« 夏服 | トップページ | 中堅社員の教育 »

2006年5月 2日 (火)

歴史に学ぶ

来年は当社における歴史の1ページになるでしょう。当社が生まれ変わっての新たなスタート、ロケットでいうところの第2段噴射です。私自身、来年に大いに賭けています。

そのひとつが新卒社員の大幅採用です。約20名の新入社員を予定しています。もちろん創業60年の歴史の中で初めてのことです。かなり思い切った決断でした。ただし私の中には「人への投資」ほど「安全な投資」はない・・という考え方があります。

例えば土地や建物は動かすことや簡単に変えることができません。コンピューターや自動車はどんどん古くなっていきます。その点、人間は動くことや変わることが簡単であり、時間と共により輝きが出てくるものです。そして何よりも性能(時間・品質・範囲・思考・生甲斐)の限りない向上があります。

つまり人はどんどん進化します。世の中において人間のように進化してくれるものが他にあるでしょうか?私の尊敬する戦国武将の武田信玄の言葉・・「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、あだは敵なり」、難攻不落の大阪城も徳川家康の前に落ちました。武田信玄はそのことをよく知っていたんですね。実は武田家が滅亡した後、その家臣をすぐに登用したのが徳川家康だったんです。

本当に歴史はたくさんのことを教えてくれます。

|

« 夏服 | トップページ | 中堅社員の教育 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏服 | トップページ | 中堅社員の教育 »