« オリジナルシステム | トップページ | 中堅社員研修・第二班スタート »

2006年11月29日 (水)

なんばグランド花月

11月26日の日曜日、かの有名な「なんばグランド花月」へ初めて行ってきました。劇場は思ってたより小さかったです。漫才と落語で約1時間~吉本新喜劇で約1時間・・・これだけ大笑いをしたのは何十年ぶりでしょうか?漫才が「中田カフス・ボタン」や「西川のりお・上方よしお」など4組、落語は「桂文珍」でした。新喜劇は「辻本茂男」ら総勢27名の大作?でした。

漫才や喜劇を生(なま)で観たのは生まれて初めてのことです。感想は「感動!」の一言です。席は2階の後ろの方、タレントの顔もあまりよく見えない・・・そのような状態でさえ、テレビで見る何十倍の味わいがありました。居間と劇場の空気(ムード)の違い、出演者と観客の一体感、そういったところでしょうか。最初から最後まで笑いっぱなしで、涙も相当出ました・・(^^ゞ

今回強く感じたことがふたつあります。ひとつはステージに立つ人の「心構え」です。観る人を惹き付ける話術と動作、間の取り方の絶妙なタイミング・・・さすがプロですね!そしてもうひとつは「笑い」の大切さです。まわりに気兼ねすることなく思いっきり笑うことが、これほど爽快なものか!・・・を知りました。これからの人生、できるだけたくさん「大笑い」したいと思います。

|

« オリジナルシステム | トップページ | 中堅社員研修・第二班スタート »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。