« セカンドハウス | トップページ | 後継者として・・・ »

2006年10月 5日 (木)

吉野家の牛丼

今日昼食に「吉野家の牛丼」を食べました。2年半ぶりです。特に意識してなかったのですが、たまたまそこに向かったら、なんと~!「牛丼あります!」という看板が出ているではありませんか?喜び勇んで中に入ると「5日間限定」の最終日だったのです。ラッキー!\(^o^)/ さっそく私の定番の「大盛り・味噌汁」を注文しました。

いよいよ期待の牛丼が出てきました。まずはお肉から口に入れました。一気に昔の記憶がよみがえりました。「これだ~!」私だけかもしれませんが、他のお店にはない、また他の牛肉メニューにもない、この牛丼だけが持つ独特の「風味」を感じました。うまく表現できませんが、牛乳の香りに似たものです。

牛丼が販売停止になった後も、私は変わらない吉野家ファンでした。新しくカレーや鮭いくら丼、そして豚丼、牛鍋定食、牛焼肉丼、焼肉定食・・・などが登場してきました。多分私は牛丼が復活したあとも、これらのメニューも注文していきます。吉野家さんにとってアメリカ牛肉輸入禁止は大変な状況だったでしょう。しかしそのことを乗り越えた今では、企業体質から商品開発まで、相当レベル、向上されたと思います。吉野家さんの今後が楽しみです。

|

« セカンドハウス | トップページ | 後継者として・・・ »

コメント

あなたは吉野屋のファンでもあったんだ。

投稿: misato | 2006年10月 5日 (木) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セカンドハウス | トップページ | 後継者として・・・ »