポートを観てきました。全員みるみるレベルが上っていきました。特に私の期待していた「洞察力」と「表現力」が目を見張りました。(5年前の私も、今のみんなのように力がついていったんだ)と自分が納得・・・(^^ゞ  日常の仕事を終えてから、机に向かって真剣に取り組んだ「思い出」は今も貴重です。

この春にいよいよ100名の企業になります。200名を超えるのに10年もかからないでしょう。今回の12名が名実ともに当社の幹部社員になってくれる日が近いです。

| | コメント (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »