« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月23日 (火)

電通・鬼十則

私は10年以上前から、実は世界一の広告会社の「電通」が日本を動かしているのではないか・・・と思うようになりました。中堅社員研修生のひとりが書いた「電通・鬼十則」の読書レポートを読んで、さっそく本を借りて読みました。有名な4代目社長の吉田秀雄氏が昭和26年に、当時の社員に向けて作ったものだそうです。今も電通にはその精神が脈々と受け継がれているそうですが、かの世界企業のGE(ゼネラルエレクトリック)社にもその英訳文が掲げられていることには驚きました。著者の植田正也氏は「この十則は、ビジネス社会に生きるプロたちの、原理原則を説いた教本である」と書いています。

著作権の問題があるかもしれませんが以下に書きます。

一、仕事は自ら「創る」べきで 与えられるべきでない
二、仕事とは 先手先手と「働き掛け」て行くことで 受身でやるものではない
三、「大きな仕事」と取り組め 小さな仕事は己を小さくする
四、「難しい仕事」を狙え そしてこれを成し遂げる所に進歩がある
五、取り組んだら「放すな」 殺されても放すな 目的完遂までは
六、周囲を「引き摺り回せ」 引き摺るのと引き摺られるのとでは 永い間に天地のひらきができる
七、「計画」を持て 長期の計画を持っていれば 忍耐と工夫とそして正しい努力と希望が生まれる
八、「自信」を持て 自信がないから君の仕事には迫力も粘りもそして厚みすらがない
九、頭は常に「全回転」 八方に気を配って一分の隙もあってはならぬ サービスとはそのようなものだ
十、「摩擦を怖れるな」 摩擦は進歩の母 積極の肥料だ でないと君は卑屈未練になる

とても具体的でわかりやすいです。また新入社員にも経営幹部にも当てはまります。どんな部署や職種にも通用します。56年を経た今でも新鮮です。もし若いときから知っていれば・・・と悔やまれますが、もう一度「初志」に帰り、一代奮起します!

| | コメント (3)

2007年1月21日 (日)

よく働き、よく遊び、よく学べ

金曜日の夜、当社の黒友会(社員の会)の新年会が、芦原温泉の「まつや千千」で開催されました。私も招待を受け、お気に入りの旅館なので楽しみにして行きました。全員参加とはいきませんでしたが、アパマンショップチームが幹事になって、宴会もゲームや会話で大賑わいでした。また2次会では、20代前半のメンバーたちの「行け行けカラオケ」が凄かったです。その後はいつもの通り、大浴場で静かにゆっくりさせていただきました。

若い人たちの日報では「新年会は十分楽しみました!」という声が多かったです。私は彼らに次のようなコメントを書きました。「よく働きよく遊び、もうひとつよく学ぼう」です。宴会を眺めていても元気な人は気持ちいいですね。彼らは仕事と遊び、両方ともよく頑張ります。仕事が中途半端だと遊びも中途半端になるような気がします。大いに騒ぐ・・・実に素晴らしいです。

そしてもうひとつの「よく学ぶ」です。これには新聞・読書・資格勉強・専門知識・研修などすべてです。仕事に束縛されない時間に「自分への投資」をすることも大事です。人間に平等に与えられた24時間・・・社員たちには、よく働き、よく遊び、よく学ぶ・・・メリハリのある大きな人生を生きてほしいと思います。

| | コメント (2)

2007年1月10日 (水)

織田信長

今年の正月は池宮彰一郎作の「本能寺」を読みました。日本史において、戦国と太平洋戦争が最も悲惨な時代といわれています。織田信長はその時代に生き「戦争のない国にする!」という信念で立ち向かった・・・各武将を次々に倒し、全国統一を目前に無念の最後を遂げた・・・ことは、あまりにも有名です。去年のあるテレビ番組で、歴史上人物・人気ナンバーワンだった「織田信長」、それに多少の疑問をもっていましたが、この本を読んで十分納得するところがありました。

歴史では、革命や統一における「戦い」だけがあまりにもフュイチャーされます。実は、それらには必ず「原因~人物登場~念い~戦争~処理~理想国家」という流れが存在します。この本では信長の「念いと理想」がしっかり書かれてありました。彼は広く世界から学び、ローマ帝国をしっかり勉強し、平和で自由な民主国家を創ろうと考えていました。まさに小泉首相が創ろうとしていた日本です。

安土城のまわりに作った「楽市・楽座」は、当時の大商人が持っていた既得権を廃し、自由競争を推進するものでした。また、自分の配下の武将には各地の所領は貸与という形にしてありました。現在でいうところの「国税」の準備だった訳です。おもしろいエピソードが載っていました。「信長は各地を飛び回り一ヶ所に留まることがなかった。ある屋敷に信長がたまたま立ち寄ったときに、そこを司る女衆が不在であった。そこで彼は憤り女衆を厳しく成敗した」・・・今でいうと「市民の税金を働かずして取るような役人は許せない」といった話です。信長はそこまで細かく口を出していた・・・相当多忙だったことでしょう。

信長が本能寺で倒れ、その後秀吉が全国統一を果たし、家康に引き継がれました。しかし信長が理想とした国家運営から考えると、日本は世界から後退していきました。もし信長の命がもっと十分にあったとしたら・・・もしかして当時の日本は早くから先進国の仲間入りをし、今では名実ともに世界のリーダーシップを執る国家になっていたかも知れません。

| | コメント (0)

2007年1月 9日 (火)

学卒の求人

本日「2008年卒業生」の求人に向けたスケジュールが決まりました。当社の「会社説明会」は2月から3月にかけて行います。金沢と福井で計7回の開催です。そして3月から1次面接が始まり、追って2次面接となっていきます。私は社長として「会社説明会」と「2次面接」を担当します。

企業の第一条件が「存続・発展」だとすると、企業において「若い人材の採用と教育」が最も大事!・・となります。さらに「学卒の求人」は当社の魅力や将来ビジョン、私の理念や情熱が学生さんに問われる場です。まさにトップとしての力量を試されます。昨年よりも内容を充実し、さらにパワーアップした求人活動を頑張っていきたいと思います。

| | コメント (0)

2007年1月 4日 (木)

エネルギー問題

私はお風呂に入るときいつもラジオを聴いています。NHKが多いのですが、正月番組で「世界のエネルギー問題」をしていました。2010年頃から世界で石油の争奪戦に入る・・・最大級の油田の一部が涸れる時期に来ている・・・中国が急激な輸入増大のためアフリカ諸国と提携を始めた・・・ロシアが天然ガスを含めて世界一のエネルギー大国に・・・などなどです。

イラク戦争の原因のひとつに中東のエネルギー問題がありました。太平洋戦争も石油不足で始まりました。石油価格が多少安定してきましたが、世界的な資材の高騰はこれからのような気がします。オイルショックは過去のものではなく、石油がずっと世界を支配しているのです。

この番組を聴きながら「私たちには何ができるだろうか?」と考えました。当社は第一級の「省エネ住宅」を生産しています。家の燃費が4分の1になることは、やはり素晴らしい社会貢献です。スウェーデンやドイツは、鉄筋コンクリート外断熱工法で「無暖房住宅」を建設しています。私たちもプロのビルダーとして、新築だけでなく改修においても、省エネ建築の普及に、ぜひ頑張りたいと思います。

| | コメント (0)

2007年1月 2日 (火)

謹賀新年

2007年!あけましておめでとうございます。昨年の春から始めたブログですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2006年はいろいろな意味で、とてもたくさんのことがあった年でした。正直に言いますと、毎年いろんなことが増える・・・といった方が正しいかもしれません!(^^ゞ ~さて、恒例の紅白歌合戦は白の勝利で終わりました。いつもこれを観て気に入った音楽を探します。前々回は「雪の華」、前回は「松健サンバ」、そして今回は絢香の「三日月」が気に入りました。自分で曲をつくるのも凄いですね!

さて、いよいよ2007年が始まりました。まず2月から5月にかけて、2008年卒業の求人が忙しくなります。そして3月末には14名の新入社員を迎えます。またその頃にスウェーデンハウス金沢店のオフィスビルを着工、6月の完成を予定してます。それから5月にはユーミーマンション事業・10周年記念式典を開催します。以上が前半の主なことです。

今年のNHK大河ドラマは「武田信玄」だそうです。高度な戦略と人材育成は戦国大名随一だったそうです。私も信玄を見習って、またこの一年を頑張りたいと思います。

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »